障がい者自立支援

障がい者自立支援法に係る事務や利用者への対応事例、法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

共同生活援助事業について

  • ランプ
  • 2018年2月1日(木) 11:20

はじめまして。
今度、共同生活援助事業の管理者をすることになりました。
その際、会計も少ししなければならず、猛勉強中です。

そこで、質問なのですが、家賃補助というものは、いつ事業所に入金されるのでしょうか?
国保連請求みたいに2ヵ月後なのでしょうか?
素人みたいな質問で申し訳ありませんが、教えていただけないでしょうか?

  • [1]
  • pa
  • 2018年2月1日(木) 17:53
  • 削除する

>国保連請求みたいに

通常の障害福祉サービス費と一緒に国保連に請求するのです。

  • [2]
  • ランプ
  • 2018年2月1日(木) 18:44

Paさん
教えていただきありがとうございます。
非常に助かりました。
これからも精進していこうと思います。

障害福祉サービス報酬改定内容はまだ?

  • 事務子
  • 2018年2月1日(木) 7:39
  • 削除する

介護サービスの算定構造は出たけれど、障害分野はまだですかね?

  • [1]
  • いまそう
  • 2018年2月1日(木) 8:04
  • 削除する

2月5日にでる様です。

ttp://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-syougai.html?tid=446935

お久しぶりです

  • くぼたん@昔の支援費担当
  • 2018年1月31日(水) 21:35
  • 削除する

むか~し、もう15年も前ですが自立支援が支援費と言われてたころにここで暴れてました(爆)

その後は障害とは全く関係ない仕事を渡り歩いていましたが、この度体壊して障害者の当事者となりました。

この先、利用者としていろいろ教えていただくことあるかもしれませんがよろしくお願いいたします。

  • [1]
  • とおりすがり
  • 2018年2月1日(木) 9:08
  • 削除する

あら。大変でしたね。しばらく離れていたのであれば制度等から知りたいですよね。きっとここの住人さんたちが書き込みしてくれますよ。それよりも当事者となられたことで我々がお教えいただきことのほうが多いかも知れません。是非、介護の業界が非常識と言われ続けない為にも、ご意見を頂戴できればと思います。よろしくお願いいたします。

  • [2]
  • YAMAYA
  • 2018年2月5日(月) 13:03
  • 削除する

くぼたんさんお久しぶりです。もう10年以上前になりますがこの掲示板ではとてもお世話になりました。MOUさんとかくぼたんさんに教わってやっと細々続けられてきました。これからも宜しくお願い致します。

  • [3]
  • もんすた
  • 2018年2月7日(水) 13:41
  • 削除する

お久しぶりです。mouさん、くぼたんさんのコメントはいつも参考にさせていただいていました。
自分は特養に行ったりしましたが、障害の方の支援を今もさせていただいています。右往左往の中…
あまりに懐かしく、コメントさせていただきました。

就労継続支援A型利用者の仕事について

  • らんらん
  • 2018年1月31日(水) 18:23
  • 削除する

こんにちは。今年4月からA型の支援員をしています。今回相談させて頂きたく投稿致しました。利用者さんの生産活動ですが、当事業所は軽作業と訪問マッサージをしています。
ある利用者さんは経理として雇用契約を結びました。当初は、外部受注の作業と認識していたのですが、そうではなく、事業所自体の経理、決済などをお願いしてやらせているようです。担当するはずの支援員兼管理者は、チェックなどもせず、いつも野放し。。結果、今回の決済で数字が合わないからと、利用者なのに夜の9時まで残らせ、やらせていました。10時〜15時の利用契約です。

まして、今月からその利用者に給付管理をお願いすると管理者は言い出しました。私の中ではおかしいのではないか?と疑問、悶々としております。皆さんのご意見など頂ければと思います。。

  • [1]
  • とおりすがり
  • 2018年2月1日(木) 22:04
  • 削除する

時間外手当や就業規則等の確認も必要でしょうが、らんらんさんから見て明らかにおかしいと思った訳ですよね?
ならば、ただちに虐待事例として通報する義務があります。
悪しきA型、まだまだあるんですね…

  • [2]
  • papaiya
  • 2018年2月2日(金) 8:02
  • 削除する

こんにちは。
事業所自体の経理や事務は、利用者さんにさせたらいけないです。
それは事業所としての仕事であって、生産活動ではないので・・・
事務を希望する利用者さんが多かったので、市役所に確認したところそういう回答でした。
まぁ、当然と言えば当然ですが・・・

所得区分について

  • noname
  • 2018年1月30日(火) 9:39

3月から国民保険から社会保険に切り替えるのですが
"切り替えてから更新をした場合"と"現状で更新する場合"
所得区分の計算に違いは出てくるのでしょうか?

