75歳以上は被保険者

75歳以上は被保険者

  • 購読する
  • RSS1.0
  • ソーシャルブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録

 後期高齢者医療の被保険者とは、広域連合の区域内の住民のうち75歳以上の人です。また、65歳以上75歳未満の人でも、寝たきりなど一定以上の障害を有すると認定を受けた人も被保険者となります。
 ただし、生活保護世帯に属する人(*1)や、後期高齢者医療の適用除外とすべき特別の理由がある人は後期高齢者医療の被保険者とはなりません。(*1:その保護を停止されている世帯は除きます)

(被保険者)
第五十条
次の各号のいずれかに該当する者は、後期高齢者医療広域連合が行う後期高齢者医療の被保険者とする。
 一 後期高齢者医療広域連合の区域内に住所を有する七十五歳以上の者
 二 後期高齢者医療広域連合の区域内に住所を有する六十五歳以上七十五歳未満の者であつて、厚生労働省令で定めるところにより、政令で定める程度の障害の状態にある旨の当該後期高齢者医療広域連合の認定を受けたもの

(適用除外)
第五十一条
前条の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する者は、後期高齢者医療広域連合が行う後期高齢者医療の被保険者としない。
 一 生活保護法(昭和二十五年法律第百四十四号)による保護を受けている世帯
 (その保護を停止されている世帯を除く。)に属する者
 二 前号に掲げるもののほか、後期高齢者医療の適用除外とすべき特別の理由がある者で厚生労働省令で定めるもの

高齢者の医療の確保に関する法律(昭和五十七年法律第八十号)より引用