障がい者自立支援

障がい者自立支援法に係る事務や利用者への対応事例、法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

こんにちは。いつもお世話になっております。

平成30年度障がい福祉サービス等報酬改定の概要を見ていたら、生活介護サービスに新しく重度障害者支援加算が新設されていました。

そこで皆様に質問なのですが、生活介護サービスでの重度障害者支援加算の算定要件については、施設入所支援サービスの重度障害者支援加算(II)と同じ考え方を摘要していいのでしょうか?
また、それでは無い場合は何を基準に確認をしたらいいのでしょうか?

勉強不足で住みませんが、分からなかったので、どなたか知っていらっしゃれば教えていただけたらありがたいです。
よろしくお願いします。

私は、難病指定の病気の42歳です。

  • 赤き翼
  • 2018年2月18日(日) 12:13
  • 削除する

私は今まで、サービス業で仕事をしてきましたが、
難病指定の病気が進行性だったため、今までのような仕事が困難になりました。.
車にはこの先歩くことが困難になるでしょうと言う意味がありました。
勤務中に具合が悪くなり倒れることもしばしばあるようになりました。
そのためシフトに入っての仕事が、難しくなり、
次の仕事として、フリーランスとしての仕事を考えています。
初心者がフリーランスをやるための順序と、アイデアを
教えてください。

生活訓練の積立金

  • みどりのたぬき
  • 2018年2月16日(金) 11:03

 こんにちは。生活訓練の会計を担当することになりました。前任者が生活訓練に本人支給金・一時金積立預金、工賃変動積立預金、設備等整備積立預金と三本立てで就労Bのように積立金を作成していました。これって必要ないと思うのですが他の事業所様ではこんな積立はあるものでしょうか?アドバイスをおねがいします。

  • [1]
  • あかいきつね
  • 2018年2月16日(金) 14:06
  • 削除する

〉積立金を作成していました。

提示してある情報が少ないので、あくまでも科目設定してあるだけで、積み立てていない前提で・・・同一法人で多機能型の事業所・拠点があったり、別の拠点があったりして法人全体の合算した財務諸表を作成するうえで、場合によってはA事業・サービスで使用する科目がソフト上設定しておかないと合算できないと思うので、その科目を使用しないB・C事業にも設定してあり、それを非表示にするかしないかのレベルの話かもしれません。それならマニュアルを見るか、ソフト会社に尋ねたほうが早いです。
 上記の状態でなく、実際に積み立ててあるのであれば、事業の性格上またずっと長く利用し続けるものでないので、3種の積立をしていることが不思議です。ただどのような経緯で積み立てたのか知る由もないので、役員・理事・役所と相談の上でないと処理出来ないです。

延長時加算について

  • abc
  • 2018年2月16日(金) 8:47
  • 削除する

児童発達支援事業 10:00~14:00
放課後等デイサービス 15:30~17:30
の同一事業所です。
職員は9:00~18:00まで常駐しています。
この場合放課後等デイサービスで17:30~18:00までの延長時加算は算定可能でしょうか>
よろしくお願いいたします。 

  • [1]
  • MS
  • 2018年2月16日(金) 15:28
  • 削除する

延長支援加算を算定するには営業時間が8時間以上が条件の為、算定出来ません。

短時間サービスの減算について

  • 宮根
  • 2018年2月15日(木) 4:48
  • 削除する

放課後等デイサービスについてです。
報酬改訂で、利用者の半数以上が重度でないと10%減、
サービス提供時間が3時間未満(送迎時間を除く)の場合は、さらに報酬が下がるとありますが、
ひとりひとりのサービス提供時間をみるのでしょうか?
それとも、(実際の児童の利用時間は関係なく)受け入れ体制が3時間以上あるかどうか、という話でしょうか?

前者だとすると

小学生が校舎から出てくるのは15時45分。
事業所まで15分として16時着。
そこから19時まで療育をして、
19時以降に送っていくようにしないと
ひとりひとり減算がかかるということでしょうか?

お腹すきますよね。。。
中学生なんて
部活が終わってからくるので
はやくて18時半、
遅ければ19時です。
そこから3時間て。。。ムリがありますよね。

うちは完全なる療育型で
専門家による個別指導(一部集団もあり)で
運営してきました。

3時間も子どもたちの集中力がもつわけありません。
お預かりをしなさいということなんでしょうか。。

うちを利用してる保護者からは
そんなニーズあがってないんですが。。。

  • [1]
  • MS
  • 2018年2月16日(金) 18:23
  • 削除する

提供時間と思われます。
3時間未満の場合は、10単位前後減るぐらいなので、あまり大きく捉える必要は無いかと思います。
その代わりに重度の子達を受け入れ研修した職員を配置したり、資格を持った職員を配置した場合は、減算分を上回る加算が増設されています。

事業所の運営方針はあるとは思いますが、療育型とはいえ1時間未満で子供を返す事業所もあります。通常の放デイならば、給食が無くなればお昼前から夕方までの6時間以上を受け入れている事業所と1時間未満の事業所が同じ報酬単価というのは、差を感じるのではないでしょうか?

