障がい者自立支援

障がい者自立支援法に係る事務や利用者への対応事例、法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

介護保険非該当者の支援費制度利用について

  • 新米の某町担当
  • 2003年10月31日(金) 10:34
  • 削除する

介護保険で非該当(身体障害者等)になった場合、支援費制度利用はどう対処するんですか。非該当者に通常どおり申請し支給決定しているんでしょうか。どなたか、教えてください。

  • [1]
  • 元CW
  • 2003年11月4日(火) 23:39
  • 削除する

障害の状況等により必要な場合には、支給可能と思います。
<参考過去ログ>
http://www.wel.ne.jp/staff/welfare/cgi-bin/sien_log/wforum.cgi?mode&eq;allread&no&eq;219...

余談ですが、書き込みの後に、ブラウザの「更新」や「戻る」をクリックすると、書き込みがダブったりするようです(改良予定とも聞いていますが)。

介護保険非該当者の支援費制度利用について

  • 新米の某町担当
  • 2003年10月31日(金) 10:33
  • 削除する

介護保険で非該当(身体障害者等)になった場合、支援費制度利用はどう対処するんですか。非該当者に通常どおり申請し支給決定しているんでしょうか。どなたか、教えてください。

介護保険非該当者の支援費制度利用について

  • 新米の某町担当
  • 2003年10月31日(金) 10:33
  • 削除する

介護保険で非該当(身体障害者等)になった場合、支援費制度利用はどう対処するんですか。非該当者に通常どおり申請し支給決定しているんでしょうか。どなたか、教えてください。

契約の更新について(支援費)

  • 施設Aの支援員
  • 2003年10月30日(木) 20:22
  • 削除する

身障療護施設でデイサービスをしている所の者です。施設の皆様にお聞きしたいのですが、契約の更新はどのようにされていますか。私は最近になり知ったのですが、契約期間というのは居宅受給者証の支給期間に記載されている期間内でしかできないと市の高齢障害福祉課の職員に言われました。利用者の誕生月の末日に支給期間は設定されており一度に更新手続きが集中しないようになっているそうです。ウチの施設の利用者は全員この4月1日から1年間にしてしまいました。今月で支給期間が切れる利用者がおられて始めてそのことに気が付いて今ごろになって市の職員もそんなこと言い出したのです。そこで
①期間が切れれば一旦契約を終了し、新たに契約すればよいのでしょうが半年前にしたばかりなのにもう再契約なんて事務がばからしいと思いませんか。
②特に変更がない場合は自動更新にしているっといった施設はございませんか。あるとすれば契約書にその旨を一文記載しているのでしょうか。
③面倒でも再契約書を交わしているという施設では再度、保護者に来園してもらって契約されているのでしょうか。本人が自己判断できる人ならば利用する日に作成できますが、家族が代理署名するときはそうもいきません。
④わざわざ来園してもらわなくても署名・捺印の箇所だけ渡してやっといてもらうのでもよいと思うのですが。
⑤なんともものぐさな奴とも思われるでしょうが、この忙しい時に毎回同じことをわざわざ来園してもらってわずか半年、1年で再契約するなんてほんとに無駄。なんとかよい知恵をお持ちの施設の方はいらっしゃいませんでしょうか。

  • [1]
  • wedge
  • 2003年10月31日(金) 10:41
  • 削除する

 確かに支援決定が契約の前提となっていますから、「契約期間というのは居宅受給者証の支給期間に記載されている期間内でしかできない」というのも一部理由がありますが、契約上で支給決定を受けていることを解除条件とすれば、支給期間に契約期間を一致させる必要はないと考えます。
 所管部局に法的有効性と契約内容指導範囲について明確に区分して検討・確認したのか問い合わせしてみては。
 また、支援決定機関の指導で自動更新条項の設定は禁止・回避するようにされているのかについても問い合わせてみてはどうですか。

  • [2]
  • 施設Aの支援員
  • 2003年11月1日(土) 8:18
  • 削除する

早速のご回答ありがとうございます。
この件に関しては上司とも相談し、よく検討いたします。市が言うように再契約書を交わさなければならないような気がしているのですが・・・。自動更新できれば本当にいいんですがね。ありがとうございました。
尚、同じ質問が2重に掲載されて申し訳ありません。こういう書き込みをするのは初めてだったので間違えてしまいました。気をつけます。

