後期高齢者医療「長寿医療」(2)~広域連合の役割~

後期高齢者医療「長寿医療」(2)~広域連合の役割~

  • 購読する
  • RSS1.0
  • ソーシャルブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録

後期高齢者医療広域連合とは?

2007年10月15日

後期高齢者医療制度の運営主体は、都道府県や市町村ではなく「後期高齢者医療広域連合」です。後期高齢者医療の事務を処理するため、都道府県の区域ごとに当該区域内のすべての市町村が加入する広域連合を設けることが法律で定められています。

続きを読む

後期高齢者医療広域連合と市町村の事務分担(案)

2007年10月15日

後期高齢者医療制度では、各都道府県の後期高齢者医療広域連合と市町村が連携して事務を行います。市町村の事務については、規約により後期高齢者医療広域連合の事務とすることも可能です。詳しくは、各都道府県の後期高齢者医療広域連合又は市町村の窓口にお...

続きを読む

後期高齢者医療制度とITシステム

2007年10月15日

後期高齢者医療制度は、IT(情報技術)を前提とした制度です。事務運用はデータ量や効率化のために、ITシステムにより行われます。

続きを読む