他の福祉サービスも見比べた際に、放デイの利用時間に対して報酬単価が高く設定されているのが分かると思います。福祉サービス全体のバランスを考えれば、今後も減算していく方向になっていってもおかしくはないです。

  • [2]
  • 通りすがり
  • 2018年2月16日(金) 21:08
  • 削除する

一時間預かって一万円チャリーン♪なんて言ってる事業所もあるらしいからね。。。

  • [3]
  • 宮根
  • 2018年2月16日(金) 22:01
  • 削除する

1時間でも専門療育を受けられるなら!というニーズは
確実にありますからね。。
うちの近所でもありますし、
1時間ではないにせよ
うちもその部類です。

6時間だろうが8時間だろうが
預かるだけなら
医療ケア児以外は
学童保育でカバーすればいいと思うんですが。

  • [4]
  • ふぅ
  • 2018年2月17日(土) 0:24
  • 削除する

こうゆう事業所さんは、強度行動障害児を複数名受け入れた時の大変さを知らないでしょうね。
成人になれば6時間は集団で過ごさないといけない制度が待っているのに。
重度になればなる程、1対1で課題をやらせて、問題起こる前の短時間で帰す方が圧倒的に楽。

  • [5]
  • 宮根
  • 2018年2月17日(土) 1:43
  • 削除する

何を仰っているのか。。。
6時間どころか
最終的には8時間の継続就労へもっていけるように
必死で療育してるわけです。

将来6時間「過ごす」ことを目標にするとしても
6時間預かるだけが
その方法じゃないですからね。

玩具で遊ばせ
テレビをみせ
お腹が空けば
職員が1から10までお膳立てした
いつまでたっても自力再現の期待できないクッキング?
それも飽きたら昼寝までさせて
6時間過ごしたところで
何年たっても
自分の手で稼げるようにはなれませんからね。。。

時間じゃないでしょって話ですよ。

  • [6]
  • 只の所長
  • 2018年2月17日(土) 11:52
  • 削除する

結局は質の問題ですよね。

お役所も単純に時間だけで分けるのは本当にやめてほしい。
しっかりとした職員体制・療育内容・支援計画が出来ているのなら短時間も認めて欲しいな~とは思うけれど・・・
お役所だもの仕方ない・・・で諦めるしかないのでしょうね。
4月から黒字になるのかな。。。涙

  • [7]
  • いち
  • 2018年2月17日(土) 15:59
  • 削除する

うちの地域では金儲け目的で、放課後デイが乱立しています。
支援時間は少ない。看護師配置はいらない。報酬は高い。
と、色々な業者が入ってきています。
その分怪しい業者もあり、人間関係が悪いところ、挙げ句の果てに児童虐待など、最悪です。

  • 新着
  • [8]
  • 宮根
  • 2018年2月19日(月) 8:28
  • 削除する

結局は質なんですよね。

でも指定の研修を受けても
電話で相談しても
そもそもお役所が想定しているのが
「療育」じゃなく「お預かり」の印象。

長時間あずかる。
楽しく過ごせる。

が良い支援の二本柱だと思っている。

だから「模範例」として示される
個別支援計画の薄いこと!