  • [3]
  • 社会福祉士
  • 2003年11月4日(火) 21:08
  • 削除する

 「この契約期間は○年○月○日から△年△月△日までです。ただし、契約期間満了日以前に利用者が障害程度区分の変更を受け、支給有効期間の満了日が更新された場合には、変更後の有効期間の満了日をもって、契約期間の満了日とします.」と私どもはうたっております。利用者が期間をあけないで引き続き当事業所に支給決定されるならばそのまま契約期間は延期されるものと考えております。だから、契約更新様式は考えていないのですが。
いかがでしょうか?
 当局への問い合わせについてですが、こたえてくださる機関がもしあれば私も伺いたいくらいです。

契約の更新について(支援費)

  • 施設Aの支援員
  • 2003年10月30日(木) 20:17
  • 削除する

身障療護施設でデイサービスをしている所の者です。施設の皆様にお聞きしたいのですが、契約の更新はどのようにされていますか。私は最近になり知ったのですが、契約期間というのは居宅受給者証の支給期間に記載されている期間内でしかできないと市の高齢障害福祉課の職員に言われました。利用者の誕生月の末日に支給期間は設定されており一度に更新手続きが集中しないようになっているそうです。ウチの施設の利用者は全員この4月1日から1年間にしてしまいました。今月で支給期間が切れる利用者がおられて始めてそのことに気が付いて今ごろになって市の職員もそんなこと言い出したのです。そこで
①期間が切れれば一旦契約を終了し、新たに契約すればよいのでしょうが半年前にしたばかりなのにもう再契約なんて事務がばからしいと思いませんか。
②特に変更がない場合は自動更新にしているっといった施設はございませんか。あるとすれば契約書にその旨を一文記載しているのでしょうか。
③面倒でも再契約書を交わしているという施設では再度、保護者に来園してもらって契約されているのでしょうか。本人が自己判断できる人ならば利用する日に作成できますが、家族が代理署名するときはそうもいきません。
④わざわざ来園してもらわなくても署名・捺印の箇所だけ渡してやっといてもらうのでもよいと思うのですが。
⑤なんともものぐさな奴とも思われるでしょうが、この忙しい時に毎回同じことをわざわざ来園してもらってわずか半年、1年で再契約するなんてほんとに無駄。なんとかよい知恵をお持ちの施設の方はいらっしゃいませんでしょうか。

ガイヘルの通院介助の内容について

  • tomorrow
  • 2003年10月29日(水) 22:35
  • 削除する

 知的障害のある方にガイドヘルプによって通院介助はどこまで
できるのでしょうか。
 移動介護の身体介護付きで対応するとも見かけたのですが、移動の
付き添いに加えて、医師の診断内容を家族に代わって聞いて家族へ
伝えるといったことまで行ってもらえるのでしょうか。それとも
あくまでも外出時の付き添いと直接的な介助に限定されるので
しょうか。
 具体例として、知的障害のある方が急に歯が痛い・耳が痛いなど
なって歯科や耳鼻科に診てもらいたいが、家族は都合でなかなか本人
の付き添いができない場合、どのようにしたらよいでしょうか。
 ヘルパーサービスには特に疎くてすみません。ご教示お願いいたし
ます。

  • [1]
  • じゅんじゅん
  • 2003年10月30日(木) 15:47
  • 削除する


先日、このコーナーで出ていた


厚生労働省のホームページ、
10月14日に行われた、国の「障害者(児)の地域生活支援の在り方に関する検討会」(第9回)資料
 
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/10/s1014-5.html

によると
通院時の介護内容として
「支払いの補助」「文書などの説明」
「症状を医師に伝えるといった行為等の補助」「見守り・助言」が想定されています。

  • [2]
  • tomorrow
  • 2003年10月30日(木) 22:27
  • 削除する

 早速ソースを確認できました。ありがとうございました。
 実際に利用できるといいだろうなあという方がいるので、活用
できるように検討していきたいと思います。

交通事故で障害に

  • おっす
  • 2003年10月29日(水) 11:41
  • 削除する

 交通事故で身体障害者になった人がいるんですが、まだ示談の最中で。
 この事故が原因で車椅子が必要になり、住宅の改造も必要になったんですが、これらの費用は、事故の相手方が出すものなのか、補装具の交付や住宅改造費の助成制度など行政が出すべきなのか、どっちなんでしょう?

