2015年3月2日、運営元が特定非営利活動法人ウェルへ移管されました。
[ご挨拶 ~ NPO法人ウェルへの運営移管にあたって ~ ]

介護予防・地域包括支援

介護予防、自立支援、地域包括支援センター等に関する掲示板。介護職の方だけではなく保健師さんもどうぞ!

新しい記事を投稿する 記事検索

ご助言お願いします

  • 悩める包括
  • 2022年4月25日(月) 15:39
  • 削除する

過疎地域で包括のケアマネをしている者です。
私たちの地域では現在介護職員がかなり不足しており、特にヘルパー不足が深刻です。
新規でヘルパーの希望があっても私達が担当する要支援者・事業対象者の方々は待っていただいたり、民間サービスで少し様子を見ていただくことが多くなっています。
しかし住民からは「保険料は納めているのに、利用したいサービスが使えないのは理不尽である」「以前から利用している人は3回来てもらっているのに自分たちは1回も入ってもらえない」と不満の声が多く寄せられるようになってきました。行政の方々にもこのような状況はお話ししていますが、なかなか改善には至りません。
同じように過疎地域や人材不足で困っている包括の方はいらっしゃいますか?

  • [1]
  • マリン
  • 2022年4月26日(火) 11:26
  • 削除する

地域ケア会議の場や介護保険運営協議会で似たような相談をしています。

ただ、人手不足やサービス不足には、自治体にもこれと言った解決策がないのが現状です。いくら募集しても人は、過疎地にはきませんからね。

考え方としては、特別養護老人ホームの入居待ちでしょうか。保険料を払っていても部屋が空くまで利用はできません。通所介護や訪問介護もそれと同様だと考えるしかないかと。

ちなみにですが、当自治体では、近い将来包括ケアマネも足りなくなりそうです。職員も高齢化していますので包括でさえいつまで維持できるやらと悩んでいます。

ケアマネ変更を繰り返す事例

  • ハッピー
  • 2022年3月26日(土) 17:33
  • 削除する

初めて投稿させていただきます。包括職員です。
70代男性で、要介護1の方です。
買い物支援でヘルパーを週2回利用しています。
本人が気に入らないことがあると高圧的な態度をとるため、今回でケアマネ変更が3回目になります。
複数の支援者の印象としては、認知症や精神疾患というよりは本人のキャラクターが強い印象です。
家族との関係も悪く、前任のケアマネからは連絡先を共有されているのですが、後任のケアマネには話したがらず、薬などの情報も言いたくないと頑なです。
ケアマネからは、本人との信頼関係が築けず、必要な情報もいただけないのであれば今後の関わりは難しいと言われました。当然のことと思います…。
今後、介護保険サービスを利用するということはどういうことなのかについて改めて話をしようと思ってはいるのですが、本人の理解を得るのがなかなか難しそうです。そもそも本人がそのような態度をとることについて、本人なりの事情や意味があるのかなと思いますが、
まだそこまで行き着けていません。
本人に理解が得られない場合、どのような対応が考えられるか、またこのような事例を対応した方がいらっしゃいましたら、ご教授いただけると幸いです。
よろしくお願いします。

  • [1]
  • はひほ
  • 2022年3月28日(月) 12:02
  • 削除する

>ケアマネからは、本人との信頼関係が築けず、必要な情報もいただけないのであれば今後の関わりは難しいと言われました。
居宅と利用者との契約で信頼関係の構築が出来ない場合契約解除が可能という旨の内容があるのならば、契約解除は居宅の権利です。

>本人に理解が得られない場合、どのような対応が考えられるか、またこのような事例を対応した方がいらっしゃいましたら、ご教授いただけると幸いです。
支援者に高圧的な態度を取る原因が認知症や精神疾患ではなくキャラクターというアセスメントが適切ならば、基本的には利用者が行った行為が引き起こした結果は本人の責任で引き受けることが原則です。

ただのクレーマーという判断ならば、毅然とした対応をするべきでしょう。
利用者の中には、支援を受けるのが目的ではなく、支援者をコントロールしたりマウントを取ることを目的にしている人も一定数います。
権利擁護的に考えるとそれを、孤立や寂しさの代償行為という捉え方もできますが、個人的にはそこを軸に考えてしまうと包括も利用者にコントロールされる存在になる気がします。

