障がい者自立支援

障がい者自立支援法に係る事務や利用者への対応事例、法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

人員配置体制加算について

  • koko
  • 2017年10月17日(火) 13:44
  • 削除する

通所生活介護事業所を開所して6か月がたちました。
質問なんですが、6か月経過後、7か月目から人員配置体制加算は算定できるのでしょうか?
平均利用者数で開所6か月以上1年未満は直近6か月の人数で求められるとあったので、半年の平均で条件を満たしていれば算定できるのかなと思い・・・。
開所半年、まだ利用者がそれほど多くなく、現在1.5:1人です。区分5・6以上も55%いるので、人員配置体制加算(II)が申請できるのかなと考えております。

  • [1]
  • とおりすがり
  • 2017年10月17日(火) 15:02
  • 削除する

当事業所の場合は、自治体へ確認して可能でしたので変更申請しました。各自治体で違いがあるかもしれませんので担当係へ聞いてみたほうがいいですよ。

児発管欠如及び個別支援計画について

  • よこー
  • 2017年10月17日(火) 12:38
  • 削除する

  お世話になります。確認をしたいので投稿させていただきました。この度、9月末日をもって児発管が退職しました。県に問い合わせて「やむをえない理由」として経過措置を協議いたしましたが、承認されませんでした。よって2カ月後に減算対象となりますが、総計で35%で良かったでしょうか?この中に「個別支援計画未作成」減算も入っています。この個別支援計画は指導員では作る事は出来ないのでしょうか?ご教授のほど宜しくお願いします。

  • [1]
  • ととこ
  • 2017年10月17日(火) 19:30
  • 削除する

児発管研修修了者(かつ届け出た者)がつくるのが個別支援計画ですので、それ以外の人が作成したものでは、減算を取り消すことはできません。
退職前に作成された計画の見直し期間(6月ごと)を超えた時点の利用者分から、随時減算対象となると思います。
(↑ 自治体に要確認。違う見解が示された場合はコメントで教えていただけると参考になります。)

なおこの先、児発管がいない間も、事業所として利用者をお預かりし支援する観点から、モニタリングや個別支援計画(仮)の作成・見直し、保護者面談などを行っていく必要が、当然あると考えます。

就労A

  • wish
  • 2017年10月17日(火) 9:07
  • 削除する

県よりA型の業務改善計画書の提出を命じられ提出したのですが、「この計画の収支では指導に入らなければならない。嘘ではないけどあくまで計画という事だからもっと収益を多くするように書いてもらわないと、私たちが国から何で指導しないんだと言われる。」と言われました。じゃあ指導すればいいじゃん。と答えたのですが「あなたは会社を潰したいんですか?」だそうです。他県のA型の計画書を見ても、明らかに無理であろう計画が書いてありましたが、自分の首を絞めているだけのような気がします。いったい国はどうしたいんでしょうか?
A型の方々皆さんのところはどうですか?

  • [1]
  • くじら
  • 2017年10月17日(火) 10:12
  • 削除する

県の担当者レベルが回答するには、たしかに内容が脆弱すぎ、
県も厚労省も真剣に考えているとは思えません。
そもそも、最初からA型の着地点が見えずに飛ばしたんでしょうね、手持ちのカードは指定制度と減算しかないんでしょう。
収益事業の事業計画について県や厚労省へ相談するのも見当違いですけど、万一相談されたときに相談先くらいは用意しておくべきだと思います。例えば相談先は通産省とか県経済産業部とか、大学研究機関とか商工会議所とかの答えようが他にもあるのかと思います。そういった意味では、何も考えていないことは明白です。

  • [2]
  • ピンフ
  • 2017年10月20日(金) 9:31
  • 削除する

じゃあ指導すればいいじゃんとかの返事ができる事業所もいいかげんですよ。そんな適当な事業所の指導に行政職員の仕事増やすなとも言いたいです。そもそもきちんとした収益をあげて労働者にきちんと支払うのが普通の会社です。制度は最初からそのようになっているのに給付費から工賃支払うとかありえないことしてるから問題になると思います。収益上げられないならB型事業所になるなり廃止するなり本気で考えていく時期だと思います。

