福祉・介護・保健・医療系専門職のためのソーシャルコミュニティ ウェル

WIC REPORT

[介護] 病床面積4.3平方メートルの一般病床は6年以内の廃止を 日慢協

2018年11月8日 WIC REPORT
 日本慢性期医療協会の武久洋三会長は11月8日会見し、病床面積4.3平方メートルの一般病床の6年以内の廃止を提案した。 一般病床の病床面積は、第4次医療法改正(2001年3月施行)でそれまでの4.3平方メートル以上から6.4平方メートル以上に基準が引き上げられたが、既設病床については経過措置が認められ、現在まで続いている。 武久会長は経過措置が10年以上も容認されている現状に強い問題意識を示した。診療報酬の【地域包括ケア病棟入院料】は、病床面積4.3平方メートルの病棟も算定できるものの、報酬単価が高い入院料1・・・


記事の続き・資料は、WIC REPORTにてご覧ください。

  • ソーシャルブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録


前のニュース:[経営] 毎月勤労統計調査 2018年9月分結果速報 厚労省 2018年11月7日 (WIC REPORT)
次のニュース:[予定] 注目される来週の審議会スケジュール 11月12日~17日 2018年11月9日 (WIC REPORT)

<WIC REPORT(厚生行政資料速報サービス)>

 WIC REPORTは診療報酬改定や介護報酬改定、医療制度改革など、医療政策に関する審議会資料、通知、統計資料等の原文を厚生労働省や各種医療団体から入手し、解説付きで毎日(土日祝を除く)お届けする情報サービスです。

ニュース掲載を希望の方へ