障がい者自立支援

障がい者自立支援法に係る事務や利用者への対応事例、法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

短期入所 短期利用加算について(1)

  • 困ったサビ管
  • 2018年4月10日(火) 21:17
  • 削除する

短期利用加算はこれまで、1回の利用が30日以下であれば、何度でも算定可能でしたが、今回の改定で『1年間に通算して30日を限度』と示されました。

Q1.これはつまり、7日/月の支給決定を受けている利用者が毎月7日利用した場合、4月~7月のはじめの4か月はすべて算定可能(7日×4=28日)で、5か月目(8月)は2日のみ短期利用加算が算定可能で、残りの5日は算定不可。以降の月(9月~翌年3月)も短期利用加算は算定不可という解釈でよいのでしょうか?

Q2.留意事項通知の『なお、平成30年3月31日までに指定短期入所等を利用していた~』の一文が示すのは、平成30年3月31日以前に利用実績のある利用者については、あと1年間(平成31年3月31日まで)は、これまで通り、1回の利用が30日以下であれば、何度でも算定可能ということでよいのでしょうか?

Q3.厚労省Q&Aに、『1年に30日~』の「1年」はいつからいつまでの期間か?との質問に、『最初に短期利用を開始した日から起算して1年』との回答がありますが、『最初に短期利用を開始した日』とはどういうことなのでしょうか? 平成30年4月1日以降で最初に利用した日ということでしょうか?
例えば、Aさんが平成30年4月3日から利用された場合、Aさんは平成30年4月3日~平成31年4月2日までの1年間に30日まで算定可。
Bさんは平成30年4月29日から利用されると、平成30年4月29日~平成31年4月28日の1年間に30日まで。
Cさんが平成31年1月15日に初めて利用した場合は、平成31年1月15日~翌年の1月14日までの1年間に30日まで。
という形で、利用者ごとに1年のサイクルがバラバラになり、それはすべて事業所側で把握していかなくてはならないということでしょうか?

  • [1]
  • とおりすがり
  • 2018年4月11日(水) 9:16
  • 削除する

30日限度は短期利用加算のことじゃないですか?
連続して30日の利用後一日空けてまた30日の利用は可能です

  • [2]
  • 困ったサビ管
  • 2018年4月13日(金) 18:44
  • 削除する

とおりすがりさん、コメントありがとうございます。
タイトルにも記載の通り、Q1、Q2、Q3すべて短期利用加算の算定についての質問です。(利用日数についての質問ではありません)
ちなみに、Q3は『平成30年度障害福祉サービス等報酬改定等に関するQ&A Vol.1』の問56厚労省の回答に対する疑問です。

本日も県に問い合わせをしましたが、県も国へ質問し回答待ちとの返答でした。

制度改正や報酬改定の際には毎回のことですが、4月に入って既にご利用していただいている方々には、正確な説明もできないままの状態はとても心苦しいものです。

短期入所 重度障害児・障害者対応支援加算について

  • 困ったサビ管
  • 2018年4月10日(火) 20:40
  • 削除する

重度障害児・障害者対応支援加算の算定要件は、
(1)福祉型強化短期入所サービス費を算定している事業所
(2)利用者のうち、区分5,6の利用者が50%以上
と示されていますが、

Q1.(2)の要件の分子/分母になる利用者とは、当月中のすべての短期入所利用者で考えるのか、あるいは強化短期入所に該当する『第566号告示 別表第1のいずれかに該当する』利用者のみで考えるのか、どちらでしょうか?

Q2.加算算定の対象となる利用者は、要件を満たしていれば、当月中の利用者全員でしょうか?それとも、区分5,6の利用者でしょうか?あるいは『第566号告示 別表第1のいずれかに該当する』利用者のみでしょうか?『第566号告示 別表第1のいずれかに該当する』利用者と同じ日に利用していた利用者は全員ということでしょうか?

短期入所 医療的ケア対応支援加算について

  • 困ったサビ管
  • 2018年4月10日(火) 20:21
  • 削除する

福祉型強化短期入所サービス費との関連での疑問です。
医療的ケア対応支援加算の算定要件は、
(1)福祉型強化短期入所サービス費を算定する事業所
(2)第566号告示 別表第1のいずれかに該当する者
と示されていると理解しているのですが、
そもそも、『(1)福祉型強化短期入所サービス費を算定する』要件の中に、『(2)第566号告示 別表第1のいずれかに該当する者』が含まれているので、
結局のところ、『福祉型強化短期入所サービス費を算定する』=医療的ケア対応支援加算がもれなくついてくるということなのでしょうか?

