2015年3月2日、運営元が特定非営利活動法人ウェルへ移管されました。
[ご挨拶 ~ NPO法人ウェルへの運営移管にあたって ~ ]

成年後見制度

関連するニュースや法改正に関する情報から具体的対処事例まで、成年後見制度全般について語り合う掲示板

新しい記事を投稿する 記事検索

複数保佐人

  • 保佐人
  • 2016年8月16日(火) 19:59
  • 削除する

知的障害者の親であり保佐人をしています。最初は一人でしたが、
健康状態が悪く、入退院を繰り返しており、2年ほど前弁護士法人に依頼しました。

お互い相談をしながら協力して被保佐人を支援していければと思っていました。又、時期が来たら私が辞任し全てをお任せしたいと思っておりましたが、それもうまく行きません。

施設を利用していますので、まず施設の契約を変更し、財産関係も全て引き継ぎ、施設利用料の支払いもお願いしたいのですが、ほとんど動いてくれません。

現在、一部高額な預金証書を預かっていただいているのと、2か月に一度施設に行き本人と面談しておられます。

施設では、虐待に近い職員の行動が見られ、施設と懇談をしていても、ほとんど関係ない感じです。

引き継ぎをすることも出来ず困っております。
自宅も本人名義になっておりもしものことがあれば、売却もお願いしておきたいのですが、話し合いがありません。

勿論報酬はお支払いしています。

  • [1]
  • mami
  • 2016年8月17日(水) 15:02
  • 削除する

質問者様は健康状態がよくないということですので、家庭裁判所にその旨相談されて、辞任許可の申立てをされてはいかがでしょうか?

質問者様が辞任し、弁護士法人が単独の保佐人になれば、弁護士法人も引き継ぎを受けてくれるでしょう。

辞任される場合は、弁護士法人にもあらかじめ相談しておかれる方がよいと思います。

もし、このまま弁護士法人に単独の保佐人をまかせるのが不安であるならば、その点についても弁護士法人とよくお話されるといいかと思います。質問者様との話合いに時間をつくってくれないような対応でしたら、そもそも保佐人として適任ではないのではないでしょうか。

質問者様が保佐人を辞任された場合は、以後ご親族としてご本人を支援することになります。保佐人との連携が必要になる場合も多いでしょうから、保佐人とよく話し合っていい関係を築いてくださいね。

  • [2]
  • まこと
  • 2016年8月17日(水) 15:52
  • 削除する

現在、私 知的障害の妹の成年後見人になっております。

正直に話しますと
弁護士等の専門職後見人さんができる事はほとんどありません。

理想を謳っているこの制度ですが
せいぜい 現状維持がやっとなのです。
新しく積極的に福祉サービスを探したり 資産の売買等もやりません。
通帳保管 市役所の書類の申請 税金関係 支払い その程度です。
まだ 面談してくださるだけ良心的です。

私の前の後見人は弁護士でしたが 最初に1分挨拶しただけで いっさい会いもしなければ なにもしませんでした。
名前と 報酬だけの存在でした(詐欺です)
ですから 苦労して私に変更してもらいました。

ご本人の兄弟姉妹はいらっしゃらないのでしょうか?
甥御さんや姪御さんは? 
遺贈ということで あなた名義の財産分与と引き換えに
細々とした事をお願いできないのでしょうか?

信託の利用をぜひお考えください。
とりあえず 横領だけは避けねば。
信託銀行で 大金を預かってもらい 普通の通帳で生活していくのです。 銀行のほうが弁護士より安心ですよ
裁判所も 信託を推進しています。

  • [3]
  • 複数保佐人
  • 2016年8月18日(木) 20:26
  • 削除する

mamiさん、まことさん適切な回答有難うございます。
保佐人在籍8年の私ですが、この制度に疑問を感じることが多く、なりました。
まことさんがおっしゃった「ほとんど何もしない」のが正解です。
本人名義の土地・建物もありますが、代理権が付与されていないので私が生前に売却を考えております。
弁護士さんが私の死後売却をしてくださるとは考えられません。
生命保険もありますが、本人の口座に間違いなく振り込まれるか心配になりました。。

