障がい者自立支援

障がい者自立支援法に係る事務や利用者への対応事例、法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

医療行為について

  • ハル
  • 2003年9月10日(水) 23:42
  • 削除する

はじめまして。ヘルパーの事業所を開いて8ヶ月の新米です。
ご意見を聞かせてください。

頚椎損傷の障害のある利用者の方にヘルパーを派遣してます。褥瘡が気になる方ですが、担当していた事業所からの引継ぎで「褥瘡の手当て」があり消毒・ワセリン軟膏塗布・ガーゼ交換をしています。湿潤液も出てよくなったり悪くなったりの状態です。
56歳になる方で受傷されて30年。妻は働いてます。週1回訪問看護を利用されていますがヘルパーが手当てを担当するに至った経緯は支援側では分かっていないようです。訪問看護婦さんに尋ねてみると、本人の要望にヘルパーが快く応じているんだと思っているということでした。

障害者の自立や自己決定という視点で言えば、このまま感染させない配慮の下に続けて行くことがいいのかなと思っていますが、つめきりや湿布貼りレベルでない「医療行為」というのに不安があります。本人には本来医療行為であることはお伝えしてます。
主治医とも連絡をとる予定です。これまでも来ような問題がありましたが、事を荒立てないでヘルパーの好意の延長でやってくれという態度が医療サイドにはありました。利用者のことを思えばこのまま続けて行きたいのですが、ヘルパーへのリスクも考えなくてはとも思ってます。

ご意見をお聞かせください。

  • [1]
  • くぼたん@支援費担当
  • 2003年9月10日(水) 15:32
  • 削除する

ヘルパーによる医療行為を全否定はしませんが・・・

>障害者の自立や自己決定という視点で言えば、このまま感染させない配慮の下に続けて行くことがいいのかなと思っていますが、

ヘルパーが医療行為を行うことと障害者の自立や自己決定がどのように関連つけられるのか今一つわからないのですが(本人が医療スタッフによる治療を拒否しているとかの理由がある?)、至極単純に考えて湿潤が出て、細菌感染に注意しなければならない状態の方の手当をヘルパーが行うというのは、ヘルパーにとっても、本人にとってもリスクが高いような気がします。

>主治医とも連絡をとる予定です。これまでも来ような問題がありましたが、事を荒立てないでヘルパーの好意の延長でやってくれという態度が医療サイドにはありました。

結果責任は医療サイドがきちんと負うのでしょうか?ヘルパーが責任を問われることはないと言い切れますか?好意であっても事故がおきれば責任は問われます。ちなみに事を荒立てると治療にきてくれなくなるのでしょうか?それはそれで問題かと。

>利用者のことを思えばこのまま続けて行きたいのですが

利用者のことを考えれば、このままなし崩しに続けるよりは一度利用者および医師等とリスク管理について話し合う必要があると思います。ましてや褥瘡の状態が安定しないというのであれば短期間でも入院加療が必要なのではないでしょうか。

以上です。

  • [2]
  • ハル
  • 2003年9月10日(水) 16:28
  • 削除する

早速のご意見有難うございました。

《障害者の自立や自己決定について》

「自分の指示通りに動いてもらった結果、悪い状態になっても自らが責任を負う。それが自己決定である。」ということをIL運動をやっている当事者から聞いたことがあります。あらゆることにそれが通じるかといえばそうは思いませんが、一理はあると思ってます。「医療も介護も責任取れないなら自分が取る。」もありかなということです。
この方の場合、週に2回訪問看護を利用していたようですが利用料金が高くなってからは週1回になったようです。「自己決定」などということを考えたわけでなく安易に「じゃヘルパーに」となったことは想像つきます。だからこそ、どこの事業所も触れなかった「医療行為」についてお話させてもらいました。

《医療が責任を持つか》

医師の指示書を頂き、「責任は医療側が持ちますので指導のもとにやって下さい」という同意のうえでやるのがベストで、それを目指したいと思ってます。
ただ、とても悩むのは誰も責任もてないので知りませんよって言われた時の利用者にどう対応するのがいいのかなということです。

