障がい者自立支援

障がい者自立支援法に係る事務や利用者への対応事例、法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

誕生日が来て受給者証が更新される時には相談支援専門員の方にサービス等利用計画案を再度作成して市役所に提出してもらうのなのでしょうか? 利用している福祉サービスが変わらないときは前年度のサービス等利用計画のままでモニタリングだけしてもらうのでしょうか?

  • [1]
  • 焼きいも
  • 2019年2月11日(月) 17:34
  • 削除する

サービス受給者証の更新時は、モニタリング報告書とサービス等利用計画案を相談支援専門員が作成して提出しています。
(基本情報も一緒に。)

サービス内容が変わらなくても、更新時は計画案を作成しています。

  • [3]
  • あさぎり
  • 2019年2月12日(火) 9:56
  • 削除する

「サービスの更新時」の手続きは計画相談にとっては2種類あります。
サービスが1年決定か3年決定かで変わってきます。
(場合によっては違うタイミングで更新もあり得ますが)

サービスが3年決定だとしたら、計画相談も3年決定です。
なので、間の2年間は「計画作成で更新」ではなくて、「モニタリング」で更新することになります。

計画相談の期限は受給者証に書いてあります。
計画相談を利用しているなら、普通は相談支援専門員から連絡が入るかと思います。
担当の相談員に確認してみてください、

ちなみに、計画相談の期限の更新時は、サービス内容に変化がなくても、計画を立て直さないと受給者証が発行されません。

  • [4]
  • トリケラ
  • 2019年2月12日(火) 12:02
  • 削除する

回答ありがとうございます。こどもがデイサービスを利用していてセルフプランから計画相談に変えようと思っていたのですがあと3ヶ月ほどで誕生日なので今サービス等利用計画を作ってもらうとすぐにまた作ってもらうことになるのかな?と気になったので質問させていただきました。
誕生日が近くではありますが回りの話ではなかなか相談支援専門員の空きがないので見つかったらすぐに作成してもらったほうが良いとの意見が多いので依頼の時期を少し考えて行おうかと思います。

  • [5]
  • あさぎり
  • 2019年2月12日(火) 12:57
  • 削除する

トリケラさん。

なるほど、そういう状況なんですね。
ならば、そろそろ相談支援事業所を確保しておいても良いと思います。
例えば、5月or6月から計画相談でスタートしたいので、お願いしたいということで探されては?
少し先ではありますが、スタートまでの手続等で1か月かかるとみて、早めに相談支援専門員をおさえておくのも良いと思います。

  • [6]
  • トリケラ
  • 2019年2月12日(火) 13:58
  • 削除する

あさぎりさん
回答ありがとうございます。
先ほど相談支援支援専門員の方にお聞きしたところ早めにサービス等利用計画を作成しても次の更新から反映されるように手続きしてもらえるので大丈夫ですよ。とのことでした。期間があると綿密な計画が立てられるのでとのことですぐに取りかかってもらえることになりました。
回答してくださった方々、ありがとうございました。

請求したいけど受給者証がない

  • だいち
  • 2019年2月10日(日) 8:51
  • 削除する

新しく利用契約を結んだ方がいらっしゃるのですが、
間に入っている計画相談の方が受給者証を預かっているらしく
受給者証の番号など
電子請求のソフト内に登録する内容がわかりません。

このような場合、利用者が来所して利用した経緯はあっても受給者証の情報が得られるまでは請求できないのでしょうか?
後日、再請求を行う手間と時間を考えるとなるべく1回の処理で済ましておきたいのですが、
なにか良い方法はございますでしょうか?


