特集

解説!介護給付費等のインターネット請求
介護給付費等の請求処理について、平成26年11月からインターネット回線を利用できる予定です。wel.ne.jpでは、インターネット回線を利用した請求処理の概要や利用方法等の情報記事を随時、掲載していきます。

第7回 代理人請求について

2013年8月22日
介護給付費等のインターネット請求について、障害者総合支援システムで実績のあるインターネット請求処理と同じ方針で検討が進められています。

障害者総合支援では、代理人が事業所に代わって請求を行うことを可能としており、介護保険インターネット請求においても代理人請求を行う方針となっています。
今回は、代理人請求に関する仕組みについて解説します。

障害者総合支援における代理人請求の仕組みについて



<主なポイント>
 ○事業所は請求事務を代理人に委託することが可能。
 ○代理人は代理人の申請を国保連合会に対して行う。
  (この際、電子証明書の申し込みも合わせて行う。)
 ○代理人は1枚の電子証明書で複数事業所の請求を行うことが可能。

複数事業所を持つ事業所が本社でまとめて請求を行いたい場合、代理人請求を行うことで、請求事務を効率的に行うことが可能です。
また、本来であれば事業所毎に電子証明書が必要となりますが、代理人請求を行う場合は、1枚の電子証明書で複数事業所の請求を行うことが出来るため、代理人請求は事業所にとってのメリットが大きい仕組みです。

なお、障害者総合支援では、委託事業所数に係らず、電子証明書の金額は定額でしたが、介護保険は事業所数が多いことも踏まえて、委託事業所数に応じて、電子証明書の金額が変更されることも考えられます。
介護保険のインターネット請求における電子証明書の最新情報が提示されたら、特集記事として掲載していきます。

  • ソーシャルブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録


解説!介護給付費等のインターネット請求 バックナンバー