契約主体は居宅介護予防支援事業になりますので、あなたが包括職員ならば、居宅の側面支援及び本人のアドボケイト的な関わりになると思いますが、
気をつけなければいけないのは、上記2つの役割は利益相反関係になることも考えられます。
包括職員1名で担当するのではなく、居宅の側面支援の役割の職員と利用者のアドボケイト的な役割を持つ職員2名体制で関わる方がスッキリする気がします。

  • [2]
  • やどん
  • 2022年3月29日(火) 8:51
  • 削除する

問題があるから支援が必要なのであって、利用者側の問題を理由にサービスを拒むのはどうかと思うけど。
さらっと書き込みを見てもケアマネ側の問題も目に付く。
家族との関係が悪いのに、家族の連絡先を本人から聞きだす必要がある?本人が嫌だと言うなら身寄りのない人に準じた対応をすればよい。
薬の情報を本人が知らせたくないというのなら、医療連携すればよい。契約の際に必要な連携を行う同意は得ているはず。
ケアマネ側が欲しい情報をもらえないから関りが難しい??そんな態度で信頼関係などできるはずもない。

>本人に理解が得られない場合、どのような対応が考えられるか、
やるべき範囲でできることを行っていく。それが信頼につながる。今後、何かをする際は、必ず本人の同意が必要になってくる場面が出る。その際に本人の理解を得る必要が出て来るし、理解が得られないのなら「できない」ことを説明していく。信頼関係は勝手にできるものではなく、仕事をする中で形成されていくもの。もちろんインテークの際の面談技術などもあるが、そんなものは上っ面の関係構築でしかないと思っている。
本人がその対応で気に入らずケアマネを変えるのなら変え続ければいいこと。

[1]の人の回答もあきれる。
信頼関係が構築できない場合に契約解除??そんな契約書あるわけない。お互いの関係で契約解除できるのなら、ケアマネ側が嫌な相手と関係を作らないようにすれば契約解除できてしまう。それを居宅の権利とかもう。常識がどうかしてるとしか思えない。
自分の意思をはっきり言える人をアドボケイトする必要があるのか??
一体現場で対応をしているのだろうと心配になる。現場の人でなければいいのだが・・・

  • [3]
  • まみむめも
  • 2022年4月11日(月) 18:19
  • 削除する

2の人のやたら攻撃的なコメントは、北海道の某掲示板みたいで、きっと不愉快な思いをする人は多いでしょう。言ってる内容は正しいとは思いますが、なんでこんな攻撃的なんでしょう?

それはそうと、自分の考えを言わせてもらえば、
人間は、支援を受ける権利があれば、支援を断る権利もあるという事です。
本人は支援が必要な人ではあると思いますが、本人が支援を希望しているかは、また別の話になります。
身も蓋もない言い方をすると、人間は野垂れ死ぬ権利もあるということです。

本人が困ったと実感するまでは、自宅訪問程度にして、サービスの調整は、本人が希望してからでもいいのでは?

と、今わかるだけの情報を見て、自分なりの考えを述べさせてもらいました。

ただし、ケアマネや訪問介護職員を小間使いのように扱う人に関しては、また別の話になります。そういった人も少ないですが、居るのは事実です。そういった人であれば、毅然とした態度をとるのも致し方ないと思います。

  • [4]
  • はひほ
  • 2022年4月12日(火) 13:11
  • 削除する

言ってる内容は全く正しくないですよ。

>信頼関係が構築できない場合に契約解除??そんな契約書あるわけない。
介護保険事業所の契約書の多くには、事業所側からの契約解除の要件に「信頼関係の破綻」という趣旨の内容があります。

事業所側が職責の範囲内のやるべきことをやって契約内容が守られないのであればお互いに契約解除の権利があります。

また、R3年度からは国が介護事業所に対してハラスメント防止対策が義務付けられていて、対策マニュアルの中にも、事業所側からの契約解除について触れられており、事業所がハラスメント対策を行い職員を守っていく対策を講じることは当たり前になってきており、やどん氏の認識は明らかに時代遅れで、常識的な考え方からは外れています。