  • [3]
  • wish
  • 2017年10月23日(月) 17:59
  • 削除する

ご意見ありがとうございます。
医療機関にいた時もそうなのですが、監査などが入るたび直前に監査対策をする医療機関、福祉事業所がほとんどです。隠すという訳ではなく。(隠すところもありますが)
当社にも先日監査が来ましたが、対策等せずありのままの状況を見てもらって、その上で指導を受けています。ただ、前回〇としたものが、今回×と言われもめはしましたが、県の監査は担当者によって違ったりすることがままあります。話は少しそれましたが、当社も改善計画を提出し指定取り消しになるのならそれは仕方がない事だと思います。その準備もしています。
ただ、「お上から怒られるから嘘でも金額上げて書いてくれ」というのはいかがなものかと。
私もこのA型に最近入社したばかりですが、監査の話ではありませんが、立ち上げ時も給付費ありきの事業計画を申請しそれで通り、監査でも指摘されることなく来ていたとのことです。一体どうしたらいいんだという上の人たちの想いはあると思います。

放課後等デイサービスの事業所で働いています。
事業所は9:00~17:00で営業しています。
利用者の方が17:30までのご利用を保護者の仕事の都合で希望されているので延長支援加算を取りたいと思っています。その場合人員は何人必要でしょうか?
事業所では延長支援加算の届け出をしています。
支援計画にも、利用時間を9:00~17:30としています。
本来、放課後等デイサービスは、10人以内で2人の配置基準が必要ですが、延長される方が2,3人の場合、一人の配置で大丈夫でしょうか?営業時間内は人員基準を満たしています。

サービス提供責任者の配置について

  • 新人
  • 2017年10月16日(月) 12:18
  • 削除する

異動になり初めて居宅介護事業所に来ました。
初心者の質問ですが、サービス提供責任者の配置基準について、現在従業者10名、月間のサービス提供時間310時間、居宅介護の利用者数30名です。ヘルパーさんが増える予定なのですが、サービス提供責任者を1名から2名にしないといけないのでしょうか? 解釈を読むと3つの項目がすべてオーバーする場合と読み取れるのですが・・
又、地域支援(移動支援)の利用者はこの配置基準の‘利用者40名,に含むのでしょうか? 当市の指導課に聞いても曖昧で・・
ご回答宜しくお願い致します。

  • [1]
  • ハク
  • 2017年10月18日(水) 11:00
  • 削除する

>月間のサービス提供時間310時間

3カ月の平均が450時間未満ですからヘルパーが何人いようとサ責は1人で大丈夫です。お見込みの通り、「3つの項目がすべてオーバーする場合」で合っています。

移動支援の利用者数は当県では基準の利用者数の40人に含めます。多分ローカルルールだと思うので参考にはならないでしょうが。

通院等乗降介助の場合の利用者数、重度訪問介護の場合がからむとややこしいのですが、そのあたりは自己解決して下さい。

  • [2]
  • 新人
  • 2017年10月19日(木) 8:47
  • 削除する

ハクさん
ご回答有り難うございました。
当市でも移動支援の利用者数を40名に含むとの回答でした。‘地域支援事業(移動支援),は解釈に載っていませんし、当市ではローカルルールは通知・書面でも出ていないので「どこを見ればいいのかな?」って感じです。

残業か早退か

  • 20939
  • 2017年10月15日(日) 17:18
  • 削除する

一般的な質問です。
B型事業所ですが、利用者は(1)施設入所者(2)GH利用者(3)自宅から送迎バス。
3者の作業時間が2時間異なります。送迎バス利用者は朝夕合わせて2時間早く送迎バスで帰宅します。
と申しますのは、この2時間は早退ではなく作業なのでしょうか。
送迎バス優遇に見えるのですが、間違っておりますか。
例えば、遠隔地でも1時間以内。一番近距離では15分です。

  • [1]
  • 某NPO
  • 2017年10月17日(火) 13:14
  • 削除する

一般的な質問?でしょうか?
「作業」と呼べるのはあくまでも作業している時だけ、なのでは?

  • [2]
  • pa
  • 2017年10月17日(火) 15:27
  • 削除する

作業時間はあくまで作業をしている時間を指すことだし、そもそも被雇用者でないB型事業所利用者に、残業とか早退といったものは当てはまるのでしょうか?