  • [3]
  • くぼたん@支援費担当
  • 2003年9月10日(水) 17:35
  • 削除する

>「医療も介護も責任取れないなら自分が取る。」もありかなということです。

でも現実には関係者の責任は問われるわけで、減刑の勘案にはなったとしても承諾があることが免責には即ならないということにはどのような対応が考えられましょうか?私はこと医療に関してはちょっと危険なのかなと思います。それにこの分野での自己責任を求めることは当事者にとっても酷なことだと思います。

>医師の指示書を頂き、「責任は医療側が持ちますので指導のもとにやって下さい」という同意のうえでやるのがベストで

現行法規の範疇では、医療資格のない者に医師が指示書を出すとは非常に考えにくいです。現実に医療が責任持つとは思えないですし、仮に持ったとしても違法性の阻却事由にはならないでしょう。

>ただ、とても悩むのは誰も責任もてないので知りませんよって言われた時の利用者にどう対応するのがいいのかなということです。

確かにそうですね。訪問看護等医療系サービスをもっと低廉な価格で利用できるシステム作りが急がれると思います。また、ヘルパーに対して医療系サービスの講習を受けてもらうことのできるシステム作りも検討される必要はあるでしょう。

  • [4]
  • おとくなSW
  • 2003年9月10日(水) 23:42
  • 削除する

この問題、実は私も問うてみたかった問題なのです。国の今後の方針が不明確な中で、地域支援の中で(実は先日のケアマネジメント研修の中の報告の中にもあったのですが)、ほかに対応する手立てがないから、グレーなケースに対して吸引などを家族との信頼関係で、医療職でない人がやっちゃっているんだということが自慢げに報告されていました。やっちゃった!では何もすすまないと思います。宮城県のように養護学校の隣に訪問看護ステーションを作って養護学校での医療行為を実現し、現在の学校内の看護婦導入に結びつけたように施策にしていくためにどう知恵を絞るかということが大事かと思います。看護婦資格を持つヘルパーには医療行為をやれるように自治体が、看護婦協会や医師会、厚生労働省と交渉して試行的地域での実践をやってもよいのではと思っています。これは短期入所でもついてまわる問題で、早急になんらかの対応方針を作ってほしいものです。先日、苦しくなったら自分で在宅酸素のチューブを装着できる知的障害者の短期入所について、ある公立施設に問い合わせたら、それは医療行為だから面接もできないねという返事でした。その家は90歳を越える祖母と、70歳の母と、障害者の3人世帯なのです。一言で片付ける問題ではないと思うのです。少し論点がずれたかもしれませんが、なんとかできないのでしょうか?信頼関係はなにをおいても大事なのですが、それだけでなんでもできるというのは危険なのです。ただ、医療サイドも保険の関係で入院期間は短めにという姿勢が強く、障害者(特に知的や自閉、重心)を受けたがらない姿勢も強く、あてにしがたい状況もあります。単純に入院で対応ということもできません。まとまりませんが、とりあえず・・・・。

  • [5]
  • ハル
  • 2003年9月11日(木) 2:10
  • 削除する

この問題を投げかけたときから、今の状況では責任取れないってしり込みする支援者の姿しか思い浮かべることができず、利用者とどう向き合うか悩むのです。

今後の課題は見えますが、今まで信頼関係を崩したくない、あるいは単純に困っている人を見捨てられないということから安定した状態が保たれているわけでして‥。また頚椎損傷の方の床ずれに対する恐怖心は並でないこともわかっていて、NOと単純に言えないのです。

医療的ケアのいる方の深刻な問題ですよね。

No_Title

  • かかし
  • 2003年9月9日(火) 19:18
  • 削除する

お尋ねします。
施設入所者の方の収入の対象となるものについてですが、
扶養共済年金については、収入の対象になりますか?

  • [1]
  • 担当者
  • 2003年9月10日(水) 13:06
  • 削除する

 心身障害者扶養共済制度による給付金は社会通念上収入として認定しないとされています。

厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課長通知「指定居宅支援等に係る利用者負担の額の算定に関する基準の制定に伴う取扱細則について」(平成15年3月25日付け障障発第0325001号)1(3)参照

利用者負担額管理表

  • コスモス
  • 2003年9月9日(火) 14:08
  • 削除する

利用者負担上限額に達しなかった月の管理表は、利用者がそのまま保管してれば良いのでしょうか?