福祉型強化短期入所サービスについて

  • 困ったサビ管
  • 2018年4月10日(火) 20:10
  • 削除する

県への問い合わせも行なっているのですが、返答がないまま日にちだけが過ぎていっているため、どなたか情報をいただければと思い投稿させていただきます。
≪質問≫
福祉型強化短期入所サービス費の算定要件・対象者はどのように捉えればよいのでしょうか?
要件としては、
(1)看護職員を常勤で1以上配置している
(2)第566号告示 別表第1のいずれかに該当する者が利用している
の2点があり、(1)(2)の両方を満たしている場合と理解しているのですが、
Q1.(2)第566号告示 別表第1のいずれかに該当しているかどうかは、事業所が利用者の状態を確認して判断するということでよいのでしょうか? 受給者証に記載される等という話も無いように思いますので・・・。
Q2.看護職員を常勤で1以上配置している事業所ならば、『(2)第566号告示 別表第1のいずれかに該当する者』のみを強化短期入所で算定し、『別表第1に該当しない者』は通常の短期入所サービス費を算定するということでよいのでしょうか?
留意事項通知の文面が「第566号告示 別表第1のいずれかに該当する者を支援するために、看護職員を常勤1以上配置する場合」と書かれており、ややニュアンスが異なるように感じられます。
どなたか、ご教授いただければと思います。

施設外就労の保険

  • ひらり
  • 2018年4月10日(火) 14:48
  • 削除する

 B型で、施設外就労を始めたのですが、就労先企業で利用者がもし備品を破損させてしまったりした場合の保険ってあるのでしょうか?そういう場合に備えて、皆さまどうされていますか?企業と交わした契約書はネットに載っていた雛形を使っていますが、そのような賠償に関する項目は出てきていません。

  • [1]
  • とおりすがり
  • 2018年4月11日(水) 9:19
  • 削除する

賠償保険を契約する際にどの範囲まで保険の対象になるのかよくよく確認して契約書に盛り込んでもらっておくべきです。
施設外就労のようなケースもあることをきちんと伝えてそこでの事故や損害についてもきちんと保障してくれる保険でないと意味が無いですよ

児童指導員等加配加算

  • 困ったさん
  • 2018年4月10日(火) 8:51
  • 削除する

今年度より、児童指導員等加配加算に区分が発生しましたが、見解が小出しで難しく感じています。
3つの区分があり、(1)理学療法士等(PT,OT,ST,保育士)(2)児童指導員等(3)その他の従事者
とありますが、常勤が8時間勤務として、例えばPT4時間勤務、OT4時間勤務で常勤換算1と考えてよろしいのでしょうか?
それとも1つの職種で8時間勤務(PTが8時間勤務ならOK)で(1)の職種の方々の合計で考えてはいけないのでしょうか?

  • [1]
  • RO
  • 2018年4月10日(火) 14:39
  • 削除する

常勤換算数なので、合算して大丈夫です。
ですが非常勤職員の勤務時間が4時間×2名だった場合、休んでしまったり遅刻早退があると1.0を割ってしまい加配加算が取れなくなってしまう危険性は頭に入れておく方が良いかと思います。

休暇、早退等について

  • 悩める人
  • 2018年4月9日(月) 22:17
  • 削除する

今年度から、有給休暇を時間単位でも取れるように就業規則を変えました。2,3時間のために有給半休使うのはもったいないだろうと思い、少しでも職員の方々のとりやすいようにと考えて変えたのですが不満が出ました。

実は今まで、お子さんの行事などで2,3時間抜ける場合施設長がいいよいいよと言って抜けさせていました。抜けた時間の給料が引かれる訳でもなく、有給休暇扱いにもなりませんでした。また、用事があるやこどものお迎えがあるということで勤務時間よりも早く帰ることも日常茶飯事です。この場合もいいよいいよといってその分の給料を引くこともありません。
こういう状況だったため、当然ながら不満が出ました。

勤務時間に外出した分の給料を引いたり、その分を有給でとってもらうのはおかしなことなのでしょうか?どこでもいいよいいよで済ませているのでしょうか?

