ソーシャルワーク・社会福祉士

ソーシャルワーカーとしての社会福祉士育成とソーシャルワークが展開できる社会システムづくりを語る掲示板

新しい記事を投稿する 記事検索

新人MSWの自己啓発方法

  • ひなまろ
  • 2018年10月2日(火) 20:43

私は4月から急性期病院に中途採用された医療ソーシャルワーカーです。前職は施設ケアマネジャーでした。
4月から教育係の先輩に同行し、現場の流れを覚えながら社会保障制度や病気の理解など自主学習しつつ学んでいますが、未熟です。
半年もたてば他病院の新人でも十数人のケースを抱えながら必死に現場についているなか私はまだ先輩について学んでいます。
急な外来相談は同席した先輩に緊張して頭が回らなくなる、社会保障もスラスラ頭に入らない、電話対応も浅い聞き取りで終わり再々確認が必要など、習熟度が未熟なままです。
退院支援は徐々に数ケースを持って対応していますが、外来なども早く安心してまかせられるレベルになるようにしたいです。今までも家で面談の練習や社会保障制度も確認したりしましたが、座学ばかりで実践に身についていない現状があります。ぜひみなさんが新人MSWの時にしていた自己啓発の方法を教えて下さい。

ソーシャルワーカーが夢です!

  • ちほ
  • 2018年8月19日(日) 18:32
  • 削除する

初めまして

小学校6年生の女子です

ソーシャルワーカーになろうと思ったきっかけは、いじめや虐待ニュースを見てどうして防げなっかったんだろう?と思ったからです!

筆問です!
虐待やいじめの対応の他に高齢者や障害などを抱えた人達を支援するしごともあると思います!

具体的にどのようなことをやるんですか?

  • [1]
  • とおりすがり
  • 2018年8月20日(月) 16:21
  • 削除する

いじめや虐待がなくなるといいですね。

ソーシャルワーカーは、なんでその人が困っているのか考えて、周りの人との関係をよくしたり、新しく支援できる人を紹介したり、その人の生活している環境を見直したり変えることで、困りごとが解決できるように支援します。

カウンセラーは困っている人の心の内面の相談に乗り、その人の心が元気になり困りごとを感じなくなったり、自分で困りごとを解決できる力をもてるように支援します。

学校にスクールソーシャルワーカーやスクールカウンセラーの先生がいたらくわしく話をきいてみましょう。

夢をもってがんばってください。

家族との面談で第三者の同席について

  • はち
  • 2018年8月14日(火) 21:13
  • 削除する

 私は維持期の病院(一般病棟50床 療養病棟41床)でMSWをしています。
 昨年の8月に入職してやっと1年が経ちます。私が入職するまではMSWはおらず、退院が間近な患者さんのご家族と次の療養先を
相談し紹介をするのは地域連携室の室長がやっていました。
 室長といっても、他院や施設に行き患者さんを紹介してもらるように、また、退院する当院の患者さんの受け入れをしてもらえるように、それ以外にも病院全般の営業でほとんど院内にはいません。そのため、ご家族とはその時に初めてお会いするだけで、情報は前もって病棟の看護師長から聞くだけです。(患者さんとは一度も面談しません)
 私は、MSWの仕事は入院から退院までの一連の支援をするものと思っています。
 私は、患者さんやご家族の思いを入院中や入院前の面談で聞いてるのですが、今でも最後の療養先を紹介する業務は室長がやっているのが納得できず、室長に療養先の紹介までやらせて欲しいと話をしました。すると室長は「それでも良いけど、口出しは一切しないので、自分が同席する」と言うのです。理由は、自分が営業をしてきて、他院や施設との信頼関係を作ってきたから(室長は元銀行員で、入職して3年目で、福祉系の資格は持っていません)家族面談の内容や何処を紹介したのか、流れを知っておきたいと言うのです。私は、後から報告をしても問題はないと思っています。
 私は、第三者がいることで、ご家族の本音が言い出せない事もあると思うのです。(すべてがそうだとは言いませんが)
 室長には「ご家族が本音で話せない事もあるので、同席はして頂かなくて結構です」と伝えましたが、納得はしていないようです。
 これは、私の我儘なのでしょうか?
色々な意見があるかと思いますが、皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

  • [1]
  • ぐっち
  • 2018年8月15日(水) 14:50
  • 削除する

室長は畑違いでも今までやってきた自負があるでしょうから、療養先の紹介は自身の仕事と認識しているのでしょう。また、一般的に営業した取引先はナワバリですから取引するなら担当者を通せという室長の考えも理解できます。
でもあまりにも営業先についてこだわるようなら、裏で何かもらっているんじゃないかと邪推しますが。

ただ、療養先をあなたから紹介したいと話をし、同席するという条件付きながらも了承しました。あなたが室長に対する不満があるように室長もあなたの紹介について心配があるのでしょう。一応上司ですよね?責任者たる室長を患者が嫌がる理由はないのでは?