定期報告が1年に1回ありますが、全て私が作成し、署名捺印をお願いし連名で提出しています。。
一度こんなことがありました。複数保佐人になって最初の時、報告書は30ページほどありましたが、私が署名捺印をし、弁護士さんにお渡ししたところ、弁護士さん2人の連名に書き換えておりました。とても驚きました。

信託銀行では、大口の解約の場合、家庭裁判所に連絡をするそうですが、私の居住地には信託銀行がありません。
最近、弁護士さんの使い込みが問題になっておりますが、あまりの事件の多さに弁護士会が「500万円」まで補償することが新聞に掲載されていましたね。その程度では話にもなりませんね。

まことさんのおっしゃる親族は多くおりますが、頼れる親族は今のところおりません。障害者アレルギー人間ばかりです。
冷たい親族より温かい他人と思っておりましたが、勘違いでした。

本当に何もしませんね、代理権が付与されていても。

  • [4]
  • とおりすがり
  • 2016年8月19日(金) 13:11
  • 削除する

後見人の報酬は、いくらきめ細かく身上監護を行なってもほとんど評価されません。管理した財産の金額でほぼ決まります。
そうした背景もあり、多忙な弁護士さんの中には、お金にならず時間と手間だけかかることをやりたがらない(やらない)人もいるのかもしれませんね。

介護保険掲示板に後見人を名乗る人の書き込みがありましたが、身上配慮義務は事務を行なう上での指針で、行為義務ではない(から義務も責任もない)と考えている人も少なくないようです。
ご親族の期待と後見人の考えに大きな隔たりがあり、その差を埋めるのことは容易ではないと思います。

しかし、「本人のために」と考えてやることが、本当に本人のためになるのかという疑問も生まれます。
後見人の偏った価値感や倫理を押し付けることはかえって本人の不利益になることもあるからです。
後見人は包括的な代理権という強力な権限を持っているのに、それを監視できるのは家裁と後見監督人くらいでしょう。
後見人は自身が暴走するのを防ぐために、そして本人を保護するといった視点から、どうしても、現状維持を維持し積極的に何かをすることが少なくなると思います。
財産管理で、確実に儲かる株券でも売却できないことや、使っていない居住用建物も容易に売却できないことからも、身上監護でも保守的な考えが主流なのは当然と思います。

そうした中でどう本人の幸福を追求していくのか、関係者で話し合いを重ねていくしかないのでしょう。

複雑な法律問題がなく、身上監護を重視したいのなら後見人に社会福祉士を希望されるとよいかもしれません。少なくとも基本的な対人援助のスキルと福祉的な視点をもっておられるでしょうから。

  • [5]
  • まこと
  • 2016年8月21日(日) 5:15
  • 削除する

 復数保佐人さま

本当に苦しいのは お困りなのは
これから先 どうしたらよいのか、という ソコの部分ですよね?

今まで ご自分が頑張れば なんとかなった
しかし 健康を含め 余命を含め お金も含め
肝心な 自分の代わりがいない

ソコですよね?

しかし 施設に入居とのこと 住む場所は確保です
あとは お金と 生活を守ってくれる人ですよね

これからは 発想を変えて
あなたさまの代わりを 復数の人間に割り振るということをやってみてください

現状維持=後見人(保佐人と書かれておられますが、いずれは)

後見信託銀行=後見人の横領防止 毎月定額を送金という形でくずすことは可能(裁判所の指示書は不要) 遠い近いは関係ないです 郵送ですべての書類ができます(してくれます というかさせます)

親族に年に一度でも配達に行ってもらう(面会と言わず たとえばリップクリームを持っていってくれとか超簡単なこと)
= 施設の虐待防止

施設の虐待は 後ろ盾のない入所者に向かいます
親族がたとえ一年に一度でも 復数の親族を確保できれば 数回
様子を観に行けます。
予防と 発見(目に見える場所に痣はつくらないと思いますが)

ところで
ご本人さまは 障がい者のほうのサービス適用なのでしょうか?
もし そうならば
福祉サービスの範囲が広いので ケアマネさんと相談して
旅行の付きそいとか=里帰りの代替案 予算と相談して
いろいろ構築されてはどうでしょう?

