2015年3月2日、運営元が特定非営利活動法人ウェルへ移管されました。
[ご挨拶 ~ NPO法人ウェルへの運営移管にあたって ~ ]

介護保険

介護保険に係る事務や利用者への対応事例、介護保険法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

2時間ルール

  • アントン
  • 2022年9月30日(金) 19:27
  • 削除する

2時間ルールについて教えて下さい。
当方、住宅型有料にヘルパーに入ってるのですが、

生活援助2 15:00〜15:40→身体01 16:45〜17:00

1時間5分しかたってませんが身体01でも2時間ルール適用になりますか?
身体1でも身体01でも適用なのか教えて下さい。

  • [1]
  • 頭痛いケアマネ
  • 2022年10月3日(月) 13:41
  • 削除する

サービスコードとして「身体01生活1」というものが存在しないため、2時間ルール(合算)とはならないと思います。2時間以上開ける必要があるのではないでしょうか。

ショートステイと通所介護

  • 髭眼鏡
  • 2022年9月30日(金) 10:52
  • 削除する

母がショートステイを利用しています。長く利用する場合でも、一時帰宅をしなければならないとの事で、今回一週間の帰宅をします。ショートステイ先から、帰宅中はデイサービス等を利用しないでくださいと言われました。
私は帰宅期間中も仕事がある為、前利用していたデイサービスにお願いするつもりでいました。
感染症対策との事なので、これが強制なのか要望なのかを知りたく、こちらに書き込んでいます。
この場合、こちらが希望すればデイサービスは利用できるのでしょうか?
ご返信よろしくお願いいたします。

  • [1]
  • とおりすがり
  • 2022年9月30日(金) 17:18
  • 削除する

感染症対策はお願い・要望でしょうが、お願いを聞いてもらえないのなら利用をお断りする理由にはなるでしょうね。

利用者様に新しい加算を取ることになった場合、文書で伝える形だけで良いのでしょうか。署名、捺印が必要だったか、最近の事情を知りたいのですが。市町村によっても違うような話も聞きますが。

  • [1]
  • とおりすがり
  • 2022年9月30日(金) 9:57
  • 削除する

弊社の場合になりますが、重要事項説明書の変更同意書という形で処理させていただいています。

定員以上の超過宿泊サービス

  • このは
  • 2022年9月29日(木) 13:38
  • 削除する

小規模多機能に勤務しているのですが居室6部屋、静養室1部屋にベッドを2台置き、宿泊人数が8人から9人になる事が度々あります。9人の時はベッド数もない為、畳に布団をひき利用者様を宿泊させていますが違反にはならないのでしようか?
また日中の利用も12名の所、15名程の利用があります。

  • [1]
  • 市町村
  • 2022年9月30日(金) 14:11
  • 削除する

原則、事業所は利用サービスの調整を図り、定員超過とならないようにする必要があります。やむを得ず定員超過となる場合は、他の通いサービス及び宿泊サービス利用者と同等のサービスが受けられるよう環境を整えるとともに超過の期間、理由等を記録に残していただくことになっています。市町村によっては、取り扱いが変わる可能性もありますので、お住いの地域の担当課に確認すると間違いありません。

国民健康保険中央会が提供している、介護給付費単位数表標準マスタについて教えてください。
システムで介護保険請求業務をする施設は基本必要になるので、使用料?ライセンス料?をシステム会社へ支払っています。
ただ、メディカル介護や介護医療院といった医療も兼ねた施設は必要になるものでしょうか?
その判断がいまいちピンときません・・・
そういった施設でも、介護保険請求でシステムを使用していれば支払う必要がありますか?

  • [1]
  • ホンダ
  • 2022年9月21日(水) 9:19
  • 削除する

そのシステム会社との契約によると思います。

同日利用

  • さかな
  • 2022年9月17日(土) 10:22
  • 削除する

教えていただければ助かります。

特別養護老人ホームで勤務しています。

教えていただきたいのは居住費です。

介護老人福祉施設の利用者様が亡くなった当日に、緊急受入れでその部屋を空床利用した場合は居住費はどうなるのでしょうか?

入院で空床利用された場合はその部屋の居住費はとらないので、亡くなった当日の居住費はとらないのでしょうか?

よろしくお願いします。

通所介護 看護職員3職種兼務

  • TTT
  • 2022年9月16日(金) 17:47
  • 削除する

いつも読ませていただき、参考にさせていただいております。

現在、通所介護にて機能訓練加算を算定しています。看護職員2名、柔道整復師1名です。看護職員(看護師)を機能訓練指導員として兼務で配置していますが、この場合、介護職員の兼務も可能ですか。3職種兼務は認められていませんよね?