去年はほぼ収入がなく父が国民保険を支払っていました。

以上、宜しくお願い致します。

入所時特別支援加算の算定について

  • ひまわり
  • 2018年1月28日(日) 10:55
  • 削除する

H19.4月から
生活介護の利用で週3回通所していた方が、同法人の障害者支援施設に新規入所することになりました。
その月に入所時特別支援加算を算定しても良いのかどうかの質問です。(新規入所に伴い家族等との連絡、訪問などの支援は行っています。)

・H19.4月から生活介護を使い始めて、その月に生活介護の初期 加算(30単位)を算定しています。

・施設入所後の日中活動は、今まで通り同法人の生活介護を利用し ます。

いろいろ調べましたが 根拠の文書が見つからず、算定で迷っています。

よろしくお願いします。

  • [1]
  • 請求担当H
  • 2018年1月28日(日) 22:51
  • 削除する

施設入所の入所時特別支援加算は算定できます。

生活介護と施設入所支援は基本別サービスですので(といっても重度障害者支援加算など一部関係ありますが)、利用開始日は必ずしも一致する必要もありません。

お世話になります。

居宅介護(身体介護)について、事業所の都合で長時間のサービスを提供できず
同一日に複数の事業所を利用したいという要望があります。

日中活動系のサービスについては、複数事業所の同一日利用は認められてはいないとのことですが、訪問系サービスは可能ということでよろしいでしょうか。

また、居宅介護の同一日複数回算定には、
「1日に居宅介護を複数回算定する場合、概ね2時間以上の間隔を空けなければならない」
という決まりがあるようですが、これは複数の事業所を利用する場合にも適用となるのでしょうか。

以上について、ご教授お願いいたします。

  • [1]
  • 請求担当H
  • 2018年1月28日(日) 23:06
  • 削除する

前段の質問は1日に複数の事業所を利用することは可能です。

また2時間ルールも別事業所の場合は適用されませんが、意図的に単価を吊り上げるのが目的ならば認められない可能性があります。

  • [2]
  • 晴々
  • 2018年1月29日(月) 12:42
  • 削除する

こんにちわ
当方居宅介護事業所です

現在、複数の事業所を利用している方がいます
その方は、入浴はA、家事はB、外出はC
というふうに使い分けしています
A事業所で入浴の後に、洗濯などでB事業所と入れ違いに訪問するようになっています

2時間ルールですが、他事業所なので請求担当Hさんのコメント通り適用されていません
意図的ではなく、日常生活を営むうえで必要なサービスの提供、ということで相談員より受けたケースです

ほげさんが抱えている課題解決につながれば、と思います

  • [3]
  • ほげ
  • 2018年2月13日(火) 12:08
  • 削除する

>> 請求担当H様、晴々様
迅速にご回答いただきありがとうございます。
また、返信が遅くなり申し訳ございません。

訪問系サービスは同一日複数事業所利用可能、2時間ルールは適用されない、とのことで承知しました。

>> 晴々様
1人で3つもの事業所を使われるケースもあるのですね…
サービス利用者のニーズにはなるべく沿うようにサービスが提供されれば、とも思いますが、
複数事業所を利用するとなると事業所間の調整や請求内容の確認など中々大変そうですね>_<;

お世話になります。
表題の件ですが、

・管理者兼サービス管理責任者が常勤(8h×5d=40h)で勤務しており、
・生活介護事業所の開所日が週6日(月~土)
の場合

1.週6日、毎日サービス提供時間に勤務するようにしなければいけないのか、
2.週5日8時間勤務で、週に1日いない日があっても良いのか

どちらでしょうか。
調べてもはっきりしないので質問させていただきます。
よろしくお願いします。

  • [1]
  • 請求担当H
  • 2018年1月26日(金) 17:46
  • 削除する

2が正解になります。
必ずしも全ての開所日に出勤しなければ行けないわけではございません。

  • [2]
  • うにゃ
  • 2018年2月17日(土) 13:30
  • 削除する

>請求担当Hさま
ありがとうございます!
助かりました。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでしたm(_ _)m

併用は可能か?