そんなことでいいなら
学童保育を充実させれば済むといつも思う。

医療ケアが必要な児童でなければ
看護師はいらないし、
言語聴覚士も
臨床心理士もいらない。

子どもが死なない程度に面倒をみていられる
おじちゃんおばちゃんで可。

資格者を雇って
子どもたちの集中力に配慮して
専門的なケアを行っているデイは負け組。

「その専門的な療育とやらの前後に、お預かりの時間を設けられては?」とお役所の人に言われたけど、

「がんばりに」きている子どもたちに
わざわざ「がんばらなくていい」場を提供して
切り替えの難しい子どもたちに
切り替えを要求するのかと。

たとえば、同僚とのんびりテレビみながら
雑談するだけのダラけきった会社で。
同じ空間で、毎日30分だけビシッとキメて
効果を出す!なんて。

大人でも
そんな都合のいいがんばり方は難しい。

床に重度障害児を転がして(本当に転がすだけ)
その横を軽度障害児が「楽しく」走り回る。

そんな長時間預かりデイをたくさん見ますね。
あれが勝ち組になっていくのか。

就労移行支援の報酬基本部分

  • まーす
  • 2018年2月13日(火) 17:28
  • 削除する

お世話になります。今回の報酬改定で就労移行の基本部分の所で
定着率の割合での基本報酬となっています。当施設は多機能型で就労移行の定員6名と少なく昨年度は一般就労者0でした。(それ以前は4名就職し現在も定着して就労しています)算定の仕方が昨年の実績によるものなのか例えば過去何年かによる算定するのかわかりません。昨年実績だといきなり(七)の最低の報酬単位を選択せざるをえず、報酬が半分になり事業の存続も考えなければならなくなってしまいます。

  • [1]
  • ピンフ
  • 2018年2月14日(水) 16:24
  • 削除する

その辺の詳しい部分がもうすぐ始まる集団指導研修で明らかにされると思っています。
さすがに前年度実績だけで決めるようなものにはならないと思いますが。。。

計画相談1人辺りの件数の考え方について

  • 相談
  • 2018年2月13日(火) 12:14
  • 削除する

いつもお世話になっております。計画相談件数が一月1人辺り、40件未満とありますが、専従常勤(8時間)1人と考えた時には、6時間勤務の方や兼務されている方は、単純に40×人区をかけた件数となるのでしょうか。

8時間勤務(1人区)×39=40未満

6時間勤務(0.75人区)×39=29.25件未満

  • [1]
  • 多分
  • 2018年2月15日(木) 20:13
  • 削除する

介護保険と同様の取り扱いになろのでは。介護保険の場合は、事業所全体のケアマネで計算しますから。結果的にはスレ主様と同じことになると考えます。

処遇改善加算

  • 2018年2月12日(月) 18:33
  • 削除する

児童発達支援事業所と放課後等デイサービスの多機能型事業所と今年度から就労継続支援B型の事業所を運営しています。

処遇改善加算額に差がある為、同一法人で合算して分配していますが、これは大丈夫でしょうか?

B型は開所して間もない為、利用者が少なく、処遇改善加算の%が低い為、事業所単位で分けると配属先によって収入の格差が出てしまいます。
報告書に金額を記載すると児発・放デイの分配額が処遇改善加算額を下回ってしまいます。

  • [1]
  • とおりすがり
  • 2018年2月13日(火) 8:16
  • 削除する

配属先によって収入の格差があるのは事業所が何とかする問題
他事業所の処遇改善費を流用なんてありえない

  • [2]
  • 請求担当H
  • 2018年2月13日(火) 9:20
  • 削除する

私達の法人は合算して分配しています。

計画書にも「複数の障害福祉サービス事業所について一括して計画する場合」や「県内他市町にまたがる場合」、「他府県にまたがる場合」などといった複数の様式がありますし、問題ないと判断しています。

  • [3]
  • papaiya
  • 2018年2月16日(金) 19:19
  • 削除する

うちも合算して分配です。
報告書自体、法人で合算して出すので問題ないと思います。

平成30年度の計画相談サービス利用支援費のIとIIの違いは何でしょうか?
よろしくお願いいたします。

  • [1]
  • えりんぎ
  • 2018年2月12日(月) 22:45

専門員が1名あたりの利用者の数による区分かな

利用制限について

  • みみ
  • 2018年2月9日(金) 15:06
  • 削除する

一人の方が一日に2つのB型事業所を利用することは可能でしょうか?

  • [1]
  • ピンフ
  • 2018年2月9日(金) 15:25
  • 削除する

できません

  • [2]
  • 例えば
  • 2018年2月9日(金) 20:33
  • 削除する

どちらか一方が請求をしなければどうですかね?

  • [3]
  • もも
  • 2018年2月9日(金) 21:10
  • 削除する

どういう理由でそういうサービス利用計画をたてられるんでしょうか?

また、市町村が支給決定をしないのでは?

たとえ、何らかの事情で2か所のB型事業所の支給決定があっても、B型の報酬は日単位なので、どちらか一方しか請求できないはずですよね。

  • [4]
  • ✳︎
  • 2018年2月9日(金) 23:44
  • 削除する

どちらかの事業所に係る費用を100%自己負担すれば可能でしょう

  • [5]
  • 請求担当H
  • 2018年2月10日(土) 16:15
  • 削除する

可能かもしれませんが、その場合社会福祉事業ではなく公益事業に該当してしまう可能性があるのでは?

またこういった前例をつくると、体調不良などで短時間で帰宅し算定できなかった場合も自己負担にするなど別の問題につながりかねません。

100%自己負担であれば問題ない!っというわけではないと思います。