初歩的な質問ですみません。

  • [1]
  • むちむち
  • 2022年9月16日(金) 21:19
  • 削除する

3職種兼務をする意味は?
それぞれに分けてしまうと、0.3、0.3、0.4といった具合に別れてしまって、良いことがあるようには思えないのですが...。
地方公共団体によって対応は異なるので、管轄に聞くのが一番です。
ちなみに、障害のグループホームなんかだと、時間帯の必要に応じて、支援員、世話人、夜間支援員をそれぞれ兼務しますよ。ただ、これは基本的に夜間であるためであり、日勤帯の方の勤務を、ましてや3人しかいないところで分けても、なんの加算も入らないと思われますが?
逆に、何か利点があるならご教授いただきたいです。

  • [2]
  • TTT
  • 2022年9月18日(日) 13:17
  • 削除する

むちむちさんありがとうございます!
3職種兼務の目的は、単純に介護職員不足です。

  • [4]
  • むちむち
  • 2022年9月18日(日) 17:18
  • 削除する

ところで、利用者何人ですか?
職員の人数も、正確に記入してみてください。
ちなみに、通所介護なら、看護師2人もいらない気もしますが。
看護師1が機能訓練指導員、看護師2が介護職員と兼務のほうがまだマシな気も。

償還払いについて

  • 事務局員
  • 2022年9月1日(木) 17:24
  • 削除する

はじめまして、いつもこちらで勉強させていただいています。

本年度から複数事業所の介護給付代理人請求を行うようになった事務局員です。
調べ方が悪くあっている考え方なのかわからず、こちらに質問させていただきたいです。

(1)居宅新事業所の償還払い?現物給付?について
当法人の居宅介護支援事業所で、何度か国保連請求が返戻になってしまう方がおり、該当事業所に確認したところケアマネがサービス計画作成依頼届の提出を失念しており、3ヵ月分の国保連請求が返戻となりました。
保険者より償還払いとしてください。と指導があったそうなのですが、この場合居宅介護支援費も利用者が居宅介護支援事業所へ支払い、保険者より10割の償還?現物給付?がされるという認識であっているのでしょうか?
(償還払いと現物給付のどちらの用語を使用すべきかわからず変な文章となり、すみません)

(2)国保連請求時の各提出書類について
給付管理表やサービス計画書・請求書等は償還払いの申請時に保険者へ提出するため、国保連は返戻のままでよい。という認識であっているのでしょうか?

  • [1]
  • 頭痛いケアマネ
  • 2022年9月1日(木) 21:09
  • 削除する

(1)私の自治体では償還払いの指導ではなく、セルフプランの対応が主体です。
届け出失念は事業所のミスと捉え、セルフプランの支援をします。もちろん、支援費の入金はありません。ケアマネ不在(届け出無し)での給付は、セルフなので、償還払いについての経験なく、回答が出来ません。
(2)返戻とは、当該手続きを受け付けていないといういう意味でもありますので、改めて手続き(請求)を行えば良いのではないでしょうか。

  • [2]
  • とおりすがり
  • 2022年9月2日(金) 9:13
  • 削除する

 保険者から償還払いの指示が出ているなら、
利用者は、使用したサービスの10割分をサービス提供事業者に支払い、利用者(名で)が領収書を添えて保険者に保険給付の請求を保険者に行い給付を受けます。

 居宅サービス計画はないので、居宅介護支援事業所の報酬はありません。

 
 今回このような事態になった原因は居宅介護支援事業者にあるので、管理者、担当介護支援専門員が利用者にお詫びと経過説明、今後の対応を説明、保険給付事務の支援をします。
 
 サービス提供事業所の返戻は、償還払いになったら取下げではないですか。

 金額にもよりますが私なら、お宅のミスなんだから10割負担分の立替えを要求します。当然保険給付受けた分は居宅介護支援事業所にお返しします。

 もし、計画自己作成で対応できれば10割支払いはなくなります、サービス提供事業者は再請求です。

  • [3]
  • 量産型事務員
  • 2022年9月2日(金) 11:56
  • 削除する

(1)
保険者へ居宅介護支援事業所が居宅介護支援費について問い合わせ、その結果償還払いと指導を受けたならその通りにすればいいと思います。でも

>この場合居宅介護支援費も

とされているということは聞いていないか触れられていないということなのでしょうか。セルフプラン扱いなら無報酬でしょうし受付けてくれるならそれについての説明もあると思いますが再度確認すれば良いかと思います。なんとなく市町村によっても対応が変わるように思います。