  • きらめき
  • 2018年1月25日(木) 8:45
  • 削除する

A型サービスとB型サービスの併用は可能なのでしょうか?
メインはA型で、週の内1~2日だけB型というパターンです。
ご存じの方、よろしくお願いします。

  • [1]
  • 請求担当H
  • 2018年1月25日(木) 9:37
  • 削除する

以前、生活介護と就労継続支援B型を両方使えないか、行政に確認したことがありますが、制度上不可能と返答があったことがあります。

なのでよほどの理由がないかぎり無理だと思います。

  • [2]
  • とおりすがり
  • 2018年1月25日(木) 11:17
  • 削除する

制度上は利用可能と考えられるが地域差が存在する様子。

ttp://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/docs/2014062500031/files/H2907sikyuuketteikijun.pdf

グループホームの10年後の運営

  • ヤギ
  • 2018年1月25日(木) 1:22
  • 削除する

グループホームの運営をしています。考えることがあります。

日本の財政状況から10年後、15年後くらいには単価が1割以上下がるのは確実のように思います。現在の収入でもグループホームの運営は厳しいものです。1割、2割以上の減額が行われれば、その時点でほとんどのグループホームの運営は赤字になり、多くが閉所せざるを得ないようになると思います。
そのような収入が低い状況でも運営を続けられるグループホームは、グループホームの物件が自己所有物件であるものに限られ、減額された介護報酬の穴埋めを家賃収入で補うことができる体制を取っている法人くらいにしか無理な状況になっているのではと。
国もそのことを十分に予測していて、だからこそ国のグループホームの開設の補助金は新築の物件を対象にしたものになっていて(中古は寿命が短いですが、新築なら30年は大丈夫でしょう、その間は減額してもグループホームの運営が続けられる)、将来の減額に備えて、賃貸物件のグループホームではなく、自己所有物件のグループホームのみを増やそうとしているのではと。

この考えは間違っていますか?それとも自己所有物件でしか運営できないのは既に常識のようなものになっていますか?皆さんのお考えを聞かせて下さい。

  • [1]
  • ピンフ
  • 2018年1月25日(木) 8:27
  • 削除する

現状でも相談事業はほぼ赤字確定事業だと思います。
GHも自己所有物件だからといって黒字になるかと言われると厳しい現実だと思います。今後の最低賃金の上昇も含めると・・・。
就労や生活介護も経営次第ではすぐに赤字になると思います。
自事業所のアセスメントをしっかりして今後の事業展開を計画していかないと継続は難しいものになると思います。
ちなみにGHの物件が自己所有でも維持、管理費が必要ですし家賃収入を人件費にあてる経営なんてできないですよ(;^_^A

  • [2]
  • 74
  • 2018年1月25日(木) 11:55
  • 削除する

福祉施設の建設を手掛けている準大手のゼネコン・ディベロッパーの方も、借りてするより自己物件での運営が経営の永続性で優っていると言っていました。私も、入居者さんにいくらかでも家賃を安く提供する場合、後者のほうがしやすいと実感しています。

  • [3]
  • 請求担当H
  • 2018年1月25日(木) 22:06
  • 削除する

グループホームの職員数と給付費は利用者の人数と支援区分で決まります。
なので職員数と給付費は高い相関性があり、職員1人あたりの収益はあまり変わりません。

結局は人件費を抑えることでしか、事業所の利益を出すことはできないと考えています。
非常に厳しいですが、日中系サービスと訪問系サービスも合わせて収益を確保するしかないんでしょうね。

  • [4]
  • ピンフ
  • 2018年1月26日(金) 12:49
  • 削除する

福祉施設の建設を手掛けている準大手のゼネコン・ディベロッパーの方は間違っても建てるより賃貸の方が良いとはいいません。
あと入居者さんに少しでも安い家賃で提供するなら賃貸の方が安くないですか?
賃貸物件ならその家賃を利用人数で割って払いますが、自己所有物件維持していくためには最大限もらう方が多く感じますが(;^_^A