  • [1]
  • 通りすがりの人
  • 2003年9月11日(木) 8:03
  • 削除する

おみこみのとおりです。

定点自治体会議

  • 某県担当
  • 2003年9月9日(火) 13:36
  • 削除する

 定点自治体会議(裏でないやつ)が10月2日に厚労省内で開催されます。会場の都合により出席者1名までとなっており、一般の傍聴が可能かどうかはわかりません。

他市町村の支援サービス感想

  • 2003年9月8日(月) 22:57
  • 削除する

隣の芝生は青いといいますか。他市町村の居宅サービスは、特に児童デイサービス。1カ月全日開所している。最高25日利用できる方が数人いるらしい。
母親が働いていてもそうでなくても、あくまでも家族支援なので・・ということで利用できる。市町村も理解があるなあ。予算無いのでサービスつけられないといわれている我が家とは少しちがうのね。必要なのだけど。「もともと無くても頑張ってこれたのでしょう。」と。そりゃあお金や人手がたくさんかかって申し訳ない気持ちいつもあるのですけど、私の希望は、温泉の入浴サービス男湯へ連れて行って欲しい。今日聞いた市町村はOKですってもちろん事業所もね。デイサービスのメニューも無くて1人でいたい子はそっとしておきます。とのこと。でも土日家にばかりいて誰も交流できる人がいないのでが理由なのだそう??本人の気持ちのよいように1人にスタッフ1人 いいなあ。

いつも掲示板の記事は拝見させていただいております。
現在、登録ヘルパーで支援費での家事援助や移動介護
などに行っております。介護保険法での訪問介護も
別々の事業所でヘルパーもしておりますが。
8月に全身性や視覚障害のガイドヘルパーを
講習を受けていて、サービス提供時間の延長があった
場合、介護保険と支援費と解釈が違うということで
講師から習いました。
たとえば、1時間のサービス提供が、実際、1時間1分で
終わった場合、介護保険では、1時間とつけるそうですが、
支援費では、1時間30分とつけるということです。
本当にそうなんでしょうか?
サービス提供時間の延長についての解釈について
記入されているURLがあれば教えて下さい。
いくら制度が違うにしろ、現場のヘルパーにしたら、
講師の話は矛盾しているように思えるのですが。

  • [1]
  • くぼたん@支援費担当  
  • 2003年9月8日(月) 22:43
  • 削除する

>たとえば、1時間のサービス提供が、実際、1時間1分で
終わった場合、介護保険では、1時間とつけるそうですが、
支援費では、1時間30分とつけるということです。

結果的にそうなる場合はあります。支援費は計画時間で請求しますので、計画が1時間であれば1時間半かかろうが、2時間かかろうが1時間分しか請求できないという建前があります。一方、そのような場合には利用者の了解を得て(重要)計画変更することにより結果として提供時間分の額を受け取るということはありえます。

ちなみに1時間1分であれば確かに1時間30分までの単価になりますが、利用者に自己負担があればその負担も増えます。そのあたりを十分吟味の上慎重に対応されることをおすすめします。ちなみに国通知においては支給決定が30分単位でなされていることを踏まえた計画作りを求めております。30分以外がだめとは言えませんが。

  • [2]
  • かもめ
  • 2003年9月8日(月) 22:49
  • 削除する

いえ、支援費制度でも、「実際に要した時間により算定されるのではなく、当該居宅介護計画に基づいて行われるべき指定居宅介護等に要する時間に基づき算定され」ます。
 つまり、1時間の計画で、実際1時間1分かかった場合も、1時間で算定します。

http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/150523-j.pdf
この3/24部長通知の2ページ目から3ページ目にかけて記載があります。

 なお、利用者と事業者の合意による計画変更は、契約量の範囲内であれば可能です。
 契約量を超える範囲であれば、契約の変更が必要ですが、もともとの決定支給量に余裕がある場合に限られます。(支給量も超えるなら市町村に支給量変更申請して認められる必要があります)

