2015年3月2日、運営元が特定非営利活動法人ウェルへ移管されました。
[ご挨拶 ~ NPO法人ウェルへの運営移管にあたって ~ ]

障がい者自立支援

障がい者自立支援法に係る事務や利用者への対応事例、法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

いつも拝見させていただいております。
障害者のグループホームに入所中の65歳以上の方に対して介護保険の訪問リハビリは提供できるのでしょうか。

介護保険でのグループホーム入所中では原則、提供はできないとの認識でおりますが…

ご教示いただけますでしょうか。
調べても根拠となるものもなかったので、根拠もお示しいただけると幸いです。

施設外就労先との関係

  • ほたる
  • 2022年5月13日(金) 11:36
  • 削除する

 当方、B型事業所です。
 5年前から、施設外就労としてホテル清掃を週6で行っています。
 その間、ホテルとの間で様々あり、最近特に施設外就労先としてかなり後ろ向きな感じで、しかし頑張っている利用者も複数人いますし、続けてきました。
 この度、核となっている職員Aが夏に退職予定で、また最近別の施設外の話があり、これを機にホテル作業はやめるか、縮小する意向を支配人に話に行きました。
 Aが抜けた後のことを問われ、今までの数は受けられない、と答えました。
 すると、「うちとしては、お宅の言うことをかなり聞いてきたつもりだ、もう少し作業が欲しいと言われれば他を調整してでも作業を回したし、単価を上げてほしいと言われた時もその通りにした。そういう今までの配慮をわかっているのか」と言われました。
 本当はやめることも考えた、と言うと、(請負契約では、3か月以上前に書面で通知)「契約書はそうかもしれないが、そんなもんじゃない。契約だからハイやめます、って、じゃあうちの配慮は何だったんだってことになるよ」と言われ、結果的には、Aの退職前に具体的な作業量等を決めることで終わりました。
 
 確かに色々配慮を頂いたのは事実ですが、皆精一杯頑張ってきたのに、一方的に「困った時に助けてやっただろう、仕事をくれてやっただろう」と脅されているのかと思う位で、結局下に見ているのだと虚しく、また契約内容を蔑ろにされては、今後のことが思いやられ、憂鬱な気持ちが続いています。
 Aの後任の配置予定はなく、いずれ新しい施設外就労が軌道に乗れば、完全にホテルから撤退したいのですが、更に揉め事になった場合、間に入ってくれる第三者っているのでしょうか。市か、県に相談したらいいのか、法人間のこととして弁護士等になるのでしょうか。
 愚痴の範疇を出ないかもしれませんが、どう思われますか。

  • [1]
  • 〇×△□
  • 2022年5月13日(金) 12:06
  • 削除する

これまでの支配人さんの配慮にこちらからも配慮で答える、例えば、近くの別のB型事業所に代わりに作業をしてもらう道筋をつければ分かっていただけるのではないでしょうか。

  • [2]
  • ESG
  • 2022年5月13日(金) 14:44

悪いのは完全にB型事業所側ですね。
管理者を交代させたほうが良いと思います。

沖縄の本土復帰50年を迎えて

  • 名無し
  • 2022年5月12日(木) 14:27
  • 削除する

基地負担で苦しんでいる沖縄の方々を思いやる為、
日本から米軍基地を撤退させ自分の国は自分で守るべき。

その際、精神障害者限定で徴兵制を導入する。
つまり、仕事に就けない精神障害者、
人手不足の自衛隊とのマッチングである。

日本の国力が強くなり、
精神障害者の為の社会保障が削減されるから
こんな良い話は無い。

精神障害者は社会に甘えるのではなく、
沖縄の方への思いやりの心を持って欲しい。

施設外就労について

  • 2022年5月10日(火) 14:20
  • 削除する

就労A型施設外就労についてお尋ねします。
施設外就労先が施設とは別法人の一般会社になりますが、代表者は施設と同じ代表者になります。
つまり、施設外就労先との請負契約書は別法人になりますが、同じ代表者になります。
このようなケースは認められないのか、どのようにお考えになりますか

