鏡 諭 氏

  • 購読する
  • RSS1.0
  • ソーシャルブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録

地域包括支援センターの課題と対応~丸投げ委託と無気力直営~

2006年10月06日

地域包括支援センターの今日の混乱は、かつての在宅介護支援センターの混乱と等しい。「地域包括支援センターは、介護予防のマネジメントに引きずられ、あたかも介護予防センター化している。」「本来の行うべき相談支援に対応できない」が多くの声である。こ...

続きを読む

介護予防と自治体の課題

2006年06月18日

平成17年6月の介護保険法改正によって、新介護予防給付が制度化された。それは、平成17年度約7兆円となった介護給付の縮減により、制度の持続可能性を目指したものでもある。

続きを読む

介護保険制度改正と地域包括支援センター

2005年11月10日

今回の介護保険制度の改正は、これまで真面目に頑張ってきた自治体にとって非常に厳しいものになっている。全国の自治体では、今まさに18年度の予算編成の最中で、苦渋の選択を進めている。

続きを読む

介護予防給付の創設と課題について

2005年04月05日

介護保険制度がスタートして、平成12年に218万人であった要介護認定者が、平成15年4月には348万人となった。これは、介護を必要としている人が安心して暮らすためのセーフティネットとして介護保険制度が定着してきたことを意味している。

続きを読む

介護保険見直しの課題~2005年介護保険法改正に向けて~

2004年07月22日

平成16年(2004年)5月現在で、介護保険を運営する2750の市町村・広域連合のうち170団体が実質的に赤字となった。これは、介護保険制度創設時の平成12年(2000年)の78団体の2倍強となっている。介護保険の財政は平成12年度(200...

続きを読む