皆さんの施設では、きちんと昼休憩はとれますか?私の施設では、昼食は利用者と一緒に食べます。特に支援は必要ありません。昼食後の時間も利用者とともに休憩です。ちゃんとした休憩ではないとは思いますが、皆さんの施設ではどうなのでしょうか?

昼休憩のこともあるので抜ける時間等を多目に見ないといけないのかなとも思いますが、全員がそのように早く帰ったりするわけではないので不公平になるとも思っています(特定の人ばかりです)。

できるだけ公平にと思うのですが難しいですね。
今回きちんと規則を整えて、施設としてのルールを徹底したいと思ったのですが、やはりおかしいことなのでしょうか?

長くなりましたが、もう何がいいのか分からなくなったので、皆さんの意見を聞かせて下さい。

  • [3]
  • とおりすがり
  • 2018年4月10日(火) 8:25
  • 削除する

福祉サービス事業所ならその収入減は税金だと思います。それを個人の采配でいいよいいよは無いと思います。
休憩時間は拘束されないもの、その時間は極論外出しても良いものとして保障しなければなりません。ですがそれを引き換えに2,3時間抜けても良いよとするのは。。。。
働きやすい環境づくりを目指しているのはとても良いことなので今後もみんなの理解を得ながら職員と一緒に労働基準法についても学習していくと良いかもしれませんね

  • [4]
  • 始めが肝心とはいうけれど。
  • 2018年4月10日(火) 12:39
  • 削除する

何かを変えると不満はでちゃいますよね。
ましてや緩いことを締めるとなおさらかもしれません。

公平と思うのであれば、律するため仕方ないことです。

当方もよかれと思っていたことが、不満が出てしまったことがあります。。
自由もほどほどですね。

  • [5]
  • ハムハム
  • 2018年4月10日(火) 14:25
  • 削除する

施設長が施設のトップですか?理事長やなんやらはいませんか?

施設長がトップの場合
施設長がリーダーシップを取ってしっかりとした考えを持っていれば、異論は出せないと思います。
施設長は、職員の意見を聞いても、職員の不満に左右されていてはいけません。(悩める人さんの役職は分かりませんが、施設長でないなら施設長の方針に従うのが社会人です。)
どの会社の平社員が社長の決め事に文句を言えるでしょう?福祉は、たまに社会からずれていますよね・・・

初めは、不満を言っていてもやってみると有休をとっている事で後ろめたさがなくなったり、不満も出なくなると、やりやすさを感じてくれるかもしれません。不満を持っていた人も、自分も有休をとって抜けられると思えば不満も出なくなります。それでも不満なら他の職場に行ってもらいましょう。勤務時間内で外出できる職場なんてよっぽどありませんが・・・

勤務時間外で外出する人やそうでない人は、しっかり有給の取得をしていますか?していないと逆に労働基準法に違反しませんか?
「業種、業態にかかわらず、また、正社員、パートタイム労働者などの区分なく、一定の要件を満たした全ての労働者に対して、年次有給休暇を与えなければなりません(労働基準法第39条)。」
私が働く職場では、有給休暇の最低限取得日数を設けられていて、有休をとらないと、自動的に勤務に組み込まれたり、取るよう促されます。

  • [6]
  • RO
  • 2018年4月10日(火) 14:34
  • 削除する

きっと勤務していない時間を、常勤換算の数字を加えていましたよね?それは不正になる為、有給休暇として対応したら常勤であれば数字は加えて良い事になっているので、改正は正しいと思います。
指導員加配加算等を取っていたとしたら、返還の対象にもなりますよ。

本来であれば、休憩中の行動を規制することはできません。休憩場がなく自ら利用者と同じ場所を選択して休憩をしているのであれば問題はないですが、利用者と同じ空間で休憩を取るように指示することは出来ません。
こちらの施設では、可能な限り別で取るように組んでいます。離れる事が出来ない場合は、昼食を食べていても勤務時間として扱っています。
そうなると1時間休憩を取れないので、勤務終了時間を1時間加えて書いてもらったり、早めに帰ってもらったりしているので決して法律を遵守している訳ではないです。職員からの不満は出にくいかなとは思いますが。