後見人は新しいことはやりませんから
今のあなたさましかできません

ケアマネは大切にしてください。不満や愚痴は笑顔で訊いてくれますが多忙な人です。要点をまとめて文章にしておくとよいと思います。1番の味方になると思います。

市町村長申し立てと生活保護

  • 暑がり
  • 2016年8月4日(木) 16:23
  • 削除する

生活保護受給金していた被後見人が4月から施設
入所に伴って、保護廃止となりました。報酬助成
の申請を8月に行います。しかし、区の職員から本人の預貯金から出金してくださいと言われました。申請
月が4月までだったら、助成ができるとのこと
です。申請を3月までと4月以降に分けても助成は
できないとも言われました。
あまり腑に落ちません。おかしいと思いませんか

  • [3]
  • とおりすがり
  • 2016年8月4日(木) 18:49
  • 削除する

それぞれの自治体の助成制度の要綱を確認しないと何とも言えないと思いますが。(おそらく区の職員はこれに基づいて判断していると思いますが)

仮に、助成の対象を生活保護受給者に限るとしてあるのなら、そういう判断になるんじゃないですかね。(貧困者が助成を受けられないというのは別問題として)
現時点で本人の預貯金があるのなら本人からもらうのが当然ではないでしょうか。

僕は3人兄弟で姉と妹がいます。おふくろは96歳で認知症です。おふくろが忘れやすくなった時、急に疎遠だった妹が姉と結託しておふくろの意思を無視し生前供与をおふくろのいない所で僕に迫ってきたが受け入れませんでした。すると僕に内緒でおふくろを精神科に連れて行き後見人制度をし、結果、保佐人制度に決まりましたが保佐人指定は妹なので断りましたが裁判所は妹設定の保佐人になり、その後も妹は後見人制度をしようと同じ精神科医に行きましたがおふくろの悪さや認知度を同席し云ったと思われ、その医者はおふくろはまともだが妹さんは頭がおかしいと電話で聞き、保佐人もその精神科医から同じ事を聞いたと話した。その後妹が僕の女房に嫌がらせの電話をし、女房は精神的にまいっています。弁護士が悪さに歯止めをかける為、僕にもおふくろの後見制度をし認定されれば解決すると言われ僕の住所の管轄する権威ある医療団体でおふくろを詳しく検査し、何日か後に後見人妥当と判断され弁護士に手続きを依頼し、保佐人のその後を心配し現在の保佐人に指定しようと頼んで一旦は受け付け返事をしたが財産目録等資料を期日までに渡さず妹に連絡し妹は後見人制度をさせない為、保佐人から別扱いをされ、今まで母宅に殆どよらず来るときは精神科医へ連れて行くのが多く、今回も保佐人から聞き母宅へ来た。僕の後見制度へのははの財産目録等資料提出をせずに一方的に妹へ僕の情報を漏らした件も含めて保佐人解任が妥当と思うが?あくまでも裁判所は法の平等性が主体で母の面倒も僕と女房がみている。アパートの管理から白色申告、固定資産税の滞納(認知症)親父の墓管理、健康保険対策等。妹はおふくろの郵便受けも僕宛にしたのを勝手に戻し、その後は自宅(地方)に戻り放置した為、健康保険料の増額通知も

  • [1]
  • まこと
  • 2016年7月28日(木) 10:11
  • 削除する

こんにちは 私 親族の立場で後見人になっている者です。

順に書きます。

1 生前供与をせまられた = 断ればよろし

2 裁判所は 妹さまを保佐人に指定 = 誰を指名するかは裁判所の判断です。覆すこと不可能

3 妹さまが奥さまにいやがらの電話 = 記録録音の上 警察へ。ストーカー扱いで きっちり対処を

4 後見人妥当と判断され 弁護士が手続き = その弁護士 いったい何をしてるんですか? さっさとすればよろし。

5 僕の後見制度へのははの財産目録等資料提出をせずに =
= 財産目録 ご自分で(もしくは弁護士等代理人で)金融機関へ行って残高証明をもらえばよろしい。

6 (妹が)来るときは精神科医へ連れて行く = 不当ではない。

7 一方的に妹へ僕の情報を漏らした件も含めて = それが保佐人が不当ということとは全く関係がありません。

8 面倒も僕と女房がみている = 介護と後見制度とは 何の関係も いっさいの関係も まったくカケラも関係ありません。

ここが ご質問の要だと思いますが
介護と後見はいっさい関係がありません
相続とも関係がありません
したがいまして 書かれている範囲では 妹さまには全く落ち度はありません。