*補足*
計画相談への連絡、利用者から計画相談への投げかけ

など行いますが計画相談からの返信は一切ありません。

ここの計画相談は過去に
利用者が無断で来所しなくなった時にも協力体制がとれず
なおかつ、実は利用者が「入院」して来所かつ連絡出来なくなっていた。ケースでしたが計画相談からは一言も連絡はありませんでした。利用者は計画相談に入院することを伝えており、こちらから計画相談へ状況確認を行った所「入院してましたよ」と事後報告。
(後々利用者が退院後来所して明らかになった事です)

  • [1]
  • 無記名
  • 2019年2月10日(日) 9:31
  • 削除する

電話して、理由言って一旦コピー頂けばいいかと、おそらく件数が多すぎて回ってない状態なんでしようね!同じ相談支援として察します!ケアマネは人数制限ありますが、相談支援は人数制限ないですので!あなたが500人担当相談支援持ったとして把握できますか?入院したとかは出来ればいつも接している事業所さんから報告してくれたら助かりますし、お互い様だといいと思います、相談支援は計画渡して、事業所からは何もなし、私の周りの事業所さんはウィンウィン関係で接してますよ!どうすればそうなるか検討してみては?相手の立場に立って!

  • [2]
  • 無記名
  • 2019年2月10日(日) 9:36
  • 削除する

相談支援に連絡していた!でしたね!すみません、それは相談支援から連絡しない方が悪い!!行政に言ってしまえばいいと思いますよ!事業所から知ってて報告なしは良く聞きますが、相談支援が知ってて報告しないはあまり聞いた事なく、読み間違えすみません!契約者の方と話して基幹介入させればいいのでは?

  • [3]
  • 行政区
  • 2019年2月10日(日) 12:13
  • 削除する

受給者証については、まず直接市町村に確認するのがいいと思います。

またサービス受給者証がなくても、どんな期間でどんなサービスが支給されるか書面による通知があります。

加えて、こんな事でいちいち基幹センターを介入させては、それこそ相談支援の仕事が回らなくなりますね。

  • [4]
  • dossy
  • 2019年2月10日(日) 13:22
  • 削除する

請求情報については役所へ事情を話して教えてもらうとか計画相談の事務員に聞くとかすればよいかと思います。計画相談の担当者と連絡が取れないというのが常態化しているのですから諦めて別の方法で対応するのが事務的にはストレスがないと思います。

a型作業所

  • たかみね
  • 2019年2月9日(土) 10:31
  • 削除する

お世話になります。
a型作業所についてですが、作業所の隣の物件を改装し、新たに作業所として設置した場合は法的な面でクリアしなければならない点はあるのでしょうか。
もともとの作業所とは違う物件ですが、同じ法人です。
設備基準さえクリアしていれば、職員の人員配置もそのままでa型作業所の別場所として利用できるのでしょうか。
よろしくお願い致します。

児童発達支援施設の請求について

  • みなぺる
  • 2019年2月8日(金) 18:58
  • 削除する

最近、児童発達支援施設で請求事務を担当してます。
前任者がいないのでここで質問させて下さい。

私が働く事業所は同じ場所に違う名前で2つありまして、
1つは児発1で、もう1つが児発15になっております。
調べてみたら児発は1〜24まであるみたいなのですが、
違いがわからなく…教えて頂きたいです。

放課後等等デイサービスの加算

  • ほほば
  • 2019年2月8日(金) 15:08
  • 削除する

定員10人の放デイで、経験のない者で、強度行動障害支援者研修(基礎)を受講していれると、最低人員配置の2名には当てはまらないと他の掲示板で、拝見しましたが、155単位の加算が取れる加配の人員として、児童指導員と同等に考えてよろしいのでしょうか?

  • [1]
  • RO
  • 2019年2月11日(月) 9:41
  • 削除する

同等と考える事が出来ますよ。

  • [2]
  • ほほば
  • 2019年2月12日(火) 22:37
  • 削除する

ありがとうございます。
県庁に電話で確認したら、実務経験がなくても、強度行動障害基礎研修だけで加算155単位が取れると言ってました。

  • 新着
  • [3]
  • 無記名
  • 2019年2月22日(金) 21:04
  • 削除する

私たちの自治体は受給者証に行動障害記載ないと取れません!前提クリア後計画、評価等はここでは置いといて

私は多機能型事業所に勤めております。
ある時、自身が担当する班ではない利用者様と過ごしていたのですが、利用者様が他利用者様のお世話(男性利用者様のバッグを女性利用者様が、男性用更衣室へ片付けに行かれた)をされており、支援員がすべきことなのでお断りしようとしました。
しかし、その班のリーダーが『ありがとう!素晴らしいね!お母さんにもお世話してくれたことをお伝えしておくね!』と逆に褒めておりました。
驚きすぎてその場では何も言えませんでしたが、やはり良くないと思うのでそのリーダーへ伝えようと思います。