  • [1]
  • SC
  • 2022年5月12日(木) 13:20
  • 削除する

代表者が同じでも、別法人であれば問題ありません。

コロナ陽性者への支援

  • てんてん
  • 2022年5月10日(火) 13:28
  • 削除する

障がい者生活介護サービス事業所です。
利用者にコロナ陽性者が発生し、自宅療養している場合、
電話等で体調の確認等や家族への相談・支援等を行った場合は
報酬算定できるのでしょうか?
コロナで入院した場合は、報酬算定できないのはわかりますが、
自宅療養されている方については・・・。

よろしくお願いします

  • [1]
  • あん
  • 2022年5月10日(火) 14:41
  • 削除する

代替支援がありますが、運用が自治体によってけっこう違います。
制度そのものが生きているかどうかも自治体によります。
指定権者、所在自治体に確認してください。

  • [2]
  • ららら
  • 2022年5月11日(水) 16:43
  • 削除する

 
個別支援計画書に「コロナ感染時の在宅支援とその内容」の記載が必要でした。 

後からでも差し替えれました。

予測して全員分、別紙でも作っておいた方が良いのかも・・・

計画相談の計画作成日

  • わっと
  • 2022年5月7日(土) 18:28
  • 削除する

いつもお世話になっております。
おしえていただきたいのですが、
計画相談支援のモニタリングを終えて、
計画スタートから6カ月後のモニタリング後に放課後等デイの日数を増やす計画を立てています。
その時の計画案の計画案作成日は、今回の日付で良いのでしょうか?
もともと半年前に計画を立てているのですが、今回、変更で計画案を作った場合、半年前に立てた計画ではなく、今回、立て直した計画が生きてくるということでしょうか?
つまり、半年前に目標で1年などとしたものについては、今回からの計画になるという理解で良いでしょうか?

  • [1]
  • 相談員
  • 2022年5月9日(月) 10:15
  • 削除する

いえ、ちょっと違いますね。
日数増量などの軽微な変更は、「計画の立て直し」はしません。
よって、計画はそのままで、「モニタで日数変更(増量)」になります。

OJT

  • ぱんだ
  • 2022年5月5日(木) 23:27
  • 削除する

今年サビ管基礎研修を受ける予定ですが、みなさんの職場ではそのあとのOJTではどんなことをしていますか?
OJT期間は2人目のサビ管として配置されていますか?それとも支援員をしながらOJT期間を過ごしているのですか?

会社に聞いても、整備してるとだけ言われまだ答えがもらえず。

新しい職場なので、今までにOJTを受けたスタッフがいなくて、先輩スタッフに聞いても誰もわからない状態です。

みなさんのショクバの様子を教えてください。

措置入所について

  • 山田
  • 2022年5月3日(火) 14:47
  • 削除する

現在20歳の男性が措置入所されています。
10月末で措置が切れるのが決定しています。
市役所の障害福祉課の方がそれまでに入所できるグループホームを探しています。
ただ、本人の希望として地元、市内で生活したいというのがあるが市内にグループホームが少なく全て埋まっている。
当施設は既に定員に達しておりこれ以上の入所は出来ない。
この場合、どうすればいいのでしょうか?
本人の希望を受け入れず空いている所に入所してもらうのでしょうか?

就労支援B型事業所の平均工賃について

  • 福祉職員
  • 2022年5月2日(月) 9:01
  • 削除する

初めまして。
質問させて頂きます。
当方は就労支援B型事業所です。

平均工賃は、支払った工賃全額 割る 支払った合計人数ですが、週2回や短時間利用の方が増えるほど分母が増え、平均工賃が下がると思うのですが、その認識で合っておりますでしょうか?

週一回の定期通院や、他の通所事業所を利用されている方などは合計人数から除いていいようですが、ご本人の体調や希望の働き方の場合は除けないようです。
また、精神の方などは、体調不良の時期があり、長期間休まれることもあります。
これらの場合、事業所の努力で通所日数を増やすことも出来ません。

制度設計として、毎日来られない利用者は事業所の収入になりにくなっていると思います。

皆さまの事業所ではどのように、利用者の希望の働き方を受け入れ、赤字にならないよう経営されているのでしょうか?

