2015年3月2日、運営元が特定非営利活動法人ウェルへ移管されました。
[ご挨拶 ~ NPO法人ウェルへの運営移管にあたって ~ ]

医療・福祉連携

超高齢社会における地域医療福祉連携を語る掲示板。MSW、PSW、看護職、それに医師の方もどうぞ!

新しい記事を投稿する 記事検索

 医療デイケア通所で、施設から来ている利用者様が、体調不良で通所を休む際、その時の体の状態やかかりつけの先生に見てもらう予定など聞ける範囲で聞いて情報共有しています。しかし、最近「通所をさせる」を前提に強引気味で、例えば発熱が続いて休むと連絡が来た際、一先ず様子をみて経過により受診予定となった際、まず受診させた方がいいのではないか(その訳は、先生の判断で通所OKなら、通所させるべき、本当に休ませるほどなのか?)と言う背景があり、休む一つの連絡で、こちらに判断する権利がある勢いで話し、単なるデイ職員の立場で?疑問を感つつ上の指示に従っている状況。「上の意見(指示に近い)」に対し、自分なりの見解を伝え検討願うも跳ね除けられ。施設にもある程度の身体的状態からアセスメントできる職種(例えば看護師)がいて、そのスタッフの判断としても、当デイケアの上層の職員(管理者等)が「判断が甘い、本来なら受診させて先生の意見を聞くべき」と、そこまではいいにしても、それが「通所させてもいいのかの判断」もセットになるから伺いをたてる…という感じです。生活の場、心身の状態をみて方向性を決めていく施設があるのに、たまたま当デイケアを利用しているというだけで、なんだかしゃしゃり出るみたいに思えて、施設側にどう説明してよいか分からなくなります。当デイケアはある専門科の診療所も併設していますが、医師は専門外の症状については専門科へ受診するようにと言う考え方です。身体的な所は専門外になるので当院でも医師に指示で何か処置など出来る環境でもありません。なので余計に体調不良で休む判断をした施設側の考えに、何か指摘する事が疑問で仕方ない場面が多いです。何か強引に感じ苦しくなる時もあり。
長文で読みにくい内容で申し訳ないですが、何か似たような境遇で工夫したり、考え方など助言いただける方いましたら有難いです。

医療、福祉

  • 大藪
  • 2021年9月29日(水) 11:51
  • 削除する

自治体では医療福祉の連携はどうしているんですか_

はじめまして。
27歳・女性
投稿させていただきます。
宜しくお願い致します。

以前障がい者入所施設で勤務しており、現在は障がい者のグループホームを開業しようと物件を探したり収支を作成してみたりと少しずつ動いている段階です。

区分2・2・2・3・4の5人定員のグループホームで
売上は基本給付費と夜間支援加算・地域単価
経費は光熱費・通信料・人件費・社保・返済などと予想計画を立てて収支表を作っていましたがあまりにも利益がなく、やはり福祉の業界は給与も低く経営側利益も残らないものかと痛感しました。
経営は甘くないことは重々承知しておりますが、1棟が満室になったら2棟目もすぐ増やしたいとも考えております。

私は昔から、福祉の事業をやりたい!とずーっと夢見ており、最初は高齢者のデイサービス、いづれ老人ホーム開業を夢見ていましたが、介護経験は障がい者入所施設(ほとんど高齢だったので)と家にいる祖母2人のお世話のみで実際のデイサービスの現場の雰囲気は正直わからず経験ある障害福祉に考えを移行しグループホームになりました。
正直、できるのであれはグループホームではなくデイサービスをやりたいのが一番です。(お年寄り好きで祖母二人のお世話も近くで出来るため)
まだ始めだした段階でもありませんが、10人規模のお泊りもできるデイサービスと5人定員のグループホームを2.3棟やるのだと、どちらの方が収支がありますでしょうか。
ド派手な生活をしたいわけではなく、両分野の施設をやりたくて会社を大きくしたいです。

まとまらない文章、また甘い考えで気分を害した方がいらっしゃいましたら申し訳ございません。

経営や経理に携わっている方いらっしゃいましたらお話お聞かせください。
宜しくお願い致します。

  • [1]
  • ちゃこ
  • 2021年9月30日(木) 8:21
  • 削除する

今は多角経営じゃないと、やっていけないんじゃないかな。
高齢者分野しか知りませんが、有料老人ホームの入居者が系列のデイを利用するというような利用者の囲い込みは単独デイではかなり難しいです。

