医療・福祉連携

超高齢社会における地域医療福祉連携を語る掲示板。MSW、PSW、看護職、それに医師の方もどうぞ!

新しい記事を投稿する 記事検索

他科受診の時の診療報酬明細書

  • ゆきみもち
  • 2017年12月8日(金) 13:42

介護老人保健施設で介護事務員をしております。

施設に入所してる方がやむを得ない理由により、他の病院で診察を受ける事がありその時の診療報酬明細書を毎月末に請求書の明細書として(納品書やレシート等と同じ扱いです)請求書と一緒に送付していただいていいるのですが、病院によっては傷病名の記載がなかったりします。
この場合、傷病名を記載し送付し直してもらうのかこちらでうちの施設の看護に確認し自分で書いていいのか悩んでいます。

元々、自分が医療事務の専門学校に通っていて資格も取得しましたが学校では介護・福祉に携わった場合の診療報酬明細書のことまでは学びません。なので、傷病名の記載がないと請求書として払う義務がないことは知っているのですがそれが介護施設の場合でも適用されることなのかが分かりません。

前に一度、傷病名の記載が無かった為に電話で確認し訂正してほしいとお願いしたところ拒否られてしまい払う義務がなくなってしまうがそれでもいいのかと聞くと「看護師に聞いて自分で書けばいいじゃない」と怒られてしました。
明細書だとしても一応病院が記載した公的な文書として考えている為、こちらが勝手に記入するのはどうかと思ったのですが、自分が入社してまだ半年と未熟なためよく分かりません。

私が入社する前までは、医療事務の知識を持つ者がいなかったためにそのまま経理が処理していて、国保連や市役所から訂正しろと連絡や介護給付の返戻があり次第対応していたそうです。
しかし、医療関係は無知なために言われた通りに直すだけだったためになにが理由で返戻や連絡がきたのかなどは覚えていないと言われました。
私は資格も持っている為、どうにかして返戻や連絡がこないようにしろと言われまして・・・

説明不足とは思いますが、このような場合どうしているのか教えてください。

訪問看護の対象患者

  • もり
  • 2017年12月2日(土) 11:56
  • 削除する

こんにちは。病院に勤務している者です。
医療での訪問看護を行うにあたって疑問があります。
医療での訪問看護は訪問診療を行っている患者しか対象ではないのでしょうか。
例えば、慢性心不全急性増悪の入院患者が退院するにあたって、一時的に週4日以上の頻回の訪問看護が必要であると医師が認めた場合は対象にならないのでしょうか。
退院後は外来通院する患者です。

すみませんが、どなたか教えてください。
よろしくお願いいたします。

  • [1]
  • ポイント
  • 2017年12月2日(土) 14:51
  • 削除する

病院にお勤めということですので、必ず「医科点数表の解釈」といういわゆる“青本”と呼ばれているものが請求事務をされているところに置いてあると思いますので、一度ご覧ください。

もしくは「在宅患者訪問看護・指導料」で検索すれば必ずヒットしますのでネットで確認してください。

結論から言うと、在宅患者連携指導加算の項には「訪問診療を実施している保険医療機関」という記載がありますが、加算ではない本体の方にはその記載がありません。

  • [2]
  • もり
  • 2017年12月4日(月) 15:18
  • 削除する

ポイント様
青本はあるのですが解釈が難しくて・・・
在宅患者訪問看護・指導料の本体には記載されていない、在宅患者連携指導加算には記載されている。
ということは加算の対象者は訪問診療を行っている患者ということで、訪問看護本体は訪問診療の有無は関係ないということですね。
助かりました。ありがとうございました。

  • [3]
  • 蛇足ですが
  • 2017年12月13日(水) 16:57
  • 削除する

65歳以上の方であれば、介護保険対象の疾患になりますので、医療保険で行くのであれば、特別指示書での訪問看護ということになります。

  • [4]
  • ポイント
  • 2017年12月13日(水) 23:24
  • 削除する


残念ながら、それは厳密には誤りです。

65歳以上は確かに介護保険の第1号被保険者ではありますが、元気でぴんぴんしている方の方が多いのでは?