そこで、質問です。
私は利用者様が他利用者様のお世話をすることは『利用者様自身が支援員だと勘違いしてしまい、お世話がエスカレートしトラブルに繋がる恐れがある為(例えば他利用者様へ注意するなど)』だと思っております。
もちろん、異性の更衣室へ入ること事態、ありえないことなのですが…。
この伝え方で納得して頂けると思いますか?
ちなみにそのリーダーは支援員10年目です。

  • [1]
  • ごま
  • 2019年2月6日(水) 12:41
  • 削除する

こんにちわ
そのエピソードを主観で考えたところ、ご自身の基準とズレているので確認したいが言葉選びが合っているかどうか?ということでしょうか?
上手く伝わるかどうか、を心配されているならそれを枕詞にしてお伝えすると良いかと思います。

また、伝え方のテクニックやポイントは、検索するとたくさん出てきます。
仕事も必要なスキルですが、日常でも役立つと思いますので「間違ったことをしている利用者を褒めるだなんてどうかしてる」ではない、ひなさんの真意を理解してもらえるよう学んでみてはいかがでしょうか

  • [2]
  • ふかん
  • 2019年2月6日(水) 15:09
  • 削除する

直接本人へ伝えにくいなら事業所内での研修で取り上げるのが良いかもしれません。本件の対応が適切なのか別の方法が良いのか事前にできることはあるのか色々考えられると思います。
好意で片付けたいのならその気持ちに応えて否定するような言い方はしたくないし、一緒に片付けに行くのか職員が対応するのか、断るにしても気持ちを考えて言い方はどうすればいいのか、トラブル防止の為職員対応にすべき等々考えさせられることは多いですね。

さつ

  • 就労移行の点数計算について
  • 2019年2月4日(月) 22:43
  • 削除する

就労移行事業所の点数の計算について

就職後6か月以降の定着率の考え方ですが

例えば2017年1月から12月まで毎月1人、1日つけで就職をしたとしてすべての人が7か月で退職したとすれば
2018年1月の定着率は

終了後半年経過したケースは6件、半年継続したのは6人だから100%とという解釈でいいのか

半年継続は6人だが、2018年1月の時点で半年を超えて働いているのは一人なので1/6=16.7%という考え方になるのか

教えていただければ助かります

また分母の部分は就職した人だけのカウントなのか、就職せずに期間満了や暫定期間の2か月で通所できず終了した人もカウントされるのかについても教えていただければ助かります

障害者の認定調査員の仕事

  • たいよう
  • 2019年2月3日(日) 23:58
  • 削除する

市役所で、障害者の認定調査員の仕事の募集を拝見しました。
応募条件は社会福祉士、精神保健福祉士等です。
私は社会福祉士と介護支援専門員は所持しております。

未経験でも障害者調査員の可能でしょうか。
介護支援専門員の認定調査員の新規研修は受講済みです。

たいへんな仕事でしょうか。

  • [1]
  • 命のパパA
  • 2019年2月4日(月) 14:27
  • 削除する

この問題は募集されている市町村に尋ねるべきことでしょうね。
介護支援専門員の資格をお持ちということは、介護保険制度に従事されている方だと思いますが、障害の特性などご理解頂けるなら頑張ってもらいたいです。

  • [2]
  • ゆきんこ
  • 2019年2月4日(月) 22:43
  • 削除する

障害の認定調査員も研修を修了する必要があります。

大変かどうかは人それぞれですが…。

色々の認定調査に同席してきましたが、障がい特性を知っている調査員と、知らない調査員では質問の仕方ひとつとっても全然違います。

調査項目はインターネットにアップされています。
ご覧になると少しイメージつくかと。

  • [3]
  • たいよう
  • 2019年2月7日(木) 22:47
  • 削除する

命のパパさん、ゆきんこさん、コメントありがとうございます。
介護保険制度はわかりますが、障害福祉は馴染みがなく、
やはり、障害の特性に詳しい方がいいですよね

縁があればしたい仕事です。

引き続き、経験者からも話しを伺いたいです。

  • [4]
  • 無記名
  • 2019年2月10日(日) 10:17
  • 削除する

両方調査員資格保持者です、介護保険の調査員もケアマネ同席依頼多いですよね!何故か検討してみて下さい!(ケアマネやるときもありますが!)障害の場合、たまにしか合わない試験制度なしの相談支援専門員、立会いの意味すらわからないかと、障害の区分判定調査員の資格あることしら知らない事業所多い中、どう後々言われるか?行政には頭下がります!スパムになるのでやんわりにて!

