ばおばぶの木

息抜き掲示板。身近な話題や少子化、LOHAS、団塊、セミリタイア等のホットな話題もOK!

新しい記事を投稿する 記事検索

他職種連携、寒い風が吹いていますね

  • DARA
  • 2017年12月8日(金) 23:29
  • 削除する

他職種連携なんてことが言われる昨今、事務所のみんなの仕事の様子を見ていると、連携どころか、寒風が吹きすさんでいるように感じることがあります。

昔は、もう少し連携できていたように思うのですが、「昔は良かった」的な話になってしまうのかな・・・。

自機関・他機関ともに、もう少し、良い関係で連携できたらなと思う今日この頃です。

寒い、寒い

  • [1]
  • 白樺
  • 2017年12月9日(土) 6:41
  • 削除する

12月に入りめっきり寒くなりましたね。

「昔はよかった」このフレーズはいつの時代も受け継がれていくのでしょうね(苦笑)
DARAさんの投稿を拝見して「おしくらまんじゅう」の歌が脳裏をよぎりました。

♪おしくらまんじゅう おされてなくな
あんまりおすと あんこがでるぞ、
あんこがでたら つまんでなめろ♪

最近は下の歌詞をあまり耳にしなくなりましたね。地域によっては違う歌詞もあるのかもしれません。動揺の歌詞の解釈は人によって違ってくるのでしょうね。
♪かごめかごめ♪もそうですが解釈によっては全く違う捉え方になりますね。ならば少しでもポジティブにとらえてほっこりしたいなあと自分流にアレンジしてぬくぬくしておりました。

多職種連携は今後増々必要とされてきますがノルマをこなすのが精一杯の現状が横たわっていますね。
私にとっては掲示板が多職種連携の入り口の一つとなっています。それぞれの分野の方々の投稿を拝見しながら疑似体験として多職種の現状把握をさせて頂いています。

本来の目的であるwell-beingが「一人一人の意識」に委ねられているのを感じています。

この掲示板もボランティア「一人一人の意識」の投稿で成り立っていますね。
所属の枠を超えて自分の意見を表現できる場ですから掲示板上では避難や中傷が避けられない場と感じています。
業務の隙間や個人の時間を費やして少しでも役立ててほしい気持ちからの投稿と思います。結果的に表現が指示的、批判的になったとしてもコメントへ参加されている方々の根底に流れているのは同じ気持ちだと思うのです。
「おしくらまんじゅう」のように、時にはつぶれたり、あんこがとびでるかもしれません。
おしくらまんじゅう。
沢山の人たちと押し合って汗を流し暖め合えたらいいですね。

ほっこり ぽかぽか ぬくぬく

  • [2]
  • DARA
  • 2017年12月10日(日) 8:42
  • 削除する

お返事ありがとうございます。

昨日、寒い寒いと思っていたら、いきなり38度台の熱に・・・。

この掲示板、昔と比べると、少し、寂しくなったように思います(コメントがあまりつかなかったり)。

沢山の人たちと押し合って汗を流し暖め合えたらいいですね。

ぬくぬく

  • [3]
  • オットン
  • 2017年12月10日(日) 16:26
  • 削除する

私たちの地域では、多職種連携を目的とした”ひまわりネット”という組織があります。
包括支援センターが世話役を引き受けてくれて、ケアマネ・医師・
薬剤師・介護福祉士・たちが集まって、二カ月に1回研修会や症例研究を開いています。介護保険制度の初期から用いられているFIMが利用されています。
有意義だと考えています。

20年前ごろ、活発だった、『ばおばぶの木』が、今もあることを喜んでいます。私にとっては、オアシスです。
連携と言えば、「どんたく掲示板」では、よく討論されていました。
もう一つ「福祉なんでも掲示板」というのも、いろいろなお話に出会える場所ですよ。