>自分の意思をはっきり言える人をアドボケイトする必要があるのか??
支援者が行うアドボケイトの対象を意思能力の有無で考えることは大変危険な人権意識で、逆に言えば本当にそう考えているのであれば支援者が権利侵害の片棒を担いでいるような状況であることを理解していますか。
介護保険等の社会保障制度は複雑で、サービス提供側と受給側には圧倒的な情報量・知識の差があります。
意思能力に問題がない人に対して、情報を補う事も立派なアドボケイトですし、要介護者になれば社会的マイノリティ・社会的弱者という立場になるのでアドボケイト的な関わりをすることは当たり前です。

利用者の権利も守られ、支援者の権利も守られ、お互い対等な支援関係を作り支援を行いそういう健全な関係性の中で、自己決定・自己責任のという支援の原則にもとづいて支援していくことが支援者の使命ではないでしょうか。

偏った薄っぺらい知識で正義感を振りかざし、現場で利用者を支援しているのかと思うと心配になります。

  • [5]
  • まみむめも
  • 2022年4月13日(水) 15:50
  • 削除する

原則として、「サービス提供拒否の禁止」があります。
正当な理由なく、事業所側から契約解除を申し出ることは出来ません。
原則として、
・ケアマネの担当件数が多くて、対応しきれない
・エリア外で定期訪問が出来ない
・すでに契約しているケアマネが居る

ケアマネが信頼関係を築く努力をしたにもかかわらず、信頼関係を築くことが出来ず、本人からケアマネの交代を希望するのであれば、契約解除は可能。
信頼関係が構築できないとの理由で事業所から契約解除を申し出ることが出来るのか?が疑問です。

今回のケースが正当な理由にあたるかどうかがポイントになると思いますが、
認知症状ではなく、この方のキャラクターで高圧的でマウントをとってくる人であれば、要介護者からのハラスメントとして契約解除を申し出る事は可能かと思います。

少ない情報でそこまでの踏み込んだ判断は出来ませんが、ハラスメントにあたるかどうかが問題ではないでしょうか?

  • [6]
  • やどん
  • 2022年4月14日(木) 12:51
  • 削除する

[3][5]の方の考えには共感できる。

あまりに無知な者が的外れなコメントをしているので攻撃的になってしまった。
さらに追加で無知と視野の狭さを晒しているようだけど。

契約と社会的拘束力のある約束。信頼関係の破綻なんて客観的に証明できない契約解除条件を示しているのなら、そんな事業所は信頼にも値しない。介護保険法の原則に照らして有効な内容なものかも疑わしい。仮にその条件を振りかざして解約しても現実的に証明するのは難しく結局争いになる。
ハラスメントがどうこう言ってるけど、これだけの情報(高圧的な態度というだけで)でハラスメント扱いするのも浅はかさがにじみ出てるよな。
もちろん双方の合意があれば契約は解除できるので[5]の人が言うように、信頼関係の破綻を理由に解約を申し出てみるのはいいと思うが。

アドボケイトの件も、包括担当者が居宅の側面支援と本人のアドボケイト的な関りをするのは利益相反になるいうトンチンカンなことを言っていたので指摘しておいた。利益相反って何か知ってる?またネットででも調べなさい。
アドボケイトが必要なら、なぜまず直接の支援者であるケアマネにそれを求めない?この話で君の言う支援者の使命を投げ出してるのは誰だ?

上っ面の知識で話にならん。

  • [7]
  • nanasi
  • 2022年4月14日(木) 13:37
  • 削除する

そもそも論。
支援双方、信頼が構築されない、互いにその努力しない、出来ないなら--契約しない。

  • [8]
  • 労務・法務担当職員
  • 2022年4月14日(木) 14:29
  • 削除する

)信頼関係の破綻なんて客観的に証明できない契約解除条件を示しているのなら、そんな事業所は信頼にも値しない。介護保険法の原則に照らして有効な内容なものかも疑わしい。仮にその条件を振りかざして解約しても現実的に証明するのは難しく結局争いになる。