  • [2]
  • mn87
  • 2021年10月14日(木) 15:56
  • 削除する

ちゃこ様
お返事ありがとうございます。
そうですよね。
まだまだ足も踏み入れていない段階ですが、人をお世話する事業は単体ではとても厳しくボランティア精神がないと続けていくのは大変なのかと感じました。
それでもやりたいと思う自分がなんなのかと自分で自分に問いかけたいですが、返答もできません。
貴重なご意見をありがとうございました。

来月から、うちのグループホームのサービス管理責任者が不在となり、後任も決まっておりません。
3か月目から減算なので、12月から減算はわかりますが、
10月の入居者を受け入れる事はできるのでしょうか。
受け入れても、国保連の請求はできなくなりますか。
どなたか、教えて下さい。

  • [1]
  • カニ
  • 2021年9月17日(金) 10:53
  • 削除する

サビ管がいない=個別支援計画を作成できない、ということで、個別支援計画がなければサービスは提供できないので、新規の受入れはできません。

と、私の自治体ではそういうことになっています。
原則としてはこの通りだと思いますが、自治体によるところもあると思いますので、変更届を提出するついでに確認してみたらいかがでしょうか。

療養病院の退院について

  • みつ
  • 2021年6月18日(金) 9:11
  • 削除する

現在父が難病指定の病気で療養型病院に入院しています。元々は急性期の一般病院に入院してましたが、転院して現在の療養型病院に入院して現在約3ヶ月になります。神経系の難病で現在は完全寝たきり、手足を動かすのも介助がないと動かせません。
先日、入院先の療養病院から退院の打診がありました。その病院は老人ホームも運営しており、そちらへの転院?を勧められています。
しかし、その老人ホームはそこそこ高級な施設で月30万弱かかるのでとてもじゃ無いけどそこには入れません。
(現在の病院支払いは月3万〜4万です)
そもそも療養型病院とは看取りまでの長期入院が可能な病院だと思いますが、このまま入院をさせてもらう事は不可能なのでしょうか?病院が退院してくれと言われたら退院しないといけないのでしょうか??勿論その場合は次の転院先を見つけてもらいますが、転院先もホームではなく病院を希望してるので、それなら退院の意味がないのでは?とも思います。あまり病院を変わるのも本人も家族も大変だし出来ればずっと今の病院に入院していたいです。
退院の件は今は電話で少し話をした程度で今度きちんと話をする予定になってるのでどんな感じで言われるのか不安です。

  • [1]
  • ポイント
  • 2021年6月18日(金) 12:07
  • 削除する

病院側の考えがよくわかりませんが、医療療養型か?あるいは要介護認定を受けて入院する介護療養型医療施設なのでしょうか?
現在経過措置で存続できますが、国は介護療養型医療施設を廃止の方向なので、ここに入院しているなら何年も看取りまで入院し続けることは不可能かと思います。
これに代わるものとして、新たに「介護医療院」という介護保険施設を創設しています。

また、指定難病とのことで一部負担金に対して公費が適用されているため、恐らく入居費・食費の自己負担分だけなので3~4万円なのでしょう。

これが病院以外なら適用されないので自己負担金が高くなるのは当然です。

ですので、解決方法としては指定難病の公費が適用される介護医療院に転院するのがベストかな?と思われます(詳しい状況がわからないので適切でないかも知れません)。

  • [2]
  • みつ
  • 2021年6月18日(金) 13:23
  • 削除する

ポイントさん、コメントありごとうございます。
現在は医療療養病棟に入院となってますので、長期入院も可能だと思ってた所、退院の話が出たので焦っている次第です。
病院側がどういった観点で退院を勧めて来てるのかも分かってないので、今度きちんと話し聞いてみます。
そうですね、指定難病の公費でかなり入院費用は助かっておりますので、もし退院となった際にも病院に転院させてもらえるように話してみます。
父はまだ若く意識はハッキリとしてますので、やはり下の世話や入浴などを他人にしてもらうのが恥ずかしく情けないと感じており、病院が変わるとその度に担当も変わるのが嫌なようです。慣れてきたと思ったらまた違う病院で違う担当っというのが辛いと…。
出来るだけ今の病院に入院させてもらえないか話をしてみます。

  • [3]
  • rika
  • 2021年6月25日(金) 8:09
  • 削除する

医療型療養病院はどこの病院でも原則約3カ月間しか入院ができないです。それは国が決めた包括払い方式により、それ以上の入院になりますと赤字になる様に設計されてますので病院としてもボランティアで患者さんを置くわけにはいかないのです。でも患者の立場からすると転院は負担が大きいですよね。膨大な医療費を削減するための国の施策ですが、現実的には病院を3か月毎に点々としなければならず、患者側にとっては不利益でしかないですが、病院の責任ではなく国が決めたルールですので、現状は仕方ないんですよね。