  • [5]
  • 通りすがり
  • 2019年2月10日(日) 17:25
  • 削除する

随分、上から目線ですね。
さぞ、素晴らしい認定調査員なんでしょう。

  • [6]
  • 焼きいも
  • 2019年2月11日(月) 18:00
  • 削除する

たいよう様のご質問に対してです。

私は相談支援専門員ですが、認定調査員をする場合もあります。
私は件数は多くないので大変ではありません。

ただ、障がいの特性などをご存知でない場合は、まずは基礎知識があるとお互いにスムーズかもしれません。
計画相談の担当利用者さんの認定調査に同席することもありますが、質問の意味が、本人や家族がきちんと理解して返答できるような質問の仕方は大切だと思いました。

研修でその辺りは教えていただけるはずです。
市町村によっては、たいよう様のキャリアを活かせる対象者の調査を依頼することもあるかも。
活躍していただけるでしょう。

ゆきんこ様の言うように、調査項目を見るとイメージつくかと。

悪しきでいうと

  • はるかぜ
  • 2019年2月3日(日) 19:04
  • 削除する

A型もB型、移行も変わらないように思います。
移行については少々違いますが、利用者に支払われる賃金とはあまりにもかけ離れた工賃しか得られないような仕事をしているところは悪しきだと思ってます。
理由は楽にお金を稼げるようになると就労意欲が低下していくからです。
新聞の記事で記憶に残るのは座ってテレビを見ているだけで出勤とみなされ、最低賃金以上の給料をもらえる。
B型も同じようで、食事が無料で提供されるおまけまでついてくるそうです。
そもそも何のためにある就労支援なのかを考える必要がありますね。
そういう観点からすると、営利法人だけでなく、収益を上げる努力をしない社会福祉法人も悪しきに該当するのではないでしょうか。

  • [1]
  • 永遠の乙女
  • 2019年2月4日(月) 11:22
  • 削除する

同感です、
いつまでも福祉畑のやる事だと済ませておく訳にもいきません。
障害者が働くことの分野では、これまでの措置制度でやってきた悪しき慣例(社会福祉法人)を改めなければならないでしょう。
福祉畑という言葉だけでなく、福祉分野で解決させようとすることにも異論があります。
あくまでも労働問題だと捉え、労働部労働局へバトンタッチするべき問題です。
障がい者の就労や雇用問題を福祉で解決させようとは、さすが永遠の乙女の考えるようなことです。
お仕事ごっことういう言葉もかれこれ二十年前にも聴いた記憶がありますが、いつまでも永遠の乙女は卒業しましょう。

  • [2]
  • 命のパパA
  • 2019年2月4日(月) 14:23
  • 削除する

就労B型で、朝来た時に出勤した証拠に捺印させて、『はい、帰ってえーよ。』っていうNPOもあります。

  • [3]
  • 通りすがり失礼します
  • 2019年2月4日(月) 15:50
  • 削除する

社福の話がありましたので・・社福でB型と移行を行っています。
移行については4月からの報酬改定で利用者さんの就職率に準じた報酬単価の設定になったことで、多くの事業所で報酬減となったと思います。 また、B型については平均工賃がある程度高くないと報酬減になるように改定さてますので、これも厳しくなったと思います。

実際、運営してる側とすれば、4月から結構運営が厳しくなったなと感じています。

社会福祉法人はその特性から叩かれたりしますが、実際に運営すれば、他にはない制約もあるし 公共性もあるし、かなり真面目に頑張っていると思ってます。
一部はわかりませんが・・
逆に営利法人は利用者記録等は内容が薄く、とにかく件数を稼ぐようにしている等の悪評も聞きます。 もちろんそんな事業所ばかりではないと思いますが。 利用者一人ひとりの支援の内容はかなり違っていると思います。