信頼関係の破綻ではなく、破壊が正しい。
破壊であれば判例は山ほどある。
信頼関係破壊の法理で検索してみてください。
契約解除の基本です。そして契約そのものは介護保険ではなく民法です。
そこに関しては間違いです。


他は賛同できます。手を尽くせる範囲では尽くすべきだと思いますので。

  • [9]
  • やどん
  • 2022年4月15日(金) 4:48
  • 削除する

>そして契約そのものは介護保険ではなく民法です。

そんなことはもちろん知ってる。
公序良俗に反する契約は無効。ましてや正当な理由なくサービス提供を拒むことができないとされている介護保険サービス。契約書に書いてあるからと、信頼関係の破綻を理由に契約解除の正当性を裁判で争ってすんなり勝てると思ってるの?民法だけの問題にはならない。
しかも何度も言うけど、信頼関係なんて認識の違いによりはっきりしないもの。
ある弁護士から聞いたこと。「私たち(弁護士)は雇われガンマン。私たちが出ていけば、相手も弁護士を依頼し、徹底的にやりあうことになるかもしれない。関係修復は難しくなる。外から見たらどう見られるかも考えて下さい。」
相手方にもそれなりの言い分が必ずある。
判例がどうとか言ってるけど、この話にピッタリ当てはまる判例はあったかい?

自分は法律の専門家ではないので、法的な争いになる前に解決できるよう対処するのが仕事だと思っている。
労務・法務担当職員レベルの生半可な知識で双方の関係について法を語って判断すべきではないと思うね。

  • [10]
  • まみむめも
  • 2022年4月15日(金) 18:10
  • 削除する

やっぱり、やどんさんの言う事に共感しますね。最後の2行以外は。
判例を調べても、介護保険における信頼関係の破壊の判例は見当たらず、障害の方で1件見つける事が出来ました。が、契約解除については施設側の主張は退けられています。
※参考
第30回:施設による利用契約解除~利用者間の暴行と賠償責任~ (wam.go.jp)

また、個人的な見解だけど、福祉に携わる者として裁判沙汰になった時点で負け、と認識しています。まずは、裁判沙汰にならないように全力で支援者としての立場を堅持する必要性があります。
世の中に、常識の通用しないクレーマーが存在し、争わなければいけない時は全力で戦いますが。スレ主の要介護者がそういった人かを証明するにはかなりハードルが高いと思います。

替わっているのが、ケアマネのみで訪問介護事業所は変更されていない所が気になります。
ヘルパーは買い物に行ってくれるから家に上がってもいいけど、ケアマネは話をするだけだから、来なくてもいいと言っているのでしょうか?


(白熱した議論は歓迎だけど、口論はイマイチ好きになれないですね)

  • [11]
  • nanasi
  • 2022年4月15日(金) 18:25
  • 削除する

「ヘルパーは買い物に行ってくれるから家に上がってもいいけど、ケアマネは話をするだけだから、来なくてもいいと言っているのでしょうか?」

実際、この手はいますよ。
週に何回も会っている人-サービス事業者と月1回では。
サの方が信頼が。

  • [13]
  • 感想
  • 2022年4月16日(土) 9:34
  • 削除する

ネットではさまざまな情報を容易く入手できるけど、基本的な知識や理解がない人は、自分に都合の良い情報を拾ってくるだけになりますね。それで更に自分を強化してしまいます。
福祉の職場は他専門職に比べ経験だけでやってる人が多いのは残念ながら事実です。
しっかりした基礎知識もないまま経験を積むのは、ネットで専門知識を拾うのに似てると感じます。
基礎知識と職業倫理、価値観、物事の本質を理解することが大切ですよね。

予防の方で時間超過について

  • すすうう
  • 2021年12月13日(月) 9:02

訪問介護事業所でサ責をしているものです。

訪問型独自サービスで60分で支援に入っているヘルパーから、利用者様に頼まれて、断れ切れず20分超過しました、どうしたらいいですか?と報告がありました。

私の考えでは独自サービスについては、超過してしまっても、算定等は取れないと考えているのですが、どうなのでしょうか?

