2015年3月2日、運営元が特定非営利活動法人ウェルへ移管されました。
[ご挨拶 ~ NPO法人ウェルへの運営移管にあたって ~ ]

介護予防・地域包括支援

介護予防、自立支援、地域包括支援センター等に関する掲示板。介護職の方だけではなく保健師さんもどうぞ!

新しい記事を投稿する 記事検索

実施計画書?

  • うめ
  • 2003年2月20日(木) 20:27
  • 削除する

いつも勉強させてもらっています。私は、OT1年目なんですが、介護保険に関連した仕事をしています。今日たまたまWAMNETを見た所、実施計画書とやらを書かないといけないようになったみたいで、ぱにくっております。WHOとかICFとか書いてあるのですが、よくわからないのです。昨年、学校で習ったような気もするのですが・・・。もし誰かご存知の方がいらっしゃったら教えていただきたいです。

訪問介護サービスの身体介護のなかに「特段の専門的配慮をもって行う調理」とあり、説明に嚥下困難者のための流動食等とありますが、糖尿病の方へ特定の単位数の範囲の食事を調理することは、これに含まれるのでしょうか。
教えてください。よろしくお願いいたします

  • [1]
  • masa
  • 2003年2月20日(木) 17:44
  • 削除する

Q. 平成12年3月17日付け老計第10号で通知のあった「訪問介護におけるサービス行為ごとの区分等について」において示されている「特段の専門的配慮をもって行う調理」の件について、「キザミ食」の調理のみでは身体介護に該当しないと考えるがいかがでしょうか?

 また、カロリー計算等が必要な糖尿食等について、訪問介護員以外がカロリー計算及び献立表の作成を行い、それに基づき訪問介護員が調理を行った場合は、身体介護に該当しないと考えるがいかがでしょうか?

 上記の場合、訪問介護員が献立表の作成は行っているならば、身体介護に該当すると考えるがいかがでしょうか?

A. 基本的には貴見の通りですが、「特段の専門的配慮をもって行う調理」については、医師の指示等に基づき適切な栄養量及び内容を有する特別食(腎臓食、肝臓食、糖尿食、胃潰瘍食、貧血食、高脂血症食、痛風食、嚥下困難者のための流動食等)等を想定しているものです。
 このため、具体的な取扱は現場の状況により保険者の判断によって行われたい。

  • [2]
  • 技師
  • 2003年2月21日(金) 11:35
  • 削除する

ご返信ありがとうございました。
大変助かりました。

減算請求が40%でとんとんかな?

  • ベルジュ
  • 2003年2月19日(水) 22:10
  • 削除する

1月の実績を元に現在の居宅介護支援費の請求合計と、4月からの新報酬になった場合の請求合計を算出し、減算請求がどのくらいで現在の請求より増減するか試算をだしてみました。
現在250名の利用者で減算請求が40%の場合に今現在の請求合計とほぼ同じ試算となりました。
減算請求が50%になると6万円ほどの減です。
月1回の利用者宅への訪問が減算条件の厳しいところですが、なんとか6割の方は訪問できるよう努力していかないといけませんね…。
でも次月の利用票を作成するのはだいたい15日頃で、それから50~60人の利用者宅に訪問するとなると、それ以外の業務がおろそかになってしまいますしね…。かといって利用票も持たずにモニタリングだけで訪問するのも毎月だと嫌がられるケースも多いですからねぇ…。どうしよ!

  • [1]
  • masa
  • 2003年2月20日(木) 13:39
  • 削除する

つまりベルジュ さん の事業所では、残り4割の方は訪問もままならず、最初から減算覚悟で運営していこう、ということですね。しかしこれはまずいですヨ。

国の見解はこうです『厚生労働省は減算条件を運営基準に盛り込んだ。違反すれば指導の対象となる。つまり減算を前提とした運営は認めない方針。100%毎月訪問しようとすると担当を減らさなければならないケースも考えられる。』
悪質な場合は『指定取り消しもあり得る』といっていますしね。
他の板にも書いたけどこの減算項目はケアマネジメントの本来業務として当初から行わなければならないといわれていたものがでてきに過ぎないし、この3年間で利用者に対するアセスメントが充分でないことが原因と考えられる事件、事故がたくさん発生しています。お金の問題も重要ですが、この制度が真に利用者の為に必要な制度であるために現場のケアマネジメントがどうあるべきかを考える視点も必要かな、そんなふうに思います。
なおもし興味があったらこのことに関して、下のURLから掲示板過去ログに入って『在宅介護の問題、事件、事故について』を参照してみてください。

  • [2]
  • まねこ
  • 2003年2月20日(木) 21:30
  • 削除する

契約人数66人、給付管理ありが55人。少なくとも月一回は必ず訪問しています。状態の安定していない場合は週に数回訪問する事もあります。又、時間を作り利用施設へ情報収集をかねての訪問もしています。その分事務仕事が残り残業する事もありますが。きつい言い方かもしれませんが、私には「減収になってもある程度仕方ない」という考え方は理解できません。何の為の、誰の為のケアマネジメントなんでしょうか?