成年後見は本人のためであって 苦労して介護をしている家族には何の恩恵もありません。

  • [2]
  • 正義感
  • 2016年7月29日(金) 11:32
  • 削除する

お返事ありがとうございます。貴方様は親族の立場での後見人ですが、こちらは妹の選任した親族以外の司法書士の補差人ですので母の財産目録は銀行では司法書士からでしか認めてもらえません。
裁判所が認定した司法書士は、こちらが裁判所へ後見制度を申請する為に財産目録などの提出依頼した場合、裁判所から認定された保佐人だけが母の銀行取引権利があり、財産目録の提出義務があると聞きました。
だから親族と云えども母の預金額なども見られないのが現状です。保佐人がその権利を利用して母の預金もおろせる悪法だとも思えるのです。
保佐人申請をし出したのも妹で、こちらが妹の嫌がらせをさせない様に家庭裁判所に後見制度を弁護士に依頼した。今まで保佐人は急に態度を変え電話にも出ず財産目録を今だに出さず最終的には財産目録を出さねば家庭裁判所に提訴しようと思います。

  • [4]
  • 横からですが・・・
  • 2016年7月29日(金) 13:45
  • 削除する

被保佐人(母)の後見の申し立てをしようとしておられるのですかね?

現在、司法書士が保佐人についておられるようですね。
お母さんの財産はあなたのものではないので、あなたに財産目録を見せる必要はありません。
その保佐人の態度は適切だと思いますよ。
保佐人はお母さんの代理者であり、あなたの味方でも妹さんの味方でもありません。
たとえ妹さんが要求したとしてもお母さんの財産を守ります。

財産目録については、詳細が不明でも後見申し立ては可能です。
財産目録を保佐人である司法書士が見せないことについて争う必要ないでしょう。

いろんな問題をごっちゃにしてしまっているようですね。
感情的にならず、じっくり整理して考えられたほうがよいと感じます。

  • [5]
  • 正義感
  • 2016年7月31日(日) 14:33
  • 削除する

有難うございます。
保佐人の母の財産管理は妥当ですが、保佐人決定後、今までは妹と僕は平等扱いしてくれていた発言なので後見人依頼を現在の保佐人にお願いしたら、途端に妹の「僕が保佐人申請をしたら知らせてくれ」と頼まれ、それから保佐人の態度が一変し妹がその知らせで、今まで母の擁護せずに放置してたのに母宅へ来た。
ヘルパーさんにも言いがかりをつけ、ヘルパーさんからの苦情がきた。妹は家に来ても殆ど母の面倒も見ず財産目当ては周りの人も感じると僕に連絡があった。
保佐人の連絡で母はヘルパーさんの助けを少なくされ、不便を感じる様になった。母の生活はどうなってもいいのかと保佐人の態度が著しく疑問で、保佐人制度のあり方が問題だ。
今後弁護士を通じ追及していこうと思う。

  • [6]
  • まこと
  • 2016年8月1日(月) 8:27
  • 削除する

すみません。
お心乱れているのに 追い詰めるようになって・・・

確認ですが 文面から
「現在は 任意後見としてあらかじめ指定されていた司法書士さんが 契約にしたがって責任を果たしている」という 解釈でよろしいでしょうか?

そして それを不服として 法定後見を申請しようとしている 

ということでしょうか?(任意後見が優先ですが裁判所の判断で法定後見に変更することは可能ですから)

そうなりますと 「横からですが」さまのおっしゃるとおり
現在の 任意後見人さまは 職務を忠実に果たされていると思います( 妹さまの味方でも 貴方様の味方でもありません)

唯一 おかしな点は
ヘルパーさんの利用が減った という点です。
これに関しては 事業所かケアマネさんに確認してください
介護の範疇なので ご家族には直接教えてくれます。
介護度が減った等の理由で サービスが減ったのなら
それはそれで正当な理由ですから。