担当ケアマネ様にはまだご相談しておりません。

知識不足な者で大変申し訳ありません。
ぜひ皆様のご意見を教えて頂きたいです。

  • [1]
  • エンプティ
  • 2021年12月13日(月) 9:46
  • 削除する

訪問型サービスの単位は保険者ごとに違うのでそちらの
ルールは分かりませんが、一般的には訪問型サービスの単位は「生活1」とか「生活2」というようなサービスコードではなく「訪問型サービスI」とか「訪問型サービスII」というように週1回、月4回以上という括りですので、予定時間を超過したとしても対応できるサービスコードはないのではないかと思います。

  • [2]
  • とおりがかり
  • 2021年12月13日(月) 10:18
  • 削除する

保険請求はできません。そんな時に備えて保険外自費サービスの契約を行っている事業者が増えていますよ。
ケアマネも60分のプランを立てているのではないでしょうか。「プラン外は自費」と高齢者側にも理解をしてもらう必要があります。

  • [3]
  • めじな
  • 2021年12月14日(火) 9:55
  • 削除する

事前の計画の時間が算定可能な時間です

原則的に、上記が短くなっても長くなっても算定時間は事前の計画です
※契約の時説明と思いますが

あまりにも短くなる場合は短縮時間で算定も可能
超過する場合は利用者への同意やケアマネジャー等への説明報告で算定が可能、ただし利用票や提供表等の差し替えが必要(サービス計画の変更が必要)また、時間変更が今後も頻回に起こるのであればサービス計画書等の変更が必要

>60分で支援に入っているヘルパーから、利用者様に頼まれて、断れ切れず20分超過しました、どうしたらいいですか?と報告がありました。

事後なのでどうのこうのしようがないと思いますが?原則算定できないただそれだけと思います

>断れ切れず20分超過
何をしていたかにもよると思いますが

ケアプラン外の内容であれば(法定代理受領サービス外)であれば

指定介護保険訪問介護サービスが介護保険事業所として指定介護保険とは異なる保険外の訪問介護サービスを実施する場合には、
・利用者と事業者との間の契約に基づいていること
・保険給付対象サービス(指定訪問介護)と明確に区分されていること
・指定訪問介護の事業とは別事業で、介護保険給付の対象とならないサービスであることを説明、理解を得ること
・指定訪問介護事業所の運営規程とは別に定める(当該事業の目的、運営方針、利用料金等)
・保険利用契約とは別契約 (指定訪問介護利用契約書とは別に 契約書を作成)
・自由設定(保険の報酬額とは別な料金設定可能)
・保険給付の範囲外のサービス(保険で行われないサービス内容)であること
・会計が指定訪問介護の事業とは区分されていること(営利法人では消費税の対象)
・保険利用者の場合は居宅介護支援事業者と連携
が必要になります…介護保険制度のQ&Aや事務連絡より

  • [4]
  • めじな
  • 2021年12月14日(火) 9:55
  • 削除する

が必要で、

>断れ切れず20分超過
の内容によっては
行政的に言わせると不適切になりかねないと思います(がちがちな行政の社会保険の指導はこんなものと思います)

  • [5]
  • めじな
  • 2021年12月14日(火) 13:20
  • 削除する

>原則的に、上記が短くなっても長くなっても算定時間は事前の計画です

要介護者のサービス計画の場合を引用しています。

ご助言ください

  • 包括職員
  • 2021年11月10日(水) 10:20
  • 削除する

アルコール依存症の男性で要支援1の男性です。

近所の住民や民生委員から相談あり関わっています。
介護申請しヘルパー等や配食サービスなど導入しましたがヘルパー訪問時に飲酒し大声を出したり、寝ていて鍵を開けてくれないことあり、配食も「まずい」と言って拒否され結局サービスの継続には至りませんでした。

時々近所の方が安否確認やゴミ出しなど手伝ってくれていましたが元々アルコールで認知機能も低下、栄養状態もかなり悪く動けなくなり失禁状態で倒れているところを救急搬送し現在入院しています。

区分変更申請し、要介護3程度にはなりそうな状態ですが。町内に住む娘はかかわりを拒否し施設申し込みなども拒否。

行政は身寄りのない方であれば市長申し立てで後見申請もできるが同じ町内に娘のいる方に関してはそれもできない、と言われます。

病院から近々退院となる運びですが、家の中も救急搬送されたときの排泄物が落ちている状態のままで、本人は勝手に部屋に入るなと怒っていますし、サービスの導入も今現在も拒否しています。