  • [3]
  • ベルジュ
  • 2003年2月21日(金) 1:48
  • 削除する

お厳しい意見ありがとうございます。多少誤解を招いてしまったようですが、もっと誤解を招く発言をさせていただきます。あくまでも私個人の意見ですが、居宅介護支援事業の独立性を保つ為に、人件費及び経費との採算をとれないと、経営者側からの囲い込み等の圧力に対して対抗できないと考えています。つまり採算ベースで考えると50~60件をこなさなければいけない。そこに今回の月1回の訪問と、サービス担当者会議、モニタリング・再アセスメントをしていくとなると、実際にはこなせない現実があります。そこで今までは利用者の状況にあわせて、月1回必ず訪問する人(独居の方や高齢世帯の方など)2ヶ月に1回訪問する人、3ヶ月に1回訪問する人(家族の介護力がしっかりしていて、何かあったときはすぐに連絡を取り合える人等)と分けながら、最低でも3ヶ月に1回は全員に訪問するという自分なりのやり方をしてきたので、この月1回必ず訪問する=良いケアマネジメントをしてるという方程式の方が疑問に思ってしまいます。上記のような訪問間隔でも良いケアマネジメントはできます。その方のサービス利用において、ヘルパーや訪問看護、通所介護のスタッフが関わっているのですから、それらのサービス提供者との連携を密にとっていれば、ケアマネが毎月訪問しなくても、充分補えると思うからです。もちろん100%毎月訪問できる時間があればそうしますが、まねこさんは現にそれをクリアされているようですので、そのなかで、どのようにカンファレンスや様々な会議への出席、認定調査などをどのように工夫されているのかもっと詳しくおしえていただけるとありがたいです。

  • [4]
  • まねこ
  • 2003年2月21日(金) 20:59
  • 削除する

介護保険と同時にケアマネになって3年になろうとしています。今までの苦い経験から何とか今の仕事のペースがつかめて来ています。事業所のある自治体では認定調査は役所職員が全て行っていますので他からの分で月に3~10件隙間を縫って調査しています。サービス担当者会議は、新規利用者、退院などで身体状態、ケア内容などに大きな変化がありそうな方、更新後の方を中心にしているので月に3~6件です。退院直前の方は医師の出席率もほぼ100%ですがそうでない時は後日サービス担当者会議の内容を手紙で渡しています。通院に同行したり、往診日に同席したりして主治医にケアマネの顔を覚えていただけるとその後の連絡もスムーズになっているようです。事業所とは、通所系なら利用日に訪問して見たり、訪問系ならアポ無しでサービス予定日におじゃましたりすると利用者の本当の表情が見れるように思えます。書類がたまる時もあるのでそういう時は「書類の日」と自分で決めて整理するようにしています。あとは休日はしっかり休んでいるぐらいです。

  • [5]
  • ベルジュ
  • 2003年2月21日(金) 23:31
  • 削除する

まねこさん素敵!ケアマネの鏡ですね…。いろいろとご助言ありがとうございました。

質問

  • noriko
  • 2003年2月19日(水) 20:52
  • 削除する

こんにちは、早速ですが質問です。現在、私は特養老人ホーム(居宅もあり)で事務として働いています。4月からケアマネの居宅サービス計画書を入力してくださいと言われたのですが。ケアマネからは内容も知らない人に来られても使えないと言われるし・・・。困っています。実際にケアマネの書いた内容をPCに入力だけの人がいても邪魔なんでしょうか?4月から大変になるとはどのような内容なのでしょう?おかしな質問ですいません。

  • [1]
  • BOB
  • 2003年2月19日(水) 21:34
  • 削除する

あのー。

「そんなこというんなら自分でやればいい。」といってあげたらいいと思います。うちの連中はみんな自分でやってます。

  • [2]
  • たか
  • 2003年2月20日(木) 15:30
  • 削除する

医療法人で情報システムを担当している者です。

邪魔かどうかは人それぞれかと思います。というのは、パソコンを使うのが苦手で、手書きで書きたい人はそれを入力してくれる人がいれば助かると思いますし、逆に手書きよりもパソコンで入力するのがよい人は手伝ってくれなくてもよいと感じるでしょう。

ちなみにウチの法人では、ケアマネさん自身がすべての入力を行なっています。

  • [3]
  • apollo
  • 2003年2月20日(木) 21:42
  • 削除する

これは現場を知らない上の指示ですね、
ケアマネ業務が大変なら手が余っているコンピューターのうまいものに
仕事を振り分ければいいじゃないか、、、
ケアマネも楽するので万事好都合、、、、、

この誤解を解くのにケアマネがどれほど苦労をするのか
、、、ケアマネに同情します
(もち、わけもわからず振り分けられたあなたにも、、、)
もし仕事の分担をするならケアマネの目となって利用者のお宅を回り
必要な事柄をタイプしてケアマネに渡す、、、、
これは夢かな?