「横からですが」さまの書かれておられることと重複しますが
保佐人さまは あくまでも ご本人さまのために動かれます。
介護家族であろうとも 放置家族であろうとも 同居別居にかかわらず いっさい関係がなく 情報を漏らすこともありません。

複数後見

  • ハンナ
  • 2016年7月1日(金) 16:56

複数後見(後見人が2人)のときの手続きについての質問です。
1.後見人の一人が死亡した場合、自動的にもう一人の後見人が全部の権限をもつのでしょうか?死亡を知った場合は裁判所に対してどのような手続きをするのでしょうか。それとも死亡した後見人の相続人から手続きするのでしょうか。
2.後見人の一人が辞任した場合、辞任許可書は特別送達ですか?本人や残った後見人の側にも何かの書類が特別送達されますか?
以上2点です。経験がある方(なくてもご存知の方)お教え下さい。

  • [1]
  • まこと
  • 2016年7月2日(土) 18:00
  • 削除する

書かれておられる事の中で わかる範囲ですが

1 
たとえば 財産管理と身上監護と 分かれて(分掌)2人でしていた場合
財産管理の方がお亡くなりになり 身上監護の方が 財産管理もやるという場合は 分掌していたことを取り消す という内容の審判 という形の文書が送られてきます
この場合は 復数後見から単独後見へ移行しますが

ただ、、単独後見へ移行というのは極めて珍しいです。

家裁が 分掌をやめて一人に任すと判断するか そのまま復数ということで 第三者をまた任命するかによります。

たいがい復数後見のまま 穴をまた他の人で埋めるだけです。

死亡について最初に死を知る人は 後見人の遺族ですから 遺族のほうから すみやかに家裁へ連絡をします。
それから 後見人選出ということですが 
後見人の遺族は関係ありません。
被後見人の親族からまた候補者を選んでまた申請をする という建前にはなっています。
ただ、これも 家裁の判断で とくに専門職後見人の場合は 穴をそのまま誰かが埋める可能性が高いです。

2 辞任許可証というのは 審判 という書類の中に記載されている言葉で タイトルはあくまでも 審判です。
後見人には送付されますが

本人(被後見人の意味ですよね?)には送付されません。

本人は 無能力者ですから何も権限がありません。
なにしろ後見人選びでさえ いっさい部外者です。
なので 関係ない人に そうゆう郵便物は届きません。

そもそも郵便物の管理も身上監護の後見人(もしかしたら財産管理のほうかも)がしているのですから 本人には届きません。

この郵便物は特別送達ではありません。

以上 わかる範囲だけ書きました。
少ししかわからず申し訳ないです。

  • [2]
  • ハンナ
  • 2016年7月2日(土) 21:38

まことさん、ありがとうございます。
勉強になりました。

知的障害があり金銭感覚もなく自分では生活できない妹がいます。

父母亡きあと 私が(介護別居して=もともと単身赴任でしたが ) 成年後見人になり 面倒もみていましたが

このたび 遠隔地へ転勤の打診をされ
悩んでいます。

家裁へ聞いたところ

要約しますと

1 財産管理を交代
2 身上監護は (知的の在宅は)むずかしいから 受任する専門職がいない可能性があり 複数後見にしておいて 実際は 貴方が
やる

ということでした。

意味がわかりません。

財産管理は 専門職ができるから交代しろ
身上監護は 難しくて受ける人がいないから 複数後見にして名前だけ受けてもらって 実質 貴方がしろ

しかも
また転勤で 地元の近くに帰ったら
元どおり 私に戻してくださいますか?と聞きましたら

それは できない とのこと

後見人の交代は 理由が定められており 近くに戻ったからというのは 理由に該当しないから ということでした。

報酬がネックです。 妹はまだまだ20年30年生きます。
1000万以上軽く 報酬で消えます。


わたしが 遠隔地から 無理して 帰るしかないのか、、
それとも

もう、、、妹を見捨てるしかないのか、、

  • [1]
  • とおりすがり
  • 2016年6月24日(金) 14:35
  • 削除する

転居により後見人を交代しなければならないという決まりはないはずです。
ただ、遠方への転居のため後見人の責務を十分果たせないのであれば、辞任を申し出ることができます。
つまり、あなたから辞任を申し出ない限り、後見人が交代することはないでしょう。
>後見人の交代は 理由が定められており 近くに戻ったからというのは 理由に該当しない
↑これは現在のあなたにも言えることで、よほどの理由がない限り交代させられることはありません。