いずれにしても連携が取れていない地域連携室で相談する患者は気の毒ですね。

  • [2]
  • はち
  • 2018年8月15日(水) 16:09
  • 削除する

ぐっちさんコメントありがとうございます。
 確かに、連携の出来ていない連携室で相談をする家族さんは気の毒ですね。 
 室長は、私が心配というよりも自分がすべて知っていないと気が済まないのです。また、私も裏で金銭でも動いているのではないかと思っています。
 横にいて欲しくないという理由は、上記以外に、自分の仕事を見られているかと思うと、威圧感やプレッシャーを感じてしまうのです。
こちらの理由のほうが強いと思います。
 今後は、院長と室長と私で話し合いをする予定なのですが、院長は室長の事を信頼しているので、どうなるか気が気ではなく、相談のコメントではなく愚痴になってしまいました。

  • [3]
  • Q
  • 2018年8月16日(木) 9:16
  • 削除する

自分の仕事を見られてこそ成長できるものですよ。

他者から指導を受けることも大切ですし、
自分自身で自分の業務を客観的に見ることも大切です。

指導も受けたことがない経験一年程度のMSWが患者の相談にのっている・・・そちらも心配ですね。

誰にでも胸を張って見せられる業務をしてください。

  • [4]
  • Q
  • 2018年8月16日(木) 9:49
  • 削除する

追記。

標題に『第三者』って書かれてますけど、室長を第三者と勘違いされているようですね。

関係性としては、『患者(と患者の家族)』と『病院を運営する法人』です。
あなたが個人でMSWの業務をしているわけじゃないんですよ。
室長も法人の所属であり、療養先の紹介を担う関係者です。
しかも上司であり、あなたの仕事を把握することに何の問題もありません。

>これは、私の我儘なのでしょうか?

自身で何となくお気づきの通りだと思います。
院長、室長との話し合いの前に少し自分の考えを改められたほうがよいかと思います。

公認心理師の実務経験証明について

  • テキーラサンライズ
  • 2018年8月9日(木) 23:15
  • 削除する

当方、福祉事務所の管理職ですが、公認心理師Gルートでの受験資格の場合、実務経験5年+現任者講習会ということになっています。実務経験の証明を行う場合に、法第二条において、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行うことを業とする者をいう。
 一 心理に関する支援を要する者の心理状態を観察し、その結果を分析すること。
 二 心理に関する支援を要する者に対し、その心理に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うこと。
 三 心理に関する支援を要する者の関係者に対し、その相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うこと。
と、なっております。
当職場(福祉事務所)の現業員、たとえば、生活保護ケースワーカーの場合や障害者相談支援担当者に公認心理師の資格を取りたいと希望する者がいるのですが、実務経験証明する場合にいささか戸惑っています。
彼らは心理職ではないので、心理判定や心理検査は行うことはないですが、心理に関する支援を要するケースの方の心理状態の観察や、相談に応じて助言などを行ったり、関係者に対しても指導、援助などを行っていますし、障害者相談支援担当においても同様です。このような場合でも実務経験証明を行うことは差し支えないのでしょうか。イメージとしては心理職の現任者のための特例措置というイメージなので、実務経験の証明は難しいかなと思うのですが、、、、。

  • [1]
  • マルガリータ
  • 2018年8月10日(金) 2:11
  • 削除する

実務経験の証明は勤務しているのですから作成できると思います。
受験資格に相当するかは、申し込んでみれば良いんじゃないでしょうか?
ダメだったら当人も納得するでしょう。

公認心理師法施行規則や受験関連の書類を探したりするじかんやどっちかどうか悩む時間も勿体無いですし・・・

  • [2]
  • テキーラサンライズ
  • 2018年8月10日(金) 22:42
  • 削除する

さっそくのご回答ありがとうございます。実務経験証明書の様式を見たのですが、所属長の証明の欄には法第2条の一から三に該当する業務に従事していることを証明するという記載になっておりまして、このような証明の場合はその法2条の一から三の業務内容の定義づけをきちんと解釈しないとなかなか証明しずらいような気がしております。彼らが日々やっている業務の内容が前述のとおり、心理判定や心理検査は行うことはないですが、心理に関する支援を要するケースの方の心理状態の観察や、相談に応じて助言などを行ったり、関係者に対しても指導、援助などを行っていると解釈できるその解釈基準のようなものが(考え方が)示されていればよいのですが・・・。

  • [3]
  • マルガリータ
  • 2018年8月11日(土) 14:16
  • 削除する

業務内容の定義をお求めなら、実務経験証明書の提出先に確認するのが確実と思います。

心理職ではないが、法の定める業務に従事しているとご自身も認識されているのでそれで十分では?そもそも現任者について職種は限定されていないし、業務内容として心理判定や心理検査は求められていないですよね?