(2)
返戻事由を解消できてないのですから国保連へ送信しても結局再度返戻になっちゃうと思いますよ。解消されていたとしても既に提出済みとなって結局返戻なんじゃないかなと思います。

  • [4]
  • 事務局員
  • 2022年9月2日(金) 12:07
  • 削除する

>頭痛いケアマネ様
>とおりすがり様
コメントありがとうございます。
理解が追い付かず、お答えいただいたのに整理ができていませんので、確認をさせていただきたいです。

(1)償還払いをするのはサービス提供事業所のみで、居宅介護支援事業所は計画の提出をしていないため報酬はでない。
基本、利用者が10割支払うが、今回は居宅介護支援事業所のミスであるため居宅介護支援事業所が立替するかもしれない。その場合保険者から入金があったら返金される。

(2)給付管理表の自己作成で提出が可能なら10割支払いではなく、サービス提供事業所のみ再請求による国保連請求ができる。

知識がなく申し訳ございません。
居宅介護支援事業所の報酬はそもそも計画提出していないため、発生しないというのは理解したのですが、国保連請求でミスがあると他法人へ多大なご迷惑をおかけしてしまうので、不安要素をなくしていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

  • [5]
  • 事務局員
  • 2022年9月2日(金) 12:17
  • 削除する

>量産型事務員様
コメントありがとうございます。

市町村へのやりとりはケアマネが行っており、国保連の再請求はしない予定です程度の触れ方だったので、再請求をしないでいいんだろうとふんわり認識で、大丈夫なんだろうかと不安になった次第です。

自分の知識不足が恥ずかしい話ではありますが、大きい金額が動くので、ふんわり認識ではよくないだろうと質問いたしました。

  • [6]
  • めじな
  • 2022年9月2日(金) 12:25
  • 削除する

制度上、サービス届けがされてなければ居宅介護支援費もサービス費も全て償還払い
しかし、誰が届出を行うか?利用者が行う手はずなら分かりますが

>ケアマネがサービス計画作成依頼届の提出を失念しており、3ヵ月分の国保連請求が返戻となりました。

失念なら違うでしょ

保険者がさかのぼりで届けを受理してくれるか?(システム上は全然できると思いますが)担当者関係者が頑張ることが必要

制度以前に
>この場合居宅介護支援費も利用者が

おかしいと思います

  • [7]
  • めじな
  • 2022年9月2日(金) 12:29
  • 削除する

届出ミスのみで適正なケアマネジメントしてるんなら居宅介護支援費含め、保険者に掛け合ってみれば(さかのぼり)

さすればサービス提供事業者も国保連(提出は保険者ですが)取り下げ事務をしなくてすみますが・・・

  • [8]
  • めじな
  • 2022年9月2日(金) 12:38
  • 削除する

どちらにしろ
居宅サービス届け、自己作成のとどけは必要

であれば私見ですが
サービス届けを受理してもらうほうが手っ取り早いと思いますが

  • [9]
  • 事務局員
  • 2022年9月2日(金) 12:48
  • 削除する

>めじな様
コメントありがとうございます。

申し訳ありません。関係各所とのやりとりや手続きに関することは分からないです。私自身は各事業所から届いた実績を元に国保連の請求データを作成して請求を行うことしか担っておらず、どういった話でそのようになったのかという部分は知らされておりません。

今回の経緯としてはケアマネは計画作成届出を提出できていると思っていて給付管理表を作成し、請求データを提出していましたが、居宅介護支援費の返戻が起こり、調べた結果実は提出できていなかったというのを伺うことはことはできました。
ただ、保険者からは償還払いをするようにと回答がでてしまっているそうなので、遡りでの受付はしないみたいです。

  • [10]
  • めじな
  • 2022年9月2日(金) 13:11
  • 削除する

調べた結果、3ヶ月分はどうかと思いますが


保険者にセルフプラン自己作成の届け

保険者がサービス費請求事務(対国保連)

サービス提供者に説明、取り下げ申請(過誤申し立て)