お知恵を拝借できましたら幸いです。
よろしくお願い致します。

  • [1]
  • 水曜日
  • 2022年5月2日(月) 13:44
  • 削除する

同じく就労継続支援B型です。
一ヶ月に半日利用の方がいます。
利用について相談支援事業所も本人も特に問題にしていません。
平均工賃…厳しいです。

  • [2]
  • 福祉職員
  • 2022年5月2日(月) 20:50
  • 削除する

水曜日様

コメント頂き、ありがとうございます。
半日でも毎日利用してもらえるとまだいいですが、週2.3回の方が増えると痛手ですね。

やはり平均工賃は厳しいですね。

  • [3]
  • 水曜日
  • 2022年5月6日(金) 9:13
  • 削除する

どこの事業所さんも辛いところだと思いますが
B型は明確なお断り方法はありませんので
それを含めた平均工賃になります。
(通院や他事業所併用等でカウント除外もありますが)

がんばりましょう!

  • [4]
  • izukomo
  • 2022年5月10日(火) 18:51
  • 削除する

工賃アップを追求する事業所と、日数や工賃の少ない人を受け入れる「一律に評価する報酬体系」の事業所を分けて運営すればどうかな。

  • [5]
  • ぽぽ
  • 2022年5月11日(水) 13:54
  • 削除する

お疲れ様です。
精神の就継B型事業所を運営しています。

コロナ禍を機に、短時間利用がかなり増えました。
正直、利用者様にとっても体力的に楽ですし、一度安定させたペースを壊すことを嫌がる(変化を嫌う)傾向もあるので、結構な人数が現在も短時間利用になってしまっています。

平均工賃を意識し「週3日以上通所できないとお引き受けできません」と、ある程度の線引きをする事業所もあり、そこに乗ることが難しい人は通所先が見つからず、支援者から「なんとかならないか」とこちらにご相談がくるパターンも多いです。

結局はどこかがお引き受けするべきなんだと、自分はよほどのことがない限り前向きに検討しています。

訓練等給付という観点では、事業所経営が飛躍的に安定するのですが、やはり工賃はかなり課題を感じます。
現状、工賃額が安定しており、意欲がある利用者様にさらに稼いでいただきつつ、バランスを取ることになり、工賃アップにはつながっていません。

今度、どうしようかなと模索中です。
長々失礼しました。

  • 新着
  • [6]
  • 水曜日
  • 2022年5月16日(月) 9:57
  • 削除する

ぽぽ 様
確かに事業所によっては線引きされている所も多いですよね。でもそれってB型としてどうなの?と思いますし。

izukomo 様のように事業所を分けるにしても、利用者の希望はどうなるの?全体でみると減収になる場合もあるのでは?と思ってみたり。
 

利用者の残業・休日出勤について

  • KA
  • 2022年5月1日(日) 14:27
  • 削除する

当方は、B型事業所です。

利用者さんが、

・毎月の所定日数(22日、23日)を超えて出勤されることがある。⇒ 24日とか。

・残業されることもある。

※勿論、職員はいます。

この場合、
・給付金の請求は 所定の22日か23日 で行います。

質問ですが、

・所定日数を超えて勤務した日数や時間の賃金を支払っても問題は無いと思っています。

間違っていないでしょうか?

  • [1]
  • あん
  • 2022年5月2日(月) 8:39
  • 削除する

残業代が就労活動の売上から支払われているのならば問題はないです。
残業代に関する規程があればなお良しですが。

  • [2]
  • 74
  • 2022年5月2日(月) 9:21
  • 削除する

支給量を越えたサービス提供や運営規定等に掲げた提供時間を越えたサービス提供を行っていたらアウトでしょ。まさか給付費の請求していませんよね?

  • [3]
  • マモ
  • 2022年5月3日(火) 11:43
  • 削除する

24日目は、B型の事業外になるので給付費の請求ができないのはもちろんのこと、最低賃金を支払う必要があり、その分は前年度の賃金計算には含められません。

  • [4]
  • 74
  • 2022年5月9日(月) 15:04
  • 削除する

B型利用者に最賃払ったら雇用とみなされ
B型利用の対象利用者ではなくなると思いますが、
そんなことが認められる市町村があるのですか?

  • [5]
  • 5905
  • 2022年5月9日(月) 16:04
  • 削除する

B型の場合は雇用関係ではないですよね?
その点を思慮すると残業とか休日出勤という理解自体が有り得ないと思うが?