個人的には「心理に関する支援を要する者」は誰がどのように判断するかとか、その程度の下限がどこまでとかが気になりますけどね。

  • [4]
  • テキーラサンライズ
  • 2018年8月12日(日) 20:29
  • 削除する

ご返事ありがとうございます。定義の確認については、一般財団法人 日本心理研修センターに確認したらよいのでしょうか。
当方が気にしているのは、定義について、例えば、
1 精神的に悩みを持っていたり、精神科に受診している人の気持ちや悩みを聞いてあげたり、福祉的な相談に載ってアドバイスしてあげたりするかかわり方をしているということが、心理に関する支援を要する者に対し、その心理に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行っているということに解釈できるのか。

2 精神疾患の方の感情や状態を観察し、現状について判断することが、心理に関する支援を要する者の心理状態を観察し、その結果を分析することに解釈できるのか。

3 1や2について、関係機関の相談員などに助言をしたライ、その相談員からの相談にのったりすることが、心理に関する支援を要する者の関係者に対し、その相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うということに解釈できるのか。

ということが気になっております。あまり厳密に考えなくても上記1,2,3のことについて所属長が法2条における内容を業務としてやっていると判断すれば実務経験として証明してもよいのということになるのでしょうか。ただ、もしもそうであるならば、所属機関の長の解釈次第で、判断にばらつきが出てくると思うのですが(同じ業務内容を行っている者が、ある機関では、認められるのに別の機関では認められないというような)、証明についてはアバウトな感じで考えれば良いのでしょうか。それとも当方の考えすぎでしょうか。

  • [5]
  • マルガリータ
  • 2018年8月14日(火) 15:04
  • 削除する

実務経験証明書の提出先が日本心理研修センターであれば、そこで良いと思います。

気にされている定義についてですが、精神疾患や精神科の受診等の客観的な判断まで求めていないように感じます。そのようなものが必要なら法等に明記されるはずですから。
相談等に関しても「その他の援助」とありますので、現在行っている業務は該当するでしょう。本法の定める施設であれば、当然行っているので定めているのでしょうから。

あいまいで広範囲なのでご心配の通りバラツキは発生することになるでしょうが、それを整え一定の水準にするために現任者講習会を行うのでしょう。逆にそのような定義に漏れるような職員(受験者)がどこかにいたとしも最終的に試験によってその人が公認心理師としてふさわしいか否かが決まるのです。対象外の人が合格したらその責任はどこに?不明瞭な条件にした行政ですよね?

色々な資格や職種がありますが、最初は間口を広くしてある程度の人数を確保し、様子をみて受験資格を厳しくする等して絞っていくのでしょうから、今の段階ではそんなに心配する必要はないし、考えすぎだと思います。
所属長が対象でないと言い張っても受験者が納得させないといけないし、その程度の説明くらいできないとそれこそ受験資格があるのかと・・・

  • [6]
  • テキーラサンライズ
  • 2018年8月16日(木) 22:18
  • 削除する

丁寧なご返信ありがとうございました。
日本心理研修センターに確認してみました。その返答は、「法で定める実務経験を有する現任者であることは、法に定められた施設の証明権限者が証明することとなります。法に定められた施設は法に定められた心理業務に該当する現任者にあたるかどうかを判断することになります。」というものでして、当方としては、その心理業務の内容、判断の考え方を確認したかったので、なんだかピントのずれた回答で、よくわかりませんでした。

当方思うには、現任者というのは、いわゆる心理職の業務のイメージでして、福祉職の業務のイメージではないような気がしているのですが、例えば、法2条の1号「心理に関する支援を要する者の心理状態を観察し、その結果を分析すること。」ということであれば、端的に心理判定のことを意味しているのではないかと思ったりするのですが、かならずしもそうでない解釈もできるものでしょうか。