居宅支援事業所のケアマネさんに相談してもなかなか担当して下さる方もおらず困っています。

同じようなケースは多々あるかと思うのですがご助言お願いいたし餡巣。

  • [1]
  • 通りがかりの人
  • 2021年11月10日(水) 12:26
  • 削除する

文面を見る限り、後見相当ではなく保佐相当くらいでしょうか。本人の同意が必要なので、保佐での首長申立はなかなか厳しいのではないでしょうか。
仮に後見相当であれば、(娘にとっては心外な事でしょうが)ネグレクトとして捉えて通報すれば、市も動くでしょう。市から直接娘に確認しても拒否なら、首長申立の方針になるのが通常ではないか、と思います。関わる家族がいないのでは、身寄りがないのと同等です。
現状、介入する隙間がないのであれば、困ってもらって本人からSOSを出るように仕向けるのも一つの手段です。
ケアマネさんについては、手間はかかりますが、落ち着くまで包括が共に訪問する等であれば、動いてくれるケアマネさんはいると思います。経験から、ケアマネを紹介して丸投げ…傾向なら無理でしょうね。

  • [2]
  • エンプティ
  • 2021年11月15日(月) 9:34
  • 削除する

このケースの場合、後見制度を使うことで何の課題を解決させたいのでしょうか。

後見制度を使った場合、支払いの担保や入院時の諸手続きのアシストにはなりますが、飲酒の問題やサービス拒否(他者の受け入れ)が良くなるわけではありません。

このケースでは何が優先順位が高くて緊急度が高いのかアセスメントが必要です。

アルコール依存症で自らSOSを出したわけじゃなく、近隣から苦情めいた内容で入ってきている相談ならば支援者があまり先回りしてしまうのは支援者がイネイブラーとして取り込まれてしまう懸念があります。

本人からSOSを出してもらうような関わり方をするのが良いと思います。

  • [3]
  • ガロン
  • 2021年11月15日(月) 11:17
  • 削除する

ゴミ屋敷問題、アルコール依存症など近隣トラブルを起こし、近隣住民や民生委員から相談が来るようなケースへの介入は、介護保険を利用する前段の支援が重要だと考えています。介護保険で介入するのは、その準備ができてからでないと困難です。

ただ、本質的な解決は、おそらく簡単にはできないでしょう。そして、その解決には、長期的な視点での支援が必要です。根気よく聞き役に回り、何をどうすることが本人にとって良い事なのかを誰かが、関わり支援していかなければなりません。いつ介入できるようになるかは、わかりませんが、信頼関係の構築ができれば話も進むことがあります。

現状では、認知症がありサービス利用を拒否をするようなケースも含め、すぐにサービス利用に繋がらないようなケースは、やはり包括センターや自治体が、長期的に支援しなければならないのではないでしょうか。

  • [4]
  • めじな
  • 2021年11月16日(火) 9:23
  • 削除する

>近所の住民や民生委員から相談あり関わっています。

何を相談しているのでしょうか?
飲酒、大声、安否やゴミ出し、栄養状態、救急搬送などなどでしょうか?
要は他者に迷惑かけず自立した生活をしてほしいになるのでしょか?

誰もが一人で生きていません、何かしらの問題を抱えていると思います
ご近所や民生委員はどの程度の協力やかかわりが寛容していただけるのでしょうか?

その先のかかわりが行政等の対応と思います、これを明確にしてないと、住民等との話し合いは無効です

現行ではその結果で対応するしかないと思います

その結果が救急搬送で入院だとしても、そこからまた対応するしかないと思います
大変だけどまずかかわりを持てるルートを確保する、何でもいいので話ができる関係を築く…入院したら退院の話し合いをするとか(解決とかでなく話ができる関係)

娘さんも拒否をする理由があるのだと思います、それがすっきりしない限り拒否と思います。
ハードルを下げてかかわれることを話し合う…入院したら連絡してもいいですか?程度とか
まずかかわりを持てるルートを確保する、何でもいいので話ができる関係を築く
解決になるか否かは別にして人となりを理解し、話をしていく以外ないと思います。