  • [3]
  • N*T3
  • 2003年9月12日(金) 2:31
  • 削除する

くぼたん@支援費担当さん、かもめ さん

ありがとうございました。
支援計画は私はタッチしていませんが、
ガイドヘルパーの養成講座の講師が
質問のことをいってました。
実際、支援費での居宅介護に入っていると
時間の延長はありました。
その辺は事務長がしていると思います。
実際に一分というような延長はないでしょうが、
10分とか13分とかご利用者の方、特に
児童の場合は計画どおり行かない方が
多いです。
講師もなんかよく分からないことが多いようです。
今後とも宜しくご指導のほどをお願いいたします。

韓国人留学生のヘルパーについて

  • CL居宅介護事業所
  • 2003年9月8日(月) 14:57
  • 削除する

韓国の留学生からこんな問い合わせがありました。

介助をしたいのですが今日本ではホームヘルパー
資格をとらない人は介助が出来ないと聞きました。
ぜんぜん出来ませんか?
私は韓国で障害者福祉を勉強して大学院で特殊教育を専攻するほど障害者に関心を持っています。今も障害福祉の勉強のために日本へ来て大学院で研究生をしています。
又、私は韓国の社会福祉士1級資格を取っているし、障害者職業相談士2級資格も持っています。
このような場合でも全然介助が出来ませんか?
もし出来ないときはどうしたらいいですか?日本において介助が出来る方法を教えてくださいませんか?
お願いします。


上記、どなたかご存知の方がいましたらご教授いただければと思います。

  • [1]
  • かもめ
  • 2003年9月8日(月) 22:30
  • 削除する

 支援費支給の対象となるホームヘルプサービスを行うにはヘルパー資格が必要ですが、例えば、ボランティアなどで行う分には資格は特に要らないと思います。
 その方は、プロのヘルパーとして働きたいということなんでしょうか。
 もし、支援費対象のホームヘルプサービスを行いたいという場合は、やはりヘルパー研修を受講し修了するという道が確実だと思います。受講には特に国籍は関係ないはずです。

ガイドヘルプって国の制度ではないの。

  • 市境の事業者
  • 2003年9月7日(日) 21:47
  • 削除する

市境にあるガイドヘルプ事業者です。

 ある日、A市の知的障害者のお客さんから依頼があり映画館へのガイドをしました。別の日、B市の知的障害者のお客さんから依頼があり映画館へのガイドをしました。ところが、A市からは全ての時間をガイドヘルプとして認められたのに、B市からは映画上映の時間を除かれた時間を認められました。
 国の制度なのにこんなことがあるのでしょうか。

  • [1]
  • 酔太郎
  • 2003年9月8日(月) 8:53
  • 削除する

 国の制度ではありますが、実態としてそう言ったことはありえると思います。私の住んでいる地域では映画鑑賞が余暇活動や社会参加としてガイドヘルプが認められるかどうかも疑問です。
 これは厚生労働省が居宅介護に関して具体的にどのような場合が算定するとか算定しないとを示さないこととし、各自治体の判断に任せると説明しているからおこる現象です。
 事業者としてはA・B市に事前に問い合わせるしか方法がないのが現状だと思います。

  • [2]
  • かもめ
  • 2003年9月8日(月) 22:17
  • 削除する

 そうですね。自治体の裁量の部分が多い制度なので、隣り合った市町村でも対応が違うということは実態としてありますよね。

 映画館での上映時間についてですが、通院の際の診療中の待ち時間や更正相談所での待ち時間は支援費に算定できるとされていることから、算定できる余地がないわけではないと思います。
 しかし、なんでもというわけでなく、映画館での上映中も横に付き添っている必要性があるかどうかというところでの判断だと思います。(→このようなところが、市町村により判断が違うでしょうね)

 あと、余暇活動として映画鑑賞は特に問題ないと思っていましたが、酔太郎さんのところの市町村では、それも厳しいんですね。
 やはり、市町村によって判断が違いますよね。

  • [3]
  • 酔太郎
  • 2003年9月10日(水) 9:20
  • 削除する

 映画鑑賞について、言葉が足りなかったので、補足説明します。私たちの市では映画鑑賞自体は支援費の対象となります(映画の内容が適切かどうかは事業者の判断になりますが。あまり適切でない映画はどうかと思いますが。)。ただし、頻度が問題になるようです。月に何回(何十回)もになると市の担当者は認めてくれません。あと、近隣の市町村の状況では映画干渉自体が支援費の対象になるかはまちまちと聞いています。
 制度の趣旨とは違いますが、いまだに公的行事等への出席にしか移動介護を認めていない県内の市もあると聞いています。田舎の県なので保守的なのかな?