収益を上げる努力の話ですが、確かに必要だと思いますが、障害が重くても働きたい意欲がありB型を選択ている場合もあります。
単純に単価(生産性)だけ上げれば良いならば 障害が重くても働きたい方は排除されてしまう可能性もあります。実際稼げる利用者が多くなれば生産は上がりますが
、お金を稼ぐ努力だけを追求するのも福祉的観点から見るとおかしい面もあるのではないかと私は思います。

当たり前のことですが 利用者に手厚い支援をしても、実際市町村からもらえる単価は変わりません。それでも利用者の支援には手を抜かない施設もあるので、福祉の世界で法人ごとに内容を比べるのは難しい面が多いと思います。

  • [4]
  • いつまでも親
  • 2019年2月4日(月) 16:51
  • 削除する

障害をもつ本人家族を支援していただいていることに感謝の気持ちで、日々読ませていただいています。契約制度になり、利用する側からすると、不安があっても民間の事業所もできて制度上、支援の幅は広がった部分もあります。ただ、A型事業所の破たんや、B型事業所の報酬減額などを聞くと心配でなりません。かつて20年ほど前にある施設長さんから直接聞いた思いの言葉ですが「情勢や制度がどんなに変わっても大切にしたいのは仲間の夢と願いです。」この言葉を胸に私は今まで頑張ってきました。何で”悪しき”と言われるようになったのでしょうか。原因は何?

  • [5]
  • はるかぜ
  • 2019年2月4日(月) 21:06
  • 削除する

コメントありがとうございます。
営利法人と社会福祉法人とでは方向性が違うのは当然だと思いますし、その両方が同じ事業を行うこと自体に問題があると思うんです。
私個人の見解ですが、A型と移行は営利法人、B型と生活介護は社会福祉法人にはまりやすいと思います。
B型は月額工賃というヘンな基準を作ったために事業者の方は大変かと思います。
B型は働く場所なのか、日中の居場所なのか?
両方の意味があるのでしょうが、現行の基準では工賃が重視されています。
本当にそれでいいのか?
当事者、事業者が制度について声を上げるべきです。
それと、障害福祉サービスの利用についての基準が曖昧過ぎます。
これは支給決定する側にも問題があります。
例えば、生活介護の利用が適してると思われる利用者に対して、A型事業所が家まで送迎するというケースがあります。
仕事はというと、シール貼りの内職がやっとできるかという感じです。
その利用者の方は頑張っておられるので素晴らしいと思いますが、最低賃金以上の給料が支払われるA型事業所がふさわしいのかという疑問が湧いてきます。
事業者は給付金と助成金だけをアテにしており、利用者をお金としか見ていません。
また、そういった事業所はピンクチラシのようなものを配って拡充を行なっているそうです。
祝い金3万円とか紹介料5000円など…
ほんと、こういうブラックな営利法人があること自体信じられないのですが、まだ全国各地で生き残っているようです。
悪しき…は、コンサルがビジネスの観点のみで事業者を増やしていったところから始まったのではないでしょうか。
放デイなども同様ですね。
このままでは良い事業者が生き残れず、悪い事業者が生き残ることになるかもしれません。
こういった場でも良い議論ができれば良いと思います。

  • [6]
  • 相談員
  • 2019年2月5日(火) 22:49
  • 削除する

できる利用者はもちろん営利法人でもいいでしょう。
自立の意味を知っていますか?
生活介護に該当するような方でも、作業を励みにして意欲を養う。これって結構必要な方が多いですよ。

それに程度のいい利用者ばかり集めていたら、できない人は拒まれますよね。そこで拒まれた人は一律生活介護に行けと言うことですかね。

それこそ措置時代の傲慢な考え方ですよね。
どこにも結びつかないような人がやる気を持って作業所に通っている。机上の空論を論じるのはいいですが、実際の現状ももう少し学んでから議論してください。