訪問看護が介護保険適用になるのは、あくまでも「要介護認定を受けている方」に限定されます。

もっとも、65歳以上で訪問看護を利用しなければならない心身の状態である方は、要介護認定を受けているケースが多いとは思いますが。

あと、スレ主さんは、要介護高齢者には限定して質問されていませんよね。

みなし訪問看護について

  • 初心者
  • 2017年11月23日(木) 12:11
  • 削除する

はじめまして、初めて投稿します。

来年度にみなし訪問看護を開始予定となっているのですが、みなさまのお力を貸していただけないでしょうか。

医療機関の医師に基づいて適切な訪問看護をと記されています。当方は同法人のクリニックが2件あり、Aクリニック(理事長)・Bクリニック(医院長)の2人が別々の場所で運営してます。
みなし訪問看護をしようとしているのはBクリニックからです。この場合Aクリニックの医師からの指示で訪問看護ができるのでしょうか?
各クリニックの医師からの指示でしか動けないのでしょうか?(考えれば、当たり前のことかもしれませんが・・・)
特別な関係ということで、もしかしたら診療情報提供書なく各主治医の指示で訪問看護ができたりしないでしょうか?

Aクリニックの医師を信頼しているのですが、自宅はBクリニックが近いのです。無理な場合は、訪問看護ステーションへの依頼を考えています。

  • [1]
  • ポイント
  • 2017年11月24日(金) 9:13
  • 削除する

みなしということは、介護保険ですね?

算定基準の解釈通知に詳しく書かれていますが、他医療機関なら同一法人であっても診療情報提供書が必要です。

  • [2]
  • 初心者
  • 2017年11月24日(金) 16:34
  • 削除する

ポイント様 
ありがとうございます。
あと、2~3問質問してもよいでしょうか・・・

>みなしということは、介護保険ですね?
(1)質問⇒16特定疾患の患者さまにはみなし訪問看護はできないのでしょうか?

>他医療機関なら同一法人であっても診療情報提供書が必要です。
 わかりました。
(2)質問⇒質問みなし訪問看護のある医療機関のDrが主治医となり、訪問診療など行うということでいいのでしょうか?

(3)質問⇒要支援等の利用者様で薬の管理ができないということで訪問看護を利用しようとする場合。
なんとか、声かけや家族の付き添いがあれば通院できそうな利用者さまでも訪問看護の利用は可能なのでしょうか?必ず、訪問診療者が対象となるのでしょうか?

  • [3]
  • ポイント
  • 2017年11月25日(土) 10:28
  • 削除する

もう少し、算定基準とその解釈通知を勉強された方がいいと思います。でないと報酬請求できないですよ。

>(1)質問⇒16特定疾患の患者さまにはみなし訪問看護はできないのでしょうか?
 むしろなぜ?できないとお考えなのですか?

(2)(3)とも医療保険での訪問看護も同じです。
みなしとは、指定申請しなくても保険医療機関であれば介護保険法でも指定があったと”みなされる”ことからそう呼ばれているだけで、少なくとも訪問看護の内容はステーションによるものと同じです。
そこに医師がいるからステーションのように指示書が不要で、他の医療機関から診療情報を得て、当該医療機関の看護師に指示する流れです。

一般名処方薬剤名の入れ替えについて

  • hokichika
  • 2017年9月18日(月) 15:42
  • 削除する

はじめまして、教えてください。
一般名処方リストが厚労省から出ています。自院の採用薬(オーダリング)をメンテナンス指定です。
オーダリング業者から採用薬リスト(データ)でもらっています。
目で見て確認していくには途方もない量です。システム的に処理できるソフト等ご存知の方がいましたら教えてください。
また、アスクセス等で割り出せす仕組みを作られた方がいらっしゃいましたら、もらうことはできますか?
当方、医療機関事務を始めて間もないものですが、お金をかけることができず(貧乏、いやケチ病院)、色々と探しいますが見つかりません。
情報だけでも結構です、教えてください。よろしくお願いいたします。

医療区分について

  • まよたこ
  • 2017年9月12日(火) 12:09
  • 削除する

医療区分18「感染症の治療の必要性から隔離室での管理を実施している状態」とあります。
例えば、個室で管理している。しかし、抗生剤の点滴をしていなくて投薬も無し、生化学検査、微生物検査のみでの管理をしている場合は区分は取れないのでしょうか?