時間外の対応どうしてますか

  • ひまわり
  • 2003年2月19日(水) 20:36
  • 削除する

初めまして。ケアマネ暦3年です。時間外の事でご相談します。我社は 9~18時、土曜は1名出勤のため、開業としています。担当交代したケースです。交代時に、主介護者が帰宅8時と遅く、前任者も連絡とるために会社からの携帯へ、連絡をとらせてもらう事がどうしてもあったと言い切り、携帯番号を教えました。(はい、まずはこれが悪かったのです)実際同列のヘルパー事業者に連絡がとれず、再三困っていたそうです。その件は、事業者に申し入れし、少し改善してきました。
 2月に入り、利用者さんⅢa,の痴呆が進み、不眠、着衣失効、声かけないと食べなくなった等でプラン変更も何度も行い、対応してきました。
 ショートや、ヘルプ延長を拒否し、同じヘルパーだけ希望してきたり、、。
朝の8時から、時に夜7時。
15日は(土曜)休みでしたが、何度もかかり、再度ショートの空き確認や
主治医受診後は、精神科への受け付け相談(主治医の指示)など、持ちかけられ、結局 ヘルパーの次週の臨時対応など 求めに応じていました。
落ち着くように話しました。その日は、不安定だと思い、応じてました。
 今週からは 携帯への回数が増え、今日、勤務時間内で、会社に連絡をしてもらい、折り返しかける、緊急以外は携帯にはかけないでくれといいました。
 他のケアマネの事を聞かれ、緊急時会社にかかってきたものに、手当てを
もらっていて 当番で対応しているところはあるが、と説明すると、、、納得行かない様子。全部 ケアマネが対応すると思っているのです。
 話し合いの場をもつことになり、再度理解してもらいますが
皆さん、どのようにしていますか。

 また、前任者のプランでAM,PM2時間複合でしたが
私は身体介護でと考えており、4月からの変更で身体へと思って
今まで少しずつ 複合、身体の違いを話してきました。
 今回痴呆も悪化しており、今週から身体介護の点数をお話すると
食事を作る事もあったし、身体じゃないと納得しません。
 土曜に再度話しますが、痴呆の見守り、トイレの声かけ、失禁時の対応
食事の声かけなど は身体介護ですよね。

 長くなってすみません。アドバイスお願いします。

  • [1]
  • ?
  • 2003年2月19日(水) 21:27
  • 削除する

ひまわりさん、こんばんは。
痴呆の方の見守りは1時間半までは身体介護が認められていたかと思いますがが・・・。確かに現実的には痴呆のひどい方は、何を行うにしても身体的要素かもしれませんがすべて身体介護でというわけにはいかないでしょう。
もし、2時間のサービスならば身体家事4というわけにはいかないでしょうか?

  • [2]
  • MSY
  • 2003年2月20日(木) 13:10
  • 削除する

要するに「要介護者の痴呆の進行などに伴い、主介護者がパニックになってしまい、ケアマネ個人の携帯に緊急でもないのに休日・時間外の区別なく相談の電話が何度もかかってきて、説明しても納得してもらえず困っている」ということですよね。

う~ん、困りましたね。私の知り合いの居宅介護支援事業所を独立開業しているケアマネは休日や時間外には事業所への電話を自分の携帯に転送していますが、結構大変に見えます。

ご自分でも言っておられますがまず自分の携帯番号を教えたのがまずかったのでしょうね。やはり、営業時間と緊急時以外は時間内に電話をいただけるように何度も話をするしかないでしょうね。それと、どういう時が緊急時かも説明した方が良いでしょう。逆に本当の緊急時であればケアマネに電話することはないと思いますが。

あとは、私はもとPSWですが、私がいた精神科病院は在介センター、老人性痴呆疾患センターなどを併設していたこともあり(共に原則24時間体制なので)、PSWなどの相談援助ができる職種を毎日当直に置いていました。精神科の患者さんの中には日々の生活に不安のある方が多く、夜間でもちょっとした心配事で電話をかけてきていつも同じことやとりとめのない話をする方もいました。そういう方はその電話によって不安が解消でき、日々を安心して送ることができることが多いのです。つまり、それが治療の一部でもあるのです。これらのことは全当直者や主治医も当然心得ており、日誌にも記入します。これが続くと「最近電話が来ないから調子が悪くなっているのかも」という判断もできるようになります。

お尋ねのケースは精神科にも受診されているようですから、一度PSWに相談してみるのも手かもしれません。単に仕事の都合ではなく、「パニックになった状況での相談の電話」でしたら、相談援助できる方が当直していれば、もしかしたら電話を受けてくれるかもしれません。もちろん、そのケースを支えていくためのチームにその病院やPSWも加わってもらい、「介護者の精神的負担を軽減する」という目的でお願いするのですよ。

  • [3]
  • ひまわり
  • 2003年2月22日(土) 8:26
  • 削除する

ありがとうございます。
  いままで、他の痴呆Ⅲa程度の方も 長時間の見守りのため
 複合で入っていたのですが
  4月から長時間は身体で、クリアできても
 1時間、2時間の方とか本当に 1人1人 ぎりぎりの方も
 いらっしゃるので 計算、プランが悩まされます。
  
  痴呆の方の 見守りはヘルパーさんにとっても大変ですが
 現場の方、本当に宜しくお願いします。