  • [1]
  • ひろみん
  • 2003年10月29日(水) 21:49
  • 削除する

自賠責だと100万円ちょっとの保障額しかないのですが、保険会社によって保障期間や額が違いますので、保険会社に尋ねられたほうがいいと思います。
示談が終了してしまうと、行政のサービスを利用する事になると思いますが・・・

  • [2]
  • くぼたん@支援費担当
  • 2003年10月29日(水) 23:54
  • 削除する

身体障害者福祉法は保険法ではありませんので不法行為および第3者行為による給付調整は原則としてありません。障害の原因は問いませんので、事故でも給付可ですし、自殺未遂でも給付されます(ちなみに医療保険等は先の理由の場合給付制限があります)
ただ、労災については労災が優先と規定がありますのでそちらを使うことになります。

介護保険対象者が障害施策を使うとき

  • おれんじ
  • 2003年10月29日(水) 10:30
  • 削除する

 介護保険をめいっぱい利用している要介護度5の全身性障害者の方が、ホームヘルプがもっと必要だから支援費で何とかして欲しいといっています。客観的に見ても必要だと思います。
 ところが、これまで、介護保険の枠の中でなんとかサービス提供するために、「ショートを増やしてヘルプを減らす」ことで対応してきたためヘルプの単位が全体の半分以下になってしまっており、支援費は利用できない状況です。
 介護保険で何とかしようと思えば思うほど支援費が利用できなくなるなんて…どうすればいいんでしょうか?

  • [1]
  • ひろみん
  • 2003年10月29日(水) 21:46
  • 削除する

ヘルパーを減らす事で、ケアプランのニーズにあったサービスが提供されているのでしょうか?
再度、モニタリングを行なってはいかがですか?

  • [2]
  • 元CW
  • 2003年10月29日(水) 22:52
  • 削除する

ひろみん さん のご主旨と同じようなことですが、制度を意識せずに本来必要なサービスについて再アセスメント(という言葉でよいのでしょうか?)されてみては、いかがでしょうか。その結果、ホームヘルプの比率が「概ね5割以上」になるかもしれないし。
なお、H12.3.4障企第16号・障障第8号では、短期入所サービスについて障害者施策を利用することについても全く道を閉ざしているわけではないように思いますが、これは市町村に確認された方がよいでしょうね。

  • [3]
  • くぼたん@支援費担当
  • 2003年10月30日(木) 0:02
  • 削除する

介護保険受給者である事を理由として無条件に障害者施策が使えないということは全サービスにおいてありません。
介護保険で受ける事のできるサービスの範囲において障害者施策の適用がないだけです。ただ、短期入所については介護保健施設のほうがはるかに充実していますので、実態として障害者施策を使ってということは少ないかもしれません。

  • [4]
  • 某自治体支援費担当
  • 2003年11月11日(火) 16:11
  • 削除する

「介護保険制度と障害者施策との適用関係等について」(平成12年3月24日)通知をみれば障害者施策を利用するには二つ条件があるように思われます。全身性障害者でしたら日常生活支援を利用されたいのでしょうから。

ヘルパーによるALS患者の痰吸引

  • おれんじ
  • 2003年10月28日(火) 18:41
  • 削除する

 国の検討会の報告を受けて(市の職員から教えてもらった)、各ホームヘルプ事業所が対応してくれるものと思っていたのですが、実際にはどこの事業所も引き受けてはくれず困っています。介護者が買い物等で長時間離れる時に障害の日常生活支援でヘルパーに入ってもらうつもりだったのに。
 事業所は日常生活支援自体はいいけれども痰の吸引はできないといいます。
 この痰の吸引はどういう扱いになるんでしょうか?
 本当にヘルパーができるようになったんでしょうか?

  • [1]
  • おれんじ
  • 2003年10月28日(火) 19:09
  • 削除する

 ネットでいろいろ調べていると、どうやら痰吸引は業務外らしいいんですが、いつそんな通知がでたんでしょうか?

  • [2]
  • おれんじ
  • 2003年10月28日(火) 19:14
  • 削除する

 又、ヘルパーが痰の吸引をしてくれるには、どうすればいいんでしょうか?事業所はどんな体制をしけばいいのでしょうか?