  • [7]
  • 永遠の乙女
  • 2019年2月6日(水) 11:53
  • 削除する

はるかぜさんの投稿内容を改めて読みなおしてみましたが、返信投稿されている内容が否定派肯定派と様々あることに驚かされました。
障害があるから工賃を稼げるだけの作業が出来ないのだと、また障害があるから難しい作業は出来ない、などと出来ない理由を障害のせいにしています。
それが、福祉畑の考え方なのだという事に気づいていただきたいです。
もちろん、作業を前提での支援計画が難しい利用者さんもいらっしゃいますが、その場合はB型ではなく生活介護や生活訓練の利用を選択され、そこでの出来る範囲で生産活動に取り組まれるのではないでしょうか。
代表的事例では仕事や作業を通じた職業リハビリテーションでは、重度の知的障害など様々な障害を持たれた方への実践に多くの実績があります。

  • [8]
  • とおりすがり
  • 2019年2月7日(木) 9:26
  • 削除する

永遠の乙女さんの言われる
「作業を前提での支援計画が難しい利用者さんもいらっしゃいますが、その場合はB型ではなく生活介護や生活訓練の利用を選択され、そこでの出来る範囲で生産活動に取り組まれるのではないでしょうか。」

これが難しいところです。生活介護を希望したいのに障害支援区分が3以上にならない方や、就労継続支援B型で週1からでも頑張って働きたい方もいらっしゃいます。

後者の方に関しては[3]通りすがり失礼しますさんの言われる
「平均工賃がある程度高くないと報酬減になるように改定」

これのお陰で利用を断られるケースが多数です。また行政と厚生労働省に工賃の支払いに関して「実利用人数」ではなく「実利用日数」での取扱が適当ではないか?と問い合わせましたが”利用日数を増やし工賃の支払い実績を上げるのは事業所の責務である”と言われる始末です。

実際のケースですが、精神疾患にて内服管理や病状が不安定な状況で通えていない場合もあります。これって事業所の責務でしょうか?これって医師の責務の範疇では?と疑問に思うところです。

  • [9]
  • 通りすがり失礼します
  • 2019年2月12日(火) 13:57
  • 削除する

はるかぜさん のおっしゃる通り営利法人と社会福祉法人が同じ事業を行うこと自体に無理があると私も思います。B型の及第点については とおりすがりさんの言われているようにB型で週1~2利用の方等も多く、区分の判定についても市町村で曖昧な部分があるので こちらを上手く統一させるのは現状至難の業です。なので 永遠の乙女さんが言うような 作業を前提での支援が難しい場合は生活介護・生活訓練へ という区分けは今後の理想ですが、現実はかなり厳しいと思ってます。
また、「出来ない理由を障害のせいにするのは福祉畑の考え」と言われていますが、こちらについては 支援を手厚くしすぎることで利用者さんのできることが少なくなってしまったりすることも多くあり、デメリットもあるので ある意味正論という面もありますが、実際障害が重く作業が難しい方もおり、高次脳障害等は障害が一見無いように見えて 実はとても支援が必要だったりすることがあります。 障害が軽いようにみえても、実はどう支援しても成長・解決しないと理解すること(できないことを認めて支援すること)が重要なこともあります。 これに気付かないで 利用者さんに「もっとできる、もっと成長できる」と思い込んで強い支援をしてしまう職員も少なからずいます。それはある意味虐待に近くなってしまう場合もありますので、障害があるということを認めること というのも私としては大切と考えています。なので永遠の乙女さんの言われている趣旨とは捉え方が違うかもしれませんが、一概に「出来ない理由を障害のせいにしてはいけない」と言い切るのも違うとは思います。
どちらが正しいとも言えませんが、これは福祉の最も大きいテーマでもあると思うので色々な観点があると思います。少し話がズレましたが、福祉の世界に100%の正解はないと思いますので、様々な立場から議論ができたことは良かったと思っております。

  • [10]
  • 永遠の乙女
  • 2019年2月12日(火) 15:02
  • 削除する

障害の重さという言葉へ逃げ道を見つけてはいけないでしょう。
出来ていない事例ばかり参考にしても前進しません。
出来ない理由を探すのはやめましょう、それこそが福祉畑と言われてしまう所以です。
福祉畑の甘さ、温さから、卒業しましょう。
どうか
出来てるところを参考にしてください。
独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
国立職業リハビリテーションセンター

