介護保険

介護保険に係る事務や利用者への対応事例、介護保険法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

担当者会議中の人員配置基準について

  • ひめりん
  • 2018年6月21日(木) 17:23
  • 削除する

営業時間中(例えば、13時半~)サービス担当者会議に、ひとつの通所から、看護職、介護職、リハビリ職、相談員のうち、2~4人が参加してくださることがありますけど、現場は、手薄になりますよね。人員配置基準は、大丈夫なんでしょうか?

  • 新着
  • [1]
  • 不和雷同
  • 2018年6月22日(金) 16:47
  • 削除する

居宅基準省令第93条第1項 解釈通知第3の六では
例外として 「サービス担当者会議や地域ケア会議に出席する時間」は認められています。

ただ、2~4人が同じ時間に現場で不在となるのは困りますよね。

入院時の外泊時加算について

  • パット
  • 2018年6月21日(木) 7:48
  • 削除する

特養の外泊時費用の算定について質問させてください。

入所者が夜の23時30分頃に緊急入院し、翌日の午前11時ころにそのまま亡くなりました。

この場合は、入院翌日の外泊時費用と居住費を1日分請求してもいいのでしょうか?

  • 新着
  • [1]
  • ばくちゃん
  • 2018年6月22日(金) 10:23
  • 削除する

亡くなった日が退所日です。退所日は請求可能なので、外泊時費用と居住費の請求は可能です。

皆さまお疲れ様です。
現在、宿泊サービスを提供しているデイサービスにて
介護員として夜勤の仕事をしています。
夜間の急変時対応についてですが、当施設では
救急車を極力呼ばないよう施設長から指導されています。
提携医療機関などに電話などで問合せできるといいのですが、それもないようです。
利用者の血圧に異常がある、顔色や血圧に異常はないが少々足元がふらついている時など介護員が1時間ごとに測定し
その都度、管理者に電話で報告し
翌朝になっても症状が落ち着かなければ受診に連れて行ってます。

毎回、夜勤のある日は
急変が出たらとおもうと怖いです。

お泊りデイサービスで働いてる皆さんの施設ではどのように対応していますか?
医療機関などと提携していたり、血圧や脈拍の異常のみ等でもすぐに救急車などを呼ぶのでしょうか?
また宿泊サービスを提供する場合でも医療機関と提携はしなくていいものなのでしょうか?

  • [1]
  • ぐう
  • 2018年6月18日(月) 12:11
  • 削除する

こういった施設は数多いと思いますが、なぜ、救急車を極力呼ばないように、という指導がなされてるのでしょうか。色々な問題が隠れているように思います。

なぜ、救急車を呼ばないようにしなければならないのか、なぜ、提携医療機関との連携がうまく取れていないのか、管理者に聞いてみて下さい。納得できる回答がない(できない)場合は職場を変わりましょう。不安を抱えながら仕事をしなくても大丈夫な職場は一杯有りますよ。

  • [2]
  • とおりすがり
  • 2018年6月18日(月) 14:38
  • 削除する

そもそもお泊りデイはグレーなサービスですからね。
救急車が来て騒ぎにされたくない何かがあるんでしょう。

実態調査などが進んでいるでしょうから、今後、何かしらの規制がかかるかもしれませんね。

  • [3]
  • いやいや
  • 2018年6月18日(月) 21:48
  • 削除する

血圧や脈拍の異常、足元がふらついているだけで救急車を呼ばれたらたまったもんじゃないですよ。

夜勤一人で不安なのは分からんでもないですが、
救急車ってどんな時呼ぶのか、まず基本的な常識を知ってください。

常識のない職員ばかりだから、「救急車を極力呼ぶな」ってお達しが出るんじゃないですか。

急を要しない場合は、様子を見て翌朝受診する。当たり前の常識です。

  • [4]
  • 正義の味方
  • 2018年6月19日(火) 10:23
  • 削除する

なんで急変が不安なんでしょう?

そもそも、どういう状態になったら「急変」といえるのか?
血圧・脈拍などバイタルの正常値の範囲は?
バイタルに異常値が出たときの対処法は?

"あらかじめ"主治医なり、提携医療機関なりに確認し、事業所内での情報共有をしておけばいいだけではないですか?
もっとも、お泊りデイなのだから、本来的にはご利用者の主治医との連携だと思いますが・・・・・

不安がる前に、ご利用者の安全確保に努めていただきたいです。

自費ベッドの請求

  • kwmt
  • 2018年6月15日(金) 12:44

自費ベッドを使用されている入居者さんへの請求ですが、
入居月が1ヶ月遅れているのを忘れて、請求してしまいました。
この方は口座振替の方で、データを確定してしまった為に振替のキャンセルが間に合わず、次月分で相殺する事でOKを頂きましたが事業所的に問題はないのでしょうか?