マルガリータさんのおっしゃるように考えすぎなのでしょうか。 証明をしたくないという意味ではないのですが、証明をする以上、きちんとした判断基準、考え方が示されてほしいところですが。。。

社会福祉士取得について

  • ca
  • 2018年7月21日(土) 17:35
  • 削除する

はじめまして。
私は高卒、20代中盤、現在妊娠中。
介護職を1年半勤めていましたが現在退職中です。
今年結婚した旦那は20代後半、介護職(児童指導員)です。

現在、10月入学で4年通信の大学に通いながら
パートで高齢者の介護の現場を学び、
社会福祉士を目指そうと思っているのですが、
どう思いますでしょうか。


長くなってしまいますので分割いたします。

  • [1]
  • ca
  • 2018年7月21日(土) 17:39
  • 削除する

なぜ社会福祉士を取ろうと思ったのか。

・一番はお腹の子の、
将来にかかる支出を見込んだためです。

旦那は児童指導員の仕事が大好きなのですが、
いい人過ぎて使われやすかったり、体が少し弱かったりするため、また、介護の現場という特性上、
旦那の収入はおそらく将来にわたり横ばいだと思います。
(ただ、何とかしようと保育士を取ることを勧めています)

このままお互い福祉の現場にいるようだと自分の子供を大学まで行かせてあげることができないと思い、
何とかして5年後、10年後には私の年収だけでも上がらないかと思い、資格を取ることを考えています。

(社会福祉士をとってもすぐには社会福祉士として採用していただけないことは承知の上です。ですが、機があればすかさず年収アップできるように考えています。)

  • [2]
  • ca
  • 2018年7月21日(土) 17:41
  • 削除する

・私が発達障害を持っており、現場で長く働くことが困難だと考えたためです。
福祉の現場は大好きなのですが、健常者よりかなり疲れやすく自分の体をうまく動かすことができない場面が多々あります。事務的な作業や相談員としての職務については、介護職員実務者研修の時にお世話になった先生から「現場よりケアマネージャーのほうが向いている」と言っていただけたことがあるため、まだ現場よりは向いているのではないか、と考えています。
また、発達障害の特性上、文字をつかった勉強は人より得意なほうです。

・将来旦那と事業所を立ち上げる際にいいかな、と思ったため。


節約は少し得意な方なので、通信大学の費用は貯めきっており、
現在は大学費用をすべて差し引いても貯蓄100は確保できている状態です。

それでも金銭的なリスクとリターンを考えてしまい、
社会福祉士を取ろうか悩んでいる状態です。
大学や旦那の職場などには相談してはいるのですが、
ひよっこの私たちより余程福祉の現場を知っていらっしゃる皆様に質問したかったので投稿させていただきました。
皆様の意見をお聞かせいただければ幸いです。

  • [3]
  • ほしのこ
  • 2018年7月24日(火) 17:07
  • 削除する

ケアマネジャーを目指すのなら、社会福祉士ではなく、介護福祉士ですよ。

  • [4]
  • ガラピコ
  • 2018年7月25日(水) 8:25
  • 削除する

相談職なら、自営しやすいと思いますよ。
施設を作らなくても事務所(自宅でも)さえあれば仕事ができますし。
ただし、ネットワークがなければ仕事は来ないだろうし、仕事が忙しくなってもさして収入は見込めないでしょうね。

>ケアマネジャーを目指すのなら、社会福祉士ではなく、介護福祉士ですよ。

ケアワーカーこぞって相談職を目指すのはおかしな話です。
受験資格の変化を見ても、ケアワーカーがケアマネジャーを目指すのは否定されつつありますよ。
介護職あがりのケアマネジャーの質の悪さが目立ちすぎますから。もちろんできる人もいるんですけどね。

全国的にケアマネの人数が飽和状態になれば、介護福祉士の受験資格もなくなると思ってます。なくすべきでしょうし。
ちなみに、ケアマネ試験の合格率を下げているのは介護系の受験者です。難しい試験でもないのに・・・

医師は専門医、看護師は認定看護師と専門性を高めていくのに、なぜ介護職は介護の専門家を目指さないのか、ケアマネを次のステップに考えているのは変な話ですよね。
結局は介護は看護の必要がない人のケアの下請け的存在だと感じて、自分の仕事にポリシーがない人が多いんでしょうね。

相談職を目指すなら、相談援助の勉強をされるのが筋でしょう。
社会福祉士を取得してもすぐ独立して相談業務ができるわけでもないし、相談のポストにつけず、介護で下積み?はあるかもしれませんが、それはそれでいい経験になります。
資格取得に向け頑張ってください。