提供者への居宅介護支援事業所からの弁済

保険者がどういう指導か知りませんが利用者の名義を借りて償還してもらうのでしょう(最終的な居宅介護支援事業所に償還)と思います

逆に面倒と思いますが、保険者の指示があるんですね

  • [11]
  • 頭痛いケアマネ
  • 2022年9月2日(金) 13:18
  • 削除する

(4)の理解で良いと思います。
そして、償還払いを行うとしても、結局は(8)の対応となります。

3カ月前受理してくれないのであれば、どのように給付管理を行うのかを相談する必要あります。
おそらく、保険者が給付管理すると思いますので、セルフプランが必要と言われます。

利用者自身はプラン作成できないと思いますので、責任を感じられているケアマネが支援したほうが良いと思います。

支援費の支払い目途が立てば、一番のご迷惑がかかっているサービス事業所に保険請求可能時期を伝え、お詫びの言葉も必要でしょうか。

居宅支援費は失念した授業料として諦める。
そして、授業料を活かし、今後も失念あるかもしれないが3カ月分も失うのではなく、1か月で解決できるように事後処理が必要と思います。

  • [13]
  • 量産型事務員
  • 2022年9月2日(金) 13:33
  • 削除する

>ふんわり認識

半年間国保連請求業務のみの方へ簡潔に指示するなら「この件は全て担当ケアマネに処理させろ」と言います。ケアマネからの薄い情報だけで色々考えるのは無駄ですし居宅介護支援費がどうなるかもケアマネに聞けばはっきりするはずです。かかわらなくても後日この処理がどうなったかを聞いて勉強すればいいだけな気がします。

  • [14]
  • 事務局員
  • 2022年9月2日(金) 13:35
  • 削除する

>めじな様
重ね重ねありがとうございます。

3ヵ月分になったのは区変申請による保留のため遡り請求と通常請求し返戻となり、翌月に返戻再請求と通常請求をした後に計画作成提出漏れがわかったとのことです。

処理の流れまで載せていただきありがとうございます。
詳しいことがわからないままおたずねしたので、詳細を後出しにしてしまい、ややこしかったと思いますが大変助かりました。
なんとか理解できたように思います。

>頭痛いケアマネ様
ご確認いただきありがとうございます。
理解できず悩んでいた部分が解消出来ましたありがとうございます。
ただの事務局員ですが、どのような作業がある請求できるできないの判別がつくようにこれからも頑張りたいと思います。

ご回答いただきました皆様ありがとうございました。

  • [15]
  • めじな
  • 2022年9月2日(金) 13:57
  • 削除する

>調べた結果、3ヶ月分はどうかと思いますが

通常エラー事由がありますもんね、区変~寝かしこみ理解しました。

>保険者にセルフプラン自己作成の届け

担当ケアマネが通常のケアマネジメントを取っていたのでそれを(サービス計画1,2,3表及び利用表)自己作成として提出すれば問題ないと思います

サービス提供者に説明、取り下げ申請(過誤申し立て)
保険者に行けば用紙をくれます、提供事業所にはお願いする立場ですので、過誤申し立て事務を代行する事も必要かもしれませんね

がんバレーもう少しだ

  • [16]
  • とおりすがり
  • 2022年9月2日(金) 14:10
  • 削除する

>1)償還払いをするのはサービス提供事業所のみで、居宅介護支援事業所は計画の提出をしていないため報酬はでない。
基本、利用者が10割支払うが、今回は居宅介護支援事業所のミスであるため居宅介護支援事業所が立替するかもしれない。その場合保険者から入金があったら返金される。

 居宅サービス計画が策定されていない場合に償還払いになります。
 居宅の届出も出来ていないし、セルフプランも提出していない状況なので、償還払いの指示が保険者からでたのです。 計画を策定していないのだから、居宅介護支援事業所の報酬はありません。
 償還払いの場合、ヘルパー等のサービス提供事業所への支払いは本人が行い、保険給付の手続きも本人が行います。保険者は本人に吠えkン給付金を支払います。
 旅行に出て病気になって保険証なしで診療を受けたら10割負担になります。領収を添付して医療保険に保険給付の請求を行うのと同じです。
 
 今回は事業所のミスで保険給付が行われていないのだから、事業所としてそこの手当がひつようではないですか。

 10割負担だとそれなりの支払いになります。法的には、居宅支援事業所が立替えする義務はないです。事業所の誠意の表し方の一つです。保険者から利用者に給付が行われた後、利用者が返金してくれるかはちゃんと居宅介護支援事業所と利用者で話し合って決めてください。必ず帰ると私からお約束はできません。 

 大きな法人の事務を担当されているのでしょうか。法人の介護保険サービスの管理者クラスに説明を求めたら教えてくれると思います。

提供時間の考え方

  • さくら
  • 2022年8月31日(水) 17:28
  • 削除する

私の施設では10時〜16時の提供時間です。施設には通常9:40頃までには到着しているのですが、時折利用者の都合で早く帰宅となる時があります。その際、9:40到着で15:45送りになった事があり、相談員が6ー8で処理しようとしていました。提供時間は10時からなので間違っていると思い尋ねると「施設に6時間滞在したから」と言われたのですが、私の考え方が間違っているのでしょうか?