初歩的な質問で申し訳ありません。

  • [1]
  • pp
  • 2018年6月16日(土) 17:24
  • 削除する

「事務的に」とは、経理上のことでしょうか。

それでしたら、問題ありません。

というか、こういう間違いに経理が対応できなかったら、
それこそ大問題です。

  • [2]
  • kwmt
  • 2018年6月16日(土) 23:15
  • 削除する

コメントありがとうございます。

いえ、経理上の問題ではなく、法律上問題はないかという事です。
指導が入った時に指摘の対象にならないかが心配です。

  • [3]
  • ぐう
  • 2018年6月18日(月) 12:02
  • 削除する

きちんとしとかないと後でいろいろ面倒なことがおこるかも。
指導が入ったときに指摘されるかも云々以前の問題で、お金のことはそうやって無理矢理帳尻を合わせるようなことで処理しない方が良いと思いますよ。

私なら手数料をこちらもちで全額返金したうえで、再度正しい請求書を発行します。姿勢の問題です。

  • [4]
  • とおりすがり
  • 2018年6月18日(月) 14:35
  • 削除する

双方の合意が成立しているならば法律上問題となることはないでしょう(合意が成立しているなら相手方から苦情が出ることがないため)。
自費(任意の契約)で誰の指導を受ける必要があるのでしょうか?
何でもかんでも指導監督されたいんですかね?

しかし、適正な処理をしていないと、また間違いが発生するかもしれませんね(二重請求など)。
上の方の言われることは一理あります。

  • [5]
  • pp
  • 2018年6月18日(月) 15:23
  • 削除する

翌月分で差額相殺をすることで双方合意しているのなら、
何ら問題はありません。

本来、請求の間違いはあってはいけないものですが、
現実には起こりうることです。

その場合、次回の請求で差額相殺をすることは、よくあることではないでしょうか。

  • [6]
  • ぐう
  • 2018年6月18日(月) 16:34
  • 削除する

市町村単位でのいろいろな制度がありますし、任意の保険、はたまた相続の関係など、後々にその請求書(領収書?)が使われる、または再発行を依頼される可能性はありませんか?相続が絡むと面倒ですよ~。親族の誰が、どの程度面倒を見ていたか、裁判で判断される材料になるわけですから、そういうところまで気を遣うことは私は結構大切だと思いますが・・・。

そういった場合に、「請求額が間違っていて、翌月の請求内容と相殺しました云々・・・」という説明をするのでしょうか。しかもそれが「良くあること」だなんて、信頼度が低いというかなんというか。法的な責任は無いと思いますが、信頼は失いますね。

  • [7]
  • pp
  • 2018年6月19日(火) 11:36
  • 削除する

僕が「よくある」と言ったのは、
請求の間違いのことではなく、間違えた場合の処理の仕方についてのことです。

間違いは当然あってはならないし、
事業所の信頼にも関わることですが、
現実に間違いは起こりうることです。
ここの場は、間違えてしまった場合に、どう対応しましょうかといった話題なんです。

相続だの裁判だの、話が飛躍しすぎです。

  • [8]
  • とおりすがり
  • 2018年6月19日(火) 15:57
  • 削除する

>僕が「よくある」と言ったのは、
>請求の間違いのことではなく、間違えた場合の処理の仕方についてのことです。

自分は事務屋ではないので、「よくある」処理の方法かどうかは知りませんが、
利用者にお願いして承諾をもらって初めてできる方法ですよね。
利用してない物の料金を請求してお金を受け取ったんですから、一度お返しするのが本来の姿ですよね。
手間が省けていいのかもしれませんが、利用者の好意に甘えて、当然のように「よくある」処理の仕方と思わないで欲しいという思いはあります。

  • [9]
  • ジム
  • 2018年6月20日(水) 8:16
  • 削除する

>翌月分で差額相殺をすることで双方合意しているのなら、

って書いてあるだろ、よく読め。
利用者に余計な手間や混乱を避ける為の方法論だろ。

文章の一部分だけ論って論点ずらすなや。

  • [10]
  • とおりすがり
  • 2018年6月20日(水) 8:56
  • 削除する

ジム君、何をそんなに感情的になっているのかな。
感情が出ると名前を変えてもバレバレだよ。
感情的になって文章もよく読むことも冷静な思考もできないようだね。
一部分だけ抜いて論点をずらしてるのは君ではないか?
まぁ、自分の論じたいところと別のところを突っ込まれたので、感情的になるのも分からんでもないが。