  • [6]
  • 昔の話ですが
  • 2022年5月10日(火) 19:01
  • 削除する

農業系の事業所で365日開所で利用者はシフト制。支給量を超えて通所される方がおられました(シフトでは休みになっているのに、暇だし家に居たくないからと通所しちゃう)。
支給量を超えた分の訓練等給付費は請求していませんでしたが、作業に参加した分の工賃は支払っていました。

B型で残業、という概念はよくわからないのですが、支給日数オーバーの通所については、なるべくなくす方がいいと思います。
上記のケースも、支給決定市町村から改善を求められました。(事業所がそうさせているのではなくあくまで本人の希望だったんですけどねー)

  • [7]
  • とおりすがり
  • 2022年5月11日(水) 11:24
  • 削除する

休日出勤が就労事業所都合で利用してもらっているなら、訓練等給付費は請求対象から外す方向で考えとく方が良いと思います。
逆に家族から見守りの希望や本人の意志で利用したい場合は、日中一時事業で利用してもらうと良いかと思います。
ただ日中一時事業は市町村で違うので窓口で確認はした方が良いです。私の暮らす市町村は就労訓練に特化した日中一時事業を認めてもらえたので、工賃支給も可能です。

23日超えたら無償で受入れるしかないという考え方が、障害福祉現場で働く職員を薄給で働かせることに繋がります。
きちんと必要ニーズを整理して活用できる事業を使って支援を提供するために経営者には考えてもらいたいですね。

  • [8]
  • ふと思っただけだが
  • 2022年5月11日(水) 13:40
  • 削除する

残業代や工賃をお支払いするかどうか以前に、

請求しない=無償でサービス提供している
請求する=有償でサービスで提供している

事業所内に両方の利用者様が混在しているということになりますが、それって普通に考えておかしい気がしませんか?

請求しなければサービス上限をオーバーしてもいいって発想はプロとしてもよくないと思いますけどね。

  • [9]
  • 5905
  • 2022年5月11日(水) 16:37
  • 削除する

プロとして良くない。ごもっともです。
然し福祉サービスの上ではこれが現実です。
そして立場の捉え方も曖昧ですね?
前にも述べたが制度上では訓練費です。
利用者が行なっているのは訓練であって仕事ではありません。

  • [10]
  • わかるけど
  • 2022年5月11日(水) 17:30
  • 削除する

プロとしてどうなの、とおっしゃる意味はよくわかります。ボランティア的な思考は責任の所在をあいまいにしますしね。

でも、有償と無償の線引きが難しいのが福祉だとも思うんです。

当事業所もB型で、必要なら通院同行とかしますけど、なんの収入にもつながらない無償サービスです。
そして、必要性に応じて行う以上、通院に同行する利用者としない利用者が一事業所内に混在します。

通院に限らず、(他のサービスを利用してもらうとか相談支援に振るとかしても)加算も何も対象にならないけどウチでやらないと仕方ない、あるいはよりよい支援のためにウチが担う必要があるニーズ、というものが、あると思ってます。

脱線してごめんなさい。スレ主さんご質問の

>所定日数を超えて勤務した日数や時間の賃金を支払っても問題は無い

かどうかは、指定権者に確認が最短で確実では?
そもそもなんで支給量以上に利用する必要があるのかと訊かれるとは思いますが、きちんと説明ができれば問題ないかと。

  • [11]
  • 削減できるならしたいよな
  • 2022年5月11日(水) 17:44
  • 削除する

>所定日数を超えて勤務した日数や時間の賃金を支払っても問題は無い
これの答えは4で出てるね。作業の対価を払うなら雇用関係にあるとみなされるんだよね。

工賃賃金もあれだけど、サービス費について24日が同内容のサービス提供を無償で行い作業の対価を支払ってるなら1~23日もその対応してねと給付費を払っている人は考えると思うな。

そもそも残業するなとか休みに出てくるなとかの対応が先じゃないか?まさか事業所の指示じゃないよね?

  • [12]
  • ESG
  • 2022年5月12日(木) 8:13

現状の支援が間違っていないことを説明できるのであれば、市町村に支給量を変更してもらって、開所時間についても変更すれば問題はないと思いますが。