汚い家で生活するのも必要かと、でもいつでも相談が可能であるルートを本人に提示し、いつもこちらから声掛けをしていくことは必要です、本人にはチャンスの機会を与える

  • [5]
  • めじな
  • 2021年11月16日(火) 9:23
  • 削除する

何が適当かわかりません、他方が言われる内容が解決に結びつくかもしれません。必ず、かかわりを持つ人たちでチームを組んでください、できれば問題あるときにすぐに集まれる関係を築いてください
~現状ではしょうがないなというところまで話し合っておけばいいと思います。

私も、関係者も本人も、娘さんも自分の思い通りには決してなりません、思い通りにさせることが正解でもないし、最終的にはなるようにしかならないと思います、頑張ってください。

  • [6]
  • 包括職員
  • 2021年11月24日(水) 16:50
  • 削除する

みなさん、ご助言ありがとうございます。
御礼・返信が遅れて申し訳ありません。

その後の経過をご報告します。
介護サービスの導入はできないまま、外からの見守りを民生委員はじめ近所の方々がしてくださって、本人がSOSを出したところで救急搬送し入院されました。
この入院中に区分変更申請し要介護3となられました。

娘さんに連絡し、お会いできました。若いころから相当な苦労をしたようで昔は家族として関わろうと努力もされていましたが、本人からの暴言、地域の方々からの「家族のくせに何もしない」などといった????咤、救急搬送されるたびに病院から有無を言わせない呼び出し、入院費の請求などあり心が折れてしまい、数年前から一切関りを絶つことにした、と話されていました。

今後、本人が生きている間は顔を合わせることは無理だが、成年後見の申し立てなどの手続きはしてくださることになり一歩前進したとは思います。

ただ、本人は先日、入院先の病院で帰宅願望が炸裂し自宅に帰されてしまいました。引き受けて下さったケアマネさんと交代で訪問しヘルパーも導入。私の自宅から寝具一式もってきて準備しましたが3日後に玄関前で倒れ叫んでいたところ再度救急搬送しまた病院に戻りました。施設を探していますが、家族と不仲、後見申請中で未決定という理由からなかなか受け入れてもらえる施設が見つかりません。言われたように長期的なかかわりが必要そうです。

  • [7]
  • PSW
  • 2021年11月25日(木) 9:20
  • 削除する

PSWとしての視点で。
65歳以上のアルコール依存の方で、そもそも内容としては介護保険というより、精神障がいの範疇でしょうか?
毎回救急搬送→アルコール依存症病院へ転院、退院してくるという事でしょうか?
退院先として介護施設ではなく、障がい福祉のグループホームなども選択肢になるのかなと。地域にもよりますが、広域でさがせば依存症のGHがあるように思います。
病院が持っている場合もあります。そのまま入居されれば一番スムーズかと。
65歳以上でも、こういう事情があればGH利用可能だったりします。
このパターンだと病院のPSWが入居支援してくれます。
障がい福祉の場合は、後見人必須とか、親族に問い合わせがいくとか、あまりそういう感覚はありません。
アルコール依存で身寄りがない方、身内から絶縁されている方、結構いますので。
民生さんとか、地域住民とか、親族とか、そこを頼りには出来ませんでしょう。
アルコール自体は医療的な側面が強く、ひどい場合は毎日でも訪問看護が入って命をつなぐ場合もあります。
精神科の専門領域なので、病院、PSWに中心になって頂いてもと思いますが。
(もっとも重度になると、治療対象にならない、見放されるということもありますが)

  • [8]
  • 通りがかりの人
  • 2021年11月25日(木) 11:39
  • 削除する

支援お疲れ様です。
寝具を用意してまで…。さすがにそんなに熱血な包括職員さんがいるとケアマネも協力せざるを得ません。とはいえ、皆様身体や心を壊さないようにしてくださいね。
たくさんの制度ができているとはいえ、狭間にいる人をセーフティネットに引っ掛ける為には、未だにそんな風なボランティア精神や熱心な気持ちがあって初めて成立している福祉の世界。そうした熱意がインフォーマルサービスを作り出すきっかけになるのかもしれません。
社会福祉士の方でしょうか?結果的に近隣住民、娘、病院、ケアマネと本人を繋いでいったソーシャルワークは素晴らしいな、と思いました。
後日談のご報告ありがとうございました。