合意があるからできるのは大前提。合意がないとできるわけもない方法だとちゃんと言っている。合意がないと問題な方法ということ。
だから
>翌月分で差額相殺をすることで双方合意しているのなら、
こんな一文を持ち出しても話にならない。

[3][4]のコメントの後にあえて、[4]の冒頭と同じことを繰り返して書いたあげく、
相違点として「よくある」方法だと持ち出したので、
「よくある」ことなのか、「よくある」と肯定するべきなのかを問うている。


>利用者に余計な手間や混乱を避ける為の方法論だろ。

口座振替なのに利用者にそんなに手間がかかるのか?事務屋の手間を省くための方法論だろ。
通帳には一か月早く引落しがあった理由も、翌月の引落しがなかった理由は残らない。混乱の原因になりかねないのではないかね?

  • [11]
  • ジム
  • 2018年6月20日(水) 12:23
  • 削除する

スルーしようかと思ったが、誤解されている様なので。
私はこのスレでのコメントは始めてですよ。
感情的と思われたのは、私の低い文章力と引用文の誤りですな。

申し訳ない。

  • [12]
  • ジム
  • 2018年6月20日(水) 12:26
  • 削除する

ところで私も請求業務に携わっているが、「よくある」→「珍しい事ではない」
程度に読み取ったので、何故そこに執着するのか逆に疑問なのだ。
双方が合意しているのだから、そこに肯定も否定もない。
一旦返金するのが理想かもしれないが、翌月相殺という手法もある。
ただそれだけの話だろ。
なお当然の事ながら、謝罪の連絡をした上で、謝罪文書と同時に相殺した内容を記載した
請求明細書、受領書(領収書)の送付は必須なのは言うまでもない。

  • [13]
  • とおりすがり
  • 2018年6月20日(水) 17:06
  • 削除する

>一旦返金するのが理想かもしれないが、翌月相殺という手法もある。
>ただそれだけの話だろ。

そう。それだけの話だ。
相互理解は得られたようだ。

訪問介護 サービス提供責任者について

  • たろう
  • 2018年6月14日(木) 15:17
  • 削除する

サービス提供責任者は訪問介護に介護職員として入ってはいけないのでしょうか?
また、入った場合には勤務形態一覧表を介護職員と分けて作成する必要があるのでしょうか?

  • [1]
  • 2018年6月15日(金) 22:48
  • 削除する

普通に訪問介護の提供ができます。
勤務表は分ける必要ありません。
人員基準の2.5人に含めることができます。

  • [2]
  • 仏教徒のロナウド
  • 2018年6月18日(月) 12:36
  • 削除する

「専ら指定訪問介護の職務に従事するもののうち」からサービス提供責任者としなければならないので、いわゆるサービス提供責任者の業務だけを行ってホームヘルプサービスを行わないというのも、しゃくし定規に言うと、運営基準違反ということになります。

  • 新着
  • [3]
  • しろう
  • 2018年6月22日(金) 15:44
  • 削除する

厳密に考えれば、サービス提供責任者兼訪問介護員として考えるべきなのかもしれませんが、兼務の場合は訪問介護員としての活動時間をサービス提供責任者の勤務時間に加えて良いというふうに個人的に解釈しています。

[2]仏教徒のロナウドさんの「専ら指定訪問介護の職務に従事するもののうち」というのは、「訪問介護員等の中から」ではなく「専従」を意味しているのではないでしょうか?
運営基準にサービス提供責任者の業務として訪問介護の提供は含まれていないはずなので、行わなくても良いと思います。

欠損と給付制限について

  • みみみ
  • 2018年6月13日(水) 18:43
  • 削除する

皆さんの意見をお聞きしたいです。

保険料を滞納したまま時効を迎えると不納欠損となり、給付制限期間の算定対象になりますよね。
では、困窮等の理由により時効到来前に即時欠損となった保険料も、給付制限の算定対象になるのでしょうか?

私は、納付しなかったことに変わりはないので即時欠損部分も算定対象になると考えていたのですが、介護保険法第69条、施行令第33条第2項によると、
「保険料を徴収する権利が "時効によって" 消滅している保険料額の…」
と記載があり、文字どおりの意味だと時効到来前に消滅した保険料は給付制限算定の対象外になるようにも思えます。

Q&A等を探しましたが答えが見つからず、困っています。
皆さんはどのように解釈しますか?