事業所内での事故について

  • さく
  • 2017年10月15日(日) 0:00
  • 削除する

事業所の矛盾した言葉は、受け取る側の問題なのかと思い、まわりは聞いてくれるけど、解決方法を教えてくれない。いつの間にか、事業所目線が正解なのかと思い、一度目の投稿をしました。大切なものを平気で壊す事業所と同じやり方で削除し、こんなことでは嫌な思いをするだけだと思い、今の投稿になります。

聞き方を間違えてしまったかもしれないど、怒っていいんだ、一人で解決できることではないのだと解決方法と、安堵と勇気ももらいました。心からお詫びと感謝いたします。

自己判断と言う想像と、やってもいない安全配慮をやったと言い張って、自分たちを守るしかない、この哀れな事業所がいつか自分たちのやらかしたことに気づいてくれることを願うばかりです。素直にミスを認めたら潰れてしまうこともわかりました。

グループホームの体験入居

  • ゆー
  • 2017年10月14日(土) 20:17
  • 削除する

初めまして。
先日グループホームの新規申請が通り、この度開業に至りました。

早速ある就労支援施設より、見学の依頼があり、就労支援施設の施設長様と支援員、2名の利用者のお母様が来られ、見学対応を行いました。

本日土曜日に来週月曜日からの2泊の体験入居の申し込みがあり、面談にて気をつけないといけない事や、緊急時の連絡先など簡単なアセスメントをとりました。
また、本入居も考えておられるので、相談支援事業所と市役所に支給の相談をしに行くようにつたえました。
体験入居の契約自体は月曜日に行うこととしました。

しかし、
よくよく調べてみると、体験入居を行うにも支給決定が必要であることが分かりました。
受給者証の確認を怠ってしまい、さすがに明後日の体験入居までにサービス等利用計画もないのに個別支援計画も立てられない、、。

ですが、もう利用者本人も体験入居する気満々で、保護者さんもそのつもりです。
こちらも初めての体験入居者でシフトもばっちり組んでます。

結果、2泊の短い期間なので報酬自体は請求せず家賃などの実費のみ支払っていただくことにしましたが、それで大丈夫なのでしょうか?
本日も市役所に電話入れましたが、土曜日の為、やはり対応できないとのことで、、

月曜日には、朝一番にこちらから市役所の障害福祉課に連絡し、素直に経緯を説明しようと思います。
ですがやはり不安な気持ちが抑えきれず、書き込みした次第です。

何か利用者にとって不利益になる影響が出るのでしょうか。
事業は今後も変わらず続けていけるのかなど、不安です。

  • [1]
  • ゆー
  • 2017年10月14日(土) 20:28
  • 削除する

追記です。

管理者に確認し、管理者より受給者証の支給決定してない方でも体験入居は出来るとのことで、報酬請求せず受け入れることにはなりました。

ですが、速やかに支給申請を行うよう援助をする必要があるとの事なので、保護者には相談支援事業所と市役所に行くようには伝えた次第です。

  • [2]
  • キッス
  • 2017年11月8日(水) 14:04
  • 削除する

こんにちは。
実費請求ならなんら問題は無いと思いますよ。
うちでは家賃、光熱費は日割り食事は実費で7000円くらいです。あとは人件費をいくらもらうかでしょうね。

それにしても自己負担は大きいと思いますけれどそれで納得されるのでしたら問題は解決です。

市町村によっては受給者書、計画書等が揃っていれば翌月請求でも認めてくれるところもあると思いますが。

欠席時対応加算について

  • 請求
  • 2017年10月11日(水) 16:50
  • 削除する

先日請求を終え、介護給付費・訓練等給付費明細書(確認リスト)をよく見た所
欠席時対応加算が給付費明細欄には載っているのに
サービス利用日数に足されている人といない人がいました。
この現象は何の違いでしょうか?

退職時の契約内容報告書提出忘れ

  • youtuumoti
  • 2017年10月11日(水) 10:44
  • 削除する

至急、お聞きしたいです。
就労支援A型の新米サビ管です。

先日、書類整理をしていて
6月と8月に退職された方の
「契約報告書」が提出されてないかも…と言う
事実が発覚し、どうしたら良いかわかりません・・・。

提出期限はすぐにというのは知っているのですが
こんな場合は今から提出しても大丈夫なのでしょうか?

誰か分かる方情報をおねがいします。

  • [2]
  • 不和
  • 2017年10月11日(水) 11:07
  • 削除する

お疲れ様です。

ここで相談しているよりも、行政の担当者に連絡して事情を説明し、指示を仰ぎましょう。
 
提出が遅れた理由など文書(顛末書など)で提出を求めるところもありますが、行政によって対応は変わると思います。

  • [3]
  • youtuumoti
  • 2017年10月11日(水) 17:04
  • 削除する

不和さん
アドバイスありがとうございました。

2か所役所に問い合わせたのですが
不和さんの仰る通りそれぞれ対応が違いました。
直接、問い合わせて正解でした。
ありがとうございました。