  • [1]
  • めじな
  • 2022年9月1日(木) 9:46
  • 削除する

氏の滞在時間の考えは誤りと思います

全ての利用者に支援が開始、終了する時間が
規定で定めた10時~16時が提供時間です

>時折利用者の都合で早く帰宅となる時があります。その際、9:40到着で15:45送りになった事があり

基本的には
事前に定めた予定に位置づけた10時~16時の請求も可能だろうし
6時間未満のサービス区分請求でもいいと思います

事業者の考え方と利用者への説明同意と思いますが

私の考えでは事前に予定変更が分かっていれば6時間未満で対応する、その場合事前にケアマネジャーの利用計画票の差し替えがあると事業者、利用者等の理解が得られやすいと思います。

予定変更(15時45分帰宅)が急な場合(当日とか前日とか)ならば従前の計画通り10時~16時でもよろしいかと思います

前出の通りどちらでも対応できるかと

重要事項説明に位置づけてあると理解得られやすいと思います

>施設には通常9:40頃までには到着している
全員到着、支援開始できるなら9時40分~サービス提供時間とするのもありかと
※10時~16時で6時間以上区分は行政的にはいい顔しないと思いますが・・・

  • [2]
  • さくら
  • 2022年9月4日(日) 9:09
  • 削除する

コメントありがとうございます。
それでは、提供時間が10ー16時であっても利用者が実質滞在(9:40-15:45)したのが提供時間前からであっても、6時間として対応しても構わない、ということですね。

  • [3]
  • めじな
  • 2022年9月5日(月) 9:14
  • 削除する

貴事業所の提供時間は10時から16時と定められている
学校の授業と同じ、1時間目は10時~16時、始まりは10時で終わりが16時、これが1時間目の授業時間=ディサービスの提供時間

>利用者が実質滞在(9:40-15:45)したのが提供時間前からであっても、6時間として対応しても構わない、ということですね。

数学的にはその考えは成立しない

例えば定員(利用者)数がその日20人として20人全員が10時ジャストに到着(テーブル等に着く)することはありえないと考えます、9時40分の人もいれば、9時55分到着の人もいると思いますが、原則10時ジャストが提供時間開始です(10時前は評価されない、10時前も時間に含めたいなら規定を変える、10時前においても定員に対応した人員基準を満たすなど必要、規定や届け出を明らかにする)

ただし
>予定変更(15時45分帰宅)が急な場合(当日とか前日とか)ならば従前の計画通り10時~16時でもよろしいかと思います

は可能かと考えます、ただし行政的(または利用者目線)には現に要した時間で算定となりますが、事業者的には満額もらえてもいいと思いますので重要事項に明記しておく事がトラブル防止かと思います

  • [4]
  • めじな
  • 2022年9月5日(月) 10:32
  • 削除する

>全員到着、支援開始できるなら★9時40分~サービス提供時間とするのもありかと


訂正
★規定(届出)を9時40分~サービス提供時間と変更するのもありかと

紛らわしい書き込み申し訳ない

精神科デイケアと介護保険デイケアの併用について。
とある掲示板の方は「併用不可」と表記していますが、併用可と読める内容の投稿をしています。
どっちなのかわからず、解釈を求められてますが、バ○にされているような回答で、それ以上の投稿が終わっています。
併用は出来るのでしょうか、出来ないのでしょうか。

  • [2]
  • masa
  • 2022年8月24日(水) 22:24
  • 削除する

ちなみに私は当事者ではなく偽名匿名です。
気になったので引用しています。

  • [3]
  • とおりすがり
  • 2022年8月25日(木) 8:30
  • 削除する

併用が出来るのは限られた場合のみです。落ち着いて読み直してください。

 

 >特定施設入居者生活介護又は地域密着型特定施設入居者生活介護の受給者及びグループホーム(認知症対応型共同生活介護又は介護予防認知症対応型共同生活介護の受給者の入居施設)の入所者以外の者に対して行う
医療保険における重度認知症患者デイ・ケア料等を算定できるものであること。