虐待といわれた

  • 虐待娘
  • 2021年8月31日(火) 12:03
  • 削除する

私は同居している母を叩いてしまい、3年前に役所に「虐待しているので保護する」と言われ、母は精神病院に入院させられました。そこで寝たきり状態にさせられ一時は危篤状態にもなりましたが、その後、一般の病院に転院し回復し家に戻ってきました。今、介護サービスを使っていますが母が職員さんを困らせるため断られることが多く思うように利用できません。
母が夜中でも騒ぎ出したり、私にわがままなことをいうのでそんな時に喧嘩になります。母が私を叩いてくるのでやり返します。

母がデイサービスなどで「娘が叩く」というのでまた役所の人が来ました。母は叩かれても家に居たいと泣いています。精神科にまた入院させられて命を落とした場合、役所に人は責任を取ってくれるのですか?どうすればいいですか?

  • [1]
  • 支援員
  • 2021年8月31日(火) 22:39
  • 削除する

母親が退院後も介護サービスの職員を困らせるということや、夜中も騒いでしまう。あなたもそれに我慢できず叩いてしまう、ということはいっぱいいっぱいの状況なので、同居は無理です。

病院なり施設なりの力を使って、介護負担を無くしましょう。その方が互いのためになるはずです。

あなたは懸命にできることをしてきたはずです。
もう無理しなくていいと思います。

  • [2]
  • 真面目
  • 2021年9月1日(水) 10:05
  • 削除する

腹が立つのは分かりますが、手を出すとアウトです。それが日常的になると行政が保護するのは当然の事なのです。福祉施設ではなくて精神科へ保護するという事は、集団生活が難しい状態、という判断でしょう。(そんなお母さんを自宅で介護してきたのは、すごいと思います。)
役所の判断が重大なミスとは思えないので、仮に精神科で命を落としたとしたら、訴える先は病院側ですがそれも難しいでしょう…。
お母さんを家に帰す手段としては、治療が落ち着いたら同居したい旨を伝え、役所や支援者が出す条件をすべて受け入れるくらいか、と思います。
保護した側は、あなたがお母さんを大事にする気持ちを尊重し、お母さんが自宅にいたいという意向も尊重すべきである事は十分分かっています。精神科へ保護の判断に至るまでに支援者間で十分な話し合いをした結果だと思います。DVや児童虐待とは違って高齢者虐待防止法には、あなたに対する支援の視点が含まれています。お母さん中心の生活から、あなた自身の人生を再スタートしてほしい、という支援者側の想いもあったのではないでしょうか。

  • [3]
  • 虐待娘
  • 2021年9月2日(木) 17:31
  • 削除する

わかりました。
気性の激しい母ですが最期まで自宅で介護したかったです。
夜が大変だったのでもっとショートステイを使いたかったのですが
使わせてもらえず、結果暴力で抑えることしかできず情けないです。

きっと近々母はまた精神科に入院させられるのだと思います。前回もあっという間に寝たきりになって言葉も話せないほどになったので今回もそうなるでしょう。
コロナで面会もできず今度会うのは亡くなったときかもと思うと切ないです。

  • [4]
  • 真面目
  • 2021年9月3日(金) 9:26
  • 削除する

すいません、既に保護されていると思い込んでいました。
今もご自宅でみておられるなら、お二人とも抵抗があるかもしれませんが、精神科外来にお母さんを連れて行き、症状について相談してみてはいかがでしょうか?(かかりつけ医に紹介状をもらうといいですよ。)それとも、既に精神科通院しているんですかね…。
もともとの性格からくるのか、認知症による周辺症状なのか、それとも統合失調等の病名が付くのか。副作用で活気がなくなったり、足元がふらついたり等はありますが、向精神薬などの内服調整で精神症状が落ち着く人も少なからずおられます。また、病気によって治療法や関わり方を変える事で改善する事もあるかもしれません。また、介護者自身の怒らないようメンタル面をコントロールできるよう努力する事も必要でしょう。
家で看るのは大変な事です。