  • [11]
  • 通りすがり失礼します
  • 2019年2月12日(火) 17:19
  • 削除する

言いたいことはわかりますが、私からすれば障害についての難しさを理解する感覚を持たないほうが甘く聞こえてしまうのです。 福祉って大事なのはそれだけではないでしょう。

出来ない理由を探しているのではなく、出来ないことを認めてあげるのも重要と言っています・・ だから正解は無いと言っているんです。だから福祉の世界は難しいんですよ。

私からしたら、そういう意見もあることを理解できない方が狭さを感じるのですが・・ リハセンターもすべての人が満足しているわけじゃないでしょう。何をもって出来ているのか・・ 例えば工賃が多少低くても、日々やりがいがあって良い支援をうけながら作業していれば それ以上の事業所はないと思います。(当事業所は低くはありませんが)

それを福祉畑と言い否定するのは畑違いだと思いますよ。
 

  • [12]
  • 永遠の乙女
  • 2019年2月13日(水) 10:29
  • 削除する

はるかぜさんの仰る悪しきでいうと
福祉というブラックボックスが幻想を掲げ、係わる者に自己満足と承認欲求と社会福祉法人と貧困ビジネスという負の遺産を残した。
それらは全て解体され、医療と労働の二つのテーマとして解決していきたい。
福祉に冒された福祉畑の福祉頭には、到底理解できない事だと思いますが、奇跡というのは何もせずに奇跡は起こらないという事だけは、よく覚えておいて頂きたいと思います。
相応の努力が奇跡を産むのです、
言うて福祉の現場で奇跡は起こりません。
福祉力肯定派の方々が仰る区分判定の統一は至難の業というのが逃げ道なんですね、停滞することを至難と言い換えず、素早い区分変更を包括的に実現させましょう。
ヒューマニズムという様な荒唐無稽で甘い言葉を並べたてても現実を回避する事は出来ないのです。
質問者のはるかぜさんへの返答意見として、これまでの日本型福祉が存在する以上は、はるかぜさんの仰るような悪しきに該当するA型B型施設は根絶する事はないでしょうかね。

  • [15]
  • みなみかぜ
  • 2019年2月16日(土) 18:14
  • 削除する

福祉畑っていうのは、何でもいいですよ、福祉だから困ったことでもボランティアでやりますよってことでは。
確かにいますね。
業務外の対応ばかりして、自分は凄いんだ、と名前だけ売ってるやつ。
それで本人もこれが福祉だと疑いもせず、やり続ける。
結果、いつまでも社会資源は生み出されず、障害者はかわいそうな存在でしかない。

これに気づかない限り、障害者はいつまでも同等には扱われない。

  • [16]
  • 支援
  • 2019年2月18日(月) 2:15
  • 削除する

みなみかぜさん
逆に真逆の人もいませんか?
例えば知的障害の方などは、どうしても実際の年齢より若くみえたりして、だからといって子供を怒るようにとても強い口調で職員が利用者を怒ったりとか。
自立させるため、といって本人の人権関係なく何でも厳しく指導する人が最近多い気がしてます。
利用者でストレスを発散してるようにみえ、これには違いを感じています。

また、一般の方で同等とか平等とかを変にとらえている人もいる気がして、そういう人は障害者は差別してはいけないという知識だけを持って、障害者専用駐車場にどんどん車を駐車したり、外出先で介助が必要な時でも手を貸してくれなかったりとか。少しだけ弊害も感じています。
だからといって、職員がボランティアアピールとか意味のわからない支援での残業は絶対不要で根絶させるべきですけどね。