  • [3]
  • 元CW
  • 2003年10月29日(水) 22:40
  • 削除する

やっと見つけました。容認については、この通知ですね。

ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の在宅療養の支援について
http://www.wam.go.jp/wamappl/bb01Mhlw.nsf/0/bb5930c8fc14a9e149256d67001aa792/$FILE/siryou.pdf

この件については、保健所の関与が重要になっていくかもしれません。

  • [4]
  • おれんじ
  • 2003年10月30日(木) 10:01
  • 削除する

 この通知を読むだけではよくわからないのですが、いろいろな記事を読むとやっぱり業務外の扱いのようですね。
 事業所の方は、ヘルパー業務中に業務外のボランティア活動がはさっまてもいいものなんでしょうか?
 制度外のサービスとして事業所がサービス提供してくれるとしたら、痰吸引によって事故がおきたときの事業所に対する保障はあるのでしょうか?

  • [5]
  • 元CW
  • 2003年10月30日(木) 22:30
  • 削除する

私は「本来の業務ではないが、業務の中で実施することも条件付きで黙認」と解釈しましたが。保健所の指導上の見解も聞きたいものです。
保障については、この件に限らず、保険加入等の対応はしておくべきでしょうね。

支援費に関する聞き取り調査について

  • よし
  • 2003年10月28日(火) 0:54
  • 削除する

今年度中にみなし決定となっている利用者の方々に関して、本決定へ向けて
各自治体の担当ワーカーの方々が、入れ替わりで施設を訪問され、「聞き取り
調査」を実施されておりますが、中には昨年秋から一連の手続きで未だに訪問
されることのないワーカーさんがおられます。問い合わせましたところ「一人
で80ケースを担当しており、施設を訪問する『暇』が無い」とおしゃって
おりました。施設入所されている利用者にとっての生活の現状を見ていただけ
ない事にさらにお願いをしましたところ、「見る必要があるんでしたら、行っ
てもいいですけどね・・・」との答えでした。
この掲示板の行政関係の方、実際のところいかがなものでしょうか?
私の考え、思いは間違っているのでしょうか?

  • [1]
  • 酔太郎
  • 2003年10月28日(火) 8:44
  • 削除する

 とんでもない話ですね。私のケースを担当しており、施設入所だと150人程度・在宅でも150人程度担当していますが、全員お会いしてお話なり、環境なりの調査をしましたよ。
 ただ、相当の時間を要するので支援費施行前に5ヶ月程度の調査期間は要しましたね。

  • [2]
  • よし
  • 2003年10月28日(火) 22:57
  • 削除する

このような状況に対して、受け入れ側施設は苦情を申し立てる事は
出来ないのでしょうか?利用者に関しては、受給者証発行に関して
異議申し立てが出来ましたよね・・・

各自治体、予算削減が深刻な状況・・・、地域移行と訴える支援費
ではありますが、とてもじゃないですが今以上に自治体単独の補助
金が削られたら、グループホームの経営(法人型)も儘ならぬ事態
となってきております。そこへ持ってきて、ワーカーさんからこの
様な発言を浴びせられるとガッカリですね・・・。

  • [3]
  • くぼたん@支援費担当
  • 2003年10月29日(水) 9:27
  • 削除する

苦情は申し立てることはできませんが、都道府県に苦情を言うくらいはできるかと。もし調査をしないで決定した場合、異議申し立てをすればかなりいい確率でひっくり返ると思われます。

自治体単独の補助金については、多くの自治体で限界と思われます。支援費関連予算が一般会計の一定割合を占める状況でなおかつ国等の補助金が期待できない昨今では今以上に削減は厳しくなるでしょう。
ただ、真面目にやっている所が割を食うのはどうかと思うので、「選別」という流れが加速するかもしれませんね・・・

  • [4]
  • くぼたん@支援費担当
  • 2003年10月29日(水) 13:29
  • 削除する

>苦情は申し立てることはできませんが

失礼。申し立てできないのは「不服」でございます。

  • [5]
  • よし
  • 2003年10月29日(水) 22:06
  • 削除する

いろいろとありがとうございます。出来る範囲で苦情を申し立ててみたいと思います。忙しいから・・・という理由で利用者の権利が簡単に取り扱われてしまうことにならないようにと思っております。