  • [1]
  • 参考
  • 2018年6月13日(水) 21:01
  • 削除する

ttps://www.wel.ne.jp/bbs/article/22129.html

答えになっておらず申し訳ないのですが、
欠損処理の時効を待たずに即時不納欠損をする根拠を明確にしておかないと今後、議会で問われそうですが・・・。

グループホーム

  • メロン
  • 2018年6月13日(水) 14:14
  • 削除する

初歩的な質問かも知れませんが、同一市内でのグループホームからグループホームへの移動は出来ますか?
市町村ルールがあるのでしょうか?

  • [1]
  • 猫パンチ
  • 2018年6月15日(金) 12:02
  • 削除する

グループホームからグループホームへの移行は特に制限があると聞いたことはないですが、受け入れ理由をかなり聞かれることや、グループホーム自体が、なかなか入所できない状態なので、個別事業所で行われる入所判定に受からない = 受け入れしてくれない状態が実情ですね 

特養も同じですね  

生活保護受給者などは市町村ルールはあると思います
生活福祉課の転居理由で認められないことが多いです
 

往診医について

  • 相談員
  • 2018年6月13日(水) 9:00
  • 削除する

特養入所利用者の家族より、入所前の掛かり付け医に戻して往診してもらいたいとの希望があります。入所時の説明で施設の往診医が主治医となる旨は説明していましたが、診察内容など多少納得出来ない部分がある様子で、今回のような相談がありました。
特に大きな疾病もない方で、外部の往診医が施設に出入りして診察する事は医療保険、介護保険の制度的には問題無いのでしょうか?

  • [1]
  • ポイント
  • 2018年6月13日(水) 9:26
  • 削除する

外部の医療機関の診療報酬算定に制限があります。

特養ホーム等における療養の給付の取扱についての通知を参照してください。

ttps://www.pref.saitama.lg.jp/a0702/documents/tokuyou.pdf

  • [3]
  • 通りすがり
  • 2018年6月15日(金) 13:00
  • 削除する

結論からすると出来ないになるかと思います。

元々の施設主治医の専門外だとか何か理由をこじつけて医療保険算定してもいいのか国保連に確認されたらどうでしょう。

特別養護老人ホームの入居者への医療保険算定ルールをその前の医者によく理解していただき、そのお医者様が大丈夫というのならいいのではないかと思いますけど、普通の医者なら断りますね。前の医者からできませんよと家族に言ってもらうのが一番早いんですけどね。

みなし訪問看護事業所への書類

  • megu
  • 2018年6月12日(火) 23:57
  • 削除する

みなし訪問看護事業所へは、訪問看護指示書ではなく、診療情報提供書ですとのコメントありがとうございます。

そこで疑問なことが二つあります。
診療情報提供書は毎月提出で、患者さんには毎月負担がかかりますよね?
それとみなし訪問看護事業所は通常の訪問看護計画書や報告書の提出はなくてもよろしいのでしょうか。
よろしくお願いいたします。・

  • [1]
  • ポイント
  • 2018年6月13日(水) 11:11
  • 削除する

介護報酬算定基準の解釈通知(老企第36号)を参照してください。

(2) 訪問看護指示の有効期間について
 訪問看護費は、訪問看護ステーションにあっては、主治の医師の
判断に基づいて交付(2か所以上の訪問看護ステーションからの訪
問看護の場合は各訪問看護ステーションごとに交付)された指示書
の有効期間内に訪問看護を行った場合に算定する。なお、当該訪問
看護に係る指示料は、介護老人保健施設からの退所時若しくは介護
療養型医療施設からの退院時に係るものを除き、医療保険に請求す
べきものであること。
 なお、医療機関にあっては、指示を行う医師の診療の日から1月
以内に行われた場合に算定する。別の医療機関の医師から診療情報
提供を受けて、訪問看護を実施した場合には、診療情報提供行っ
た医療機関の医師による当該情報提供の基礎となる診療の日から1
月以内に行われた場合に算定する。

老人保健施設から自宅へ退所された方がいます。この方が再度在宅復帰目的の入所として利用するまでに空けなければならない期間の決まりはありますでしょうか?
「退所後の状況確認」では、「在宅における生活が1月以上継続する見込みであることを確認し、記録していること。」とあります。短期集中リハを新たに3ヶ月算定しようとすれば退所より3月間隔をあけなければならないとは思いますが、最低1ヶ月空ければ退所後の要件を満たし、再入所可能と考えておりますが、いかがでしょうか。