個人的には 障害者の自立を考える中でも、「お年寄りに気を使う程度の優しさ」も持ちつつ、利用者支援をしてもらいたいなと思っています。

  • [17]
  • かみかぜ
  • 2019年2月18日(月) 16:00
  • 削除する

お年寄りに気を使う程度の優しさ」も持ちつつ、利用者支援をしてもらいたいなと思っています。
これダメダメじゃん。

  • [18]
  • というか
  • 2019年2月18日(月) 17:38
  • 削除する

生活介護の利用者に対しての支援のことを言ってるのでは?
生活介護の目的は就労とは違うし。厳しさしかないやつもダメダメだろう。
優しさとは定義が難しいが、甘やかし・やり過ぎではない優しさは必要。
就労継続や就労移行など通所の訓練系事業の利用者には厳しさがかなり必要な部分でもあるが、区分が高く生活介護で入所している人達なんかは支援員から多少の優しさのような部分を受けても良いと思うんだが。
入所している生活介護等の利用者は、家族の面会等もほとんどない人も多い。よって職員にも少し安息を求めるが、知的等の障害者の方々にとって、いきなり皆が厳しく指導しても心を壊す可能性がある。指導といいながら半分虐待のような扱いもある。

そんな職員ばかりじゃ、精神壊れるし多少の安息を与える職員は入所施設とかには少しはいてもいいんじゃないかな?
職員だって自分の家ではダラダラしたりリラックスするけど、入所の利用者は施設が家庭でもあるんだから。
家庭に安息がまったく無いのは辛すぎないか?

もちろん甘やかすのは違うし、差別するのは違う。でも心のどっかに優しさを持てない職員もおかしいと思う。 

GH利用者の様々な付き添いについて

  • aiko
  • 2019年2月2日(土) 21:47
  • 削除する

初めまして。
障害者GHで新任のサビ管をしている者です。

分からないことが多いので皆さまのお力添えをお願い致します。

GHの利用者の定期受診、失業保険の手続きなどでハローワークへ行く、住所変更などの役所手続きなどの送迎?というか、付き添いはサビ管がやる事なのでしょうか?

このところこの様な要望がご利用者様からあり、一人で行ってもらうことはダメなのでしょうか?

教えてください

  • [1]
  • こうたん
  • 2019年2月3日(日) 18:38
  • 削除する

基本的には自分で行ってもらってます。
その為に入居契約には保証人、家族に説明して動いて貰う約束で許可しています。

  • [2]
  • あさぎり
  • 2019年2月4日(月) 9:54
  • 削除する

誰が動けるのか、契約時に確認しておく必要がありますね。
本人が自力で遂行できるなら、もちろん1人で行って頂いて。
無理なら家族がどの程度動いてくれるのか。
それも無理なら、GH職員が同行することになるかと思います。

ただし内容によりますよね。
手続き云々は家族にもわからない場合もあるし、GHとして必要な情報や、把握しておきたいということなら、同行の必要がありますよね。
特に受診などは、GHとして本人の状態を把握しておきたならば、同行する場合もあるでしょう。

また、支援として考えると、GHを経て1人暮らしを目指しているという利用者なら、どこまで単独で出来るのかも見極めていく必要があると思います。
GHスタッフが同行して教える場合もあるでしょう。
生活訓練事業ではないので、どこまで対応するかはホームの方針にもよりますが、生活支援という事では必要な視点かと思います。

  • [3]
  • aiko
  • 2019年2月4日(月) 10:35
  • 削除する

皆さまご回答ありがとうございます。

原則お一人で行ってもらうようにされているとのことですが、その際の交通手段や交通費などはどの様にされておりますか??

お聞かせください

  • [4]
  • あさぎり
  • 2019年2月4日(月) 23:30
  • 削除する

交通手段や交通費とは、どういう意味ですか?

  • [5]
  • こうたん
  • 2019年2月4日(月) 23:38
  • 削除する

全て実費です。
車で乗せていく際もお金は規定を作り距離に応じて頂いています。

  • [6]
  • aiko
  • 2019年2月5日(火) 18:15
  • 削除する

あさぎり様

ご回答ありがとうございます。
お一人で行って頂く際は公共交通機関かもしくはタクシーになるかとは思いますが、公共交通機関の場合は福祉乗車券があるので交通費は必要ないかと思います。
タクシーの場合はご自身でお支払いして頂くのかと思いまして。

こうたん様
ご回答ありがとうございます。
やはり実費請求なのですね。
うちのホームは規定を作っていないため、規定作成の提案をしてみます。