  • [7]
  • 悩める人
  • 2018年4月11日(水) 22:09
  • 削除する

色々なご意見ありがとうございます。

私は定員30名の小さな施設の事務員です。なので、施設長が言うことには逆らえませんが、おかしいと思うことはできるだけ伝えるようにしています。

今回、時間で有給休暇が取れるようにしたのも、理事長立ち会いのもと給与規程を見直していた時に、施設長が突然「早退したとき給料を引くという文言をなくしたい」と言い出したことがきっかけでした。常識的にもおかしいし、理事長も反対されました。色々話し合った結果、時間で有給休暇を取れるようにしようとなったのです。

しかし、施設長は納得してなかったようで、一人の職員が不満を訴えたことで、規程はあってもないものとすることにしたようです。
もうすでに、いいよいいよが続いています。もう諦めるしかないですね。

ですが、皆さんの意見を聞いて、自分がおかしい感覚を持っている訳ではないと分かり、気が楽になりました。
頂いたアドバイスを参考に、違う形でのアプローチを考えてみようと思います。

本当にありがとうございました。

無題

  • ユリーカ
  • 2018年4月9日(月) 7:45
  • 削除する

就労型Bは 雇用契約が無いため10万未満 それでも365日
通所して 月一回の年金支給日と合わせれば何とか暮らせますが
身内や両親亡き後は辛いでしょう ホームレスやドヤ街に住んで
集計を立てなければなりません これは本当に痛い話です
私の友人のYは毎日の様に ゲーセンや公営ギャンブル場に
来てはその日出会った仲間と意気投合している 一人の社長に
「会社 来ないか 連絡欲しいと」メモ迄渡され 「電話する」
と言うも 数か月経っても社長に連絡していないの事
つまり労に勤しめない奴だと私は思った 「あれから連絡は?」
と聞くと(社長に)「無い」の一言 私は同業他社の社長だった
ので私も存在が薄くなってしまった 上野でスカウトされちまえ
って感じでした

生活介護重度障害者支援加算について

  • 茶太郎
  • 2018年4月8日(日) 6:29
  • 削除する

体制届の作成に追われている中で、標題の加算の様式に強度行動障害支援者研修修了者の勤務状況を「常勤換算で記入」と書かれてきました。
常勤換算1以上等配置の義務はあるのでしょうか?

  • [1]
  • スター★
  • 2018年4月8日(日) 13:55
  • 削除する

「1日を通じて配置」だと思います。

  • [2]
  • RO
  • 2018年4月9日(月) 17:12
  • 削除する

近い質問を市町村に問い合わせたところ、該当職員が1日4時間程度、常勤換算数で0.5~1.0は必要と回答をもらいました。
記載は見当たらない為、当市町村の判断の可能性も高いです。

平成30年度基準該当放課後等デイサービスの改定内容について

  • 新人障がい福祉マン
  • 2018年4月7日(土) 22:49
  • 削除する

初めて投稿させていただきます。

私は今年から初めて通所介護施設で併せて基準該当放課後等デイサービスを運営している施設勤務になった者です。

平成30年度の報酬改定で新たに放課後等デイサービスの基準該当の算定コードができ、いろいろ調べていたところなのですが)基準該当放課後等デイサービス給付費(I)と(II)の違いについて教えていただけませんでしょうか。また、算定対象となる加算についても分かる方がいられましたら大変申し訳ございませんが併せてご享受願います。

根拠となる資料をインターネットで調べても見つけ出すことができずよく理解できないでおります。何卒宜しくお願いいたします。

  • [2]
  • 請求担当H
  • 2018年4月9日(月) 12:52
  • 削除する

報酬告示に記載があるようです。


6 ロ、ハの⑵、ニの⑵又はホの⑴㈡若しくは⑵㈡に係る放課後等デイサービス給付費の算定に当たって、営業時間(指定放課後等デイサービス事業所、共生型放課後等デイサービス事業所又は基準該当放課後等デイサービス事業所(指定通所基準第71条の6において準用する指定通所基準第54条の10から第54条の12までの規定による基準該当放課後等デイサービス事業所(以下「みなし基準該当放課後等デイサービス事業所という。)を除く。以下「指定放課後等デイサービス事業所等」という。)の場合には指定通所基準第71条、第71条の2又は第71条の6において準用する指定通所基準第37条に規定する運営規程に定める営業時間を、みなし基準該当放課後等デイサービス事業所の場合にはこれに準ずるものをいう。)が、別に厚生労働大臣が定める基準に該当する場合には、所定単位数に別に厚生労働大臣が定める割合を乗じて得た数を算定する。

www.fukushisoft.co.jp/help2/2748/