  • [4]
  • 市境の事業者
  • 2003年9月11日(木) 23:42
  • 削除する

酔太郎さんとかもめさんへ

ご意見ありがとうございました。
参考になりました。

通院介助

  • 新参者
  • 2003年9月5日(金) 13:59
  • 削除する

こんにちは
支援費の居宅介護事業所をしています。通院介助 移動介助 などは皆さんどうしてますか 介護保険だと介護タクシ-が有りますが 支援費は白タクでも良いんですかね。教えてください

  • [1]
  • 元CW
  • 2003年9月6日(土) 16:26
  • 削除する

 この件については、地域によって行政(国土交通省・都道府県等)の対応が異なるような情報もありますが・・・
 私が知る限り、これまでの厚生労働省の対応は、「支援費は白タクでも良い」というのではなく、「実際の介護時間(車中の見守り等を含めて)について身体介護または移動介護で算定可能」と言っているだけのように思います。したがって、ヘルパー兼運転手のみで対応する場合には、運転中は介護等の時間にカウントできない(道路運送法上の許可の有無は直接的には関係ない)、ということになるかと。また、いわゆる介護タクシー事業だけでは指定事業者になれない(市町村の判断により基準該当サービスと認められる可能性はある)ようです。
 介護タクシー等に関するQ&Aは下記リンクの下の方にあります。 http://www.mhlw.go.jp/general/seido/syakai/sienhi/030305/6a.html

 一方、国土交通省としては、「白タクは介護保険でも支援費でも違法」というスタンスは変わりないと思いますが、ヘルパー業務が主体の事業者に対しては、ただちに強行に規制するというよりも、NPO法人等による移送特区の状況などを見ながら、今後の対応を検討しているように思います。
 こちらの問題については、「移送サービスについて考える」サイトがあります。なんでしたら、下記リンクの掲示板に質問されては?
 http://www010.upp.so-net.ne.jp/taxi-kangaeru/

 ところで、実際の現場(市町村職員等)の情報については、本日、くぼたん@支援費担当 さんの呼びかけで「裏定点会議」が開催されているはずですので、ひょっとしたら、この手の話題が出ているかもしれませんね。(それ以外の山積みの問題に押されて出てないような気もしますが。)

  • [2]
  • くぼたん@支援費担当  
  • 2003年9月6日(土) 19:55
  • 削除する

裏定点・・・

諸般の事情により延期しました。
詳細決まりましたらまたお知らせしようかと思います。

  • [3]
  • 元CW
  • 2003年9月7日(日) 22:24
  • 削除する

くぼたんさん、裏定点、残念でした。お世話様です。
新参者さん、白タクの可否についても、やはり行政によって異なるそうです。(上記の「移送サービスについて考える」サイトの情報)

  • [4]
  • かもめ
  • 2003年9月7日(日) 23:04
  • 削除する

 白タクでいいかどうかを判断するのは国土交通省です。
 しかし、この件に関し、厚生労働省としてはどう考えるのか、明確にして国土交通省と折衝していただきたいものです。
 必要ならば制度改正も含めて働きかけていただきたい。それをするのが、厚生労働省の役目だと思います。
 本来、自治体でどうこういう問題ではないと思います。

 しかし、現状ではこの辺が曖昧です。よって、行政によって対応が異なるということになるのでしょう。

  • [5]
  • 新参者
  • 2003年9月8日(月) 8:56
  • 削除する

ありがとうございます
いちおう 市町村がメインになるので 白タクなんてあんのかな~とは おもってましたが こちらは 結構きびしいとおもってますので あ~あ

通院介助

  • 新参者
  • 2003年9月5日(金) 13:38
  • 削除する

こんにちは
支援費の居宅介護事業所をしています。通院介助 移動介助 などは皆さんどうしてますか 介護保険だと介護タクシ-が有りますが 支援費は白タクでも良いんですかね。教えてください