では、後見人を交代した方がよいのか?それはあなた自身がよく考えてください。

妹さんにお金を渡したりする財産管理が心配なら、社会福祉協議会の日常生活自立支援事業を相談してみるのはどうでしょう。ただ、すでに後見人がついている方の利用に応じてくれるかは不明で相談次第だと思います。

身上監護については、福祉サービス等をうまく活用すれば何とかなるかもしれません。
後見人を交代しても、結局、親族が遠方でも呼び出されることが多くあるかと思います。

後見人の報酬については、本人の生活を圧迫しない範囲で審判されますので、本人のための必要経費と考えるしかないと思います。

  • [2]
  • まこと
  • 2016年6月24日(金) 17:49
  • 削除する

とおりすがりさん お返事ありがとうございます。

書き方が悪かったですね。すみません。

遠隔地なので交代したいが 家裁が言うのには

財産管理は交代できるが
身上監護は 在宅の知的障害は難しくて交代できない
名前だけ復数後見でのせて 実際には 専門職はお飾りで(報酬だけ受け取り) まことさんがやるしかない とのお話でした。

ちなみに 報酬は 本人は まだ34歳なので(知的障害在宅)
20年で亡くなられる高齢者ならともかく 余命長く破産します。

これも家裁に訴えましたが 規則で 財産の残高で考えるので 年齢は関係ないとのこと 破産したら生活保護からの報酬支出になります とのことでした。

>後見人を交代した方がよいのか?それはあなた自身がよく考えてください。

よく考えてみます。

  • [3]
  • 成年後見勉強中
  • 2016年6月25日(土) 21:00
  • 削除する

妹さんは一人では生活ができないんでしょうか?金銭感覚がないということはわかりましたが・・・。
今までどのくらいの頻度で妹さんを支援していたのかはわかりませんが、推測するに、きっと福祉サービスはご利用になっているかと思います。サービスのマネジメントをしてくださる方に、まず今後の妹さんの生活を相談してみてはいかがでしょうか?そこから考えてみて、後見人を交代するかどうか検討してみては?
福祉サービスの利用料等は銀行引き落としで対応ができると思いますので、財産管理については遠方でもできるのではないかと考えますし、サービスを利用して妹さんの生活・権利がまもれるのであれば安心ですしね。

妹さんの財産がなくなれば、生活保護になると思いますが、そこから報酬をとることができても、生活保護費に後見人の報酬はふくまれていないので、そこから報酬をとるということは現実難しいようにも考えます。市町村長が行っている成年後見利用支援事業の対象になれば、市町村より報酬がでることもあります

  • [4]
  • まこと
  • 2016年6月25日(土) 22:30
  • 削除する

成年後見勉強中さま お返事ありがとうございます。

現在 私は法定成年後見人で 財産管理と身上監護の両方をしております。

身上監護の仕事のうち たとえば 非課税世帯の届けとか とくに不動産をたくさん所有しておりますので そちらのほうの管理の細々とした指示、カンファレンス出席等 遠隔地では、、無理で・・・

後見人交代をお願いしましたら

家裁より
財産管理の後見人交代は簡単だが
身上監護は このケースではたいへん複雑でいろいろやらねばならず 引き受けてくれる専門職が い な い 

なので 復数後見と(書類上書き) 実際には まことさんが 
やればよい (報酬は名前貸しの人に払えと)
それなら 交代可能

て、、おいおいおいおい

それ 交代じゃないじゃないか!!!! というお話しです。

インターネットで検索しますと
けっこう後見人トラブルは多いようですね。

ですからお勉強中さまの書かれたとおりです。
>>財産管理については遠方でもできるのではないかと考えますし、

さすが!!よくわかっておられる。 遠方でもできる財産管理が私で 身上監護が専門職というのなら納得ですが、、、、、 

>>>>市町村長が行っている成年後見利用支援事業の対象になれば、市町村より報酬がでることもあります

ありがとうございます!!!
こうゆう情報を待っていました!

質問してほんとうによかった。
情報が限られていて・・・
ありがとうございます!