  • [5]
  • くじら
  • 2018年1月26日(金) 12:56
  • 削除する

お邪魔します。
私は、相談支援事業を行っています。
 グループホームを運営している会社がつぶれたり、人員が不足して事業所を閉鎖・縮小したり、というお話を聞くたびに肝を冷やしています。新しくできる事業所さんを見にいくときに、どういった支援があるのか、当然、見てきますが、永続性がどうなのか、という点を非常に重視します。
 代表さんは何歳くらいなのか。責任者ができる人が何人いるのか。長期の経営を考えておられるのか、等。
 報酬も下がる可能性もありますし、減らない可能性もありますが、需要は右肩上がりです。しかしながら、供給が足りません。最近、流行している営利を目的とした会社さんのグループホームも増えてきました。
 グループホームの運営をしようとしている会社の代表者さんには、経営できるように、収入確保も検討してもらいたいということを伝えています。(大きな声では言えませんけど。やんわりと)訪問介護事業所があれば、外部委託型にするといいよ、とか、日中活動のサービス提供をするほうが、安定するのかなあとか、伝えています。
 なんでそのことを伝えるかというと、職員さんのお給料が10年後も一緒というわけにはいかないからですと。結局、報酬のすべてが職員さんの人件費ということになる可能性がある。そのときのことも考えて、別に収入を確保できるほうがいいなあと伝えています。経営する上で、一番大変なのは人員の確保なのだと、強く伝えています。そのための人員確保の入り口は広いほうがいいと伝えたりしています。
 自分の担当さんの利益を最大限に考えています。長文失礼しました。グループホームがんばってください。

  • [7]
  • 74
  • 2018年1月26日(金) 21:23
  • 削除する

ピンフさんへ

賃貸といっても新築かそれに近い物件との比較で言っているので、築数十年の借り手もあまりいなさそうな物件と比較すれば、そうかもしれませんが、自己物件であれば貸主ほど建築費を程度の差であれ慌てて回収せず、通常より長いスパンでゆっくり回収することも考えられます。
 ゼネコン・ディベロッパーへの支払いは、貸主か自法人かの違いで、片方が新たに建てない条件との比較で言っていないので悪しからず。

  • [8]
  • ヤギ
  • 2018年1月29日(月) 12:00
  • 削除する

グループホームは単体ではとりあえず適切な運営ができないのは当然だと思っています。

ざっとグループホームの運営の常識的なものを述べます。
まず利益率の平均は2%、生活介護は10%。しかもグループホームの場合は夜間の時間帯を休憩時間や断続的勤務等にして勤務時間としてカウントしないという労働基準法違反ぎりぎりのことをしての利益率2%です。生活介護等の利益をグループホームの赤字に当てるつもりで運営するというのが基本的なスタンスだと思います。
またグループホームの労働条件では優秀な人材の獲得は難しいでしょう。働く人間の側としては9時から17時の仕事と、夕方以降の時間帯の勤務と週に複数回の夜勤では日勤の仕事を選ぶのは当然です。生活介護の人間がグループホームの夜勤や休日の支援を行うことも必要で、法人内で優秀な支援者であることの多い生活介護等の人間がグループホーム内での支援や運営や管理に係わる事も必要です。また土日や休日の支援については移動支援を当てたりするなど居宅介護も必要です。これらの運営の工夫は現在常識的なものだと思います。

しかしこれらのことを既に多くの法人が行い、それでも厳しい運営というのはある程度共通の認識であると思います。そして、グループホームだけでなく、全体の単価が将来下がる事は法人としては少なくとも予想し、備えておかなくてはいけないことだと思います。
その備えとしてのグループホームの自己所有物件への変更が必要に感じています(多分日本中の)。また74さんが言われたように現在の物件から違う物への引っ越しや建て替えも含めての本当の長期的な計画やグループホームの運営の永続性では自己所有物件であることが重要であるように感じています。

というようなことを思っているのですが、他の方の意見を更にお聞きしたいのです。宜しくお願いします。