  • [4]
  • DARA
  • 2017年12月10日(日) 18:02
  • 削除する

コメントありがとうございます

どんたく掲示板、懐かしいですね~。

地域連携の組織に、医師や薬剤師の方が参加している、それは大きいですね。

FIMは、初めて聞きました。勉強不足で・・・。

DARAの生息地、多種種連携を目的としているのかな?と思うような会合はありますが、どんな取り組みを行っているのががよくわからない、というのが正直な印象で・・・。

そもそも、同じ会社(DARAのいる会社)のケアマネ部門と訪問介護部門自体が、上手くいっていない部分もあるようでは、他職種連携は遠そうです・・・。

そういった連携の組織に参加したいし、色々と取り組みを行いたいと思っているのですが、お声はかからずじまいで。

  • [5]
  • めじなシライ
  • 2017年12月12日(火) 9:28
  • 削除する

昔はアナログがごとく手書き計算的な作業で成果を出していた
いまや作業能力は飛躍的に向上し、今まで100かかっていたことが1でできてしまう世の中です
単純に99の余裕ができたはずなのに、この99に新たな業務をぶち込まれ、今までの何倍の成果を求められるようになりました
それに加え、今までよりはるかに成果が出ているのに、手にする賃金は増えていない

余裕もない成果に見合った報酬もない…

これが日本のスタイルなのか?

ある国は日本では信じられない長期休暇があるようですね、でも反対にある国とは違いホールドアップ!金を出せと銃を突き付けられることはまずない

日本は異常なところもあるがいいところもあると思います

結果を変えるには、行動を変えなければならないと思います。そして、結果を大きく変えようと思うなら、ものの見方、考え方を変えなければならないと私は思います

外国の地下鉄での話
静寂の中、お父さん子供たちが乗り込んできた。おとうさんは目を閉じ静かに座り、子供たちは我が物顔で走り回り、騒ぎ、他者に迷惑のかけ放題
ある人が我慢できず、そのおとうさんに注意しました
そのお父さんは静かに目を開け、われにもどり、実は数時間前に妻が他界したのです、これからどうしたらいいのか?途方に暮れていたのだという
お気の毒に…等、注意をした人のものの見方、考え方が変わった瞬間だと思います

今ある風景、自分の認識、会社も見方、考え方を変えないと何も変わらないと思います

私はそんなところから良い関係が築ければと考えています

  • [6]
  • DARA
  • 2017年12月12日(火) 19:17
  • 削除する

コメントありがとうございます。

しかし、寒いですね~

鼻風邪が1週間以上治らず、鼻水ずるずるです・・・。

布団の中がぬくぬく過ぎて、布団を蹴飛ばしているのが悪いようで・・・。

===========================

色々な面で余裕がない中、ものの見方、考え方が、悪い方向に変わっています。

>結果を変えるには、行動を変えなければならないと思います。そして、結果を大きく変えようと思うなら、ものの見方、考え方を変えなければならないと私は思います。

凝り固まってしまって(事業所の方針や価値観などでがんじがらめで)、行動を変えられない人が多くなってきたように感じます。

ものの見方や考え方を変えなければならないと思うのですが、見えてくるのは、井の中の蛙の人や裸の王様???

地域の多職種連携のため、体質改善をと思うのですが、超微力の身、発言力はゼロに近く・・・。

でも、自分自身が裸の王様かもしれませんが・・・。

どうないしましょう。。。

  • [7]
  • 白樺
  • 2017年12月13日(水) 7:15
  • 削除する

我自治体では会議や講演会等が定期的に行われているのみです。地域連携の入り口で足踏み状態が続いているようです。

「あったらいいね。」「できたらいいね。」はみんなが思っていることなのですが…。
施設内の連携や地域での多(他)職種連携には仕掛け役やまとめ役が必要と感じています。
そう言いながら私自身も二の足を踏んでしまいがちです。関係者を招集しお互いの支援状況を確認しながら連携につなげているといった個別ケースの連携にとどまっています。

最近感じるのは業務とボランティア活動の2足のワラジが必要なこと。
ストレングス、リフレーミングの場として集う活動でなければ成り立たないように感じます。

学びたい参加したい活動や研修会へ自ら加えて頂き集った体験が活きています。
時には場違いなところだったり、思った活動ではなかったりと失敗も多いのですが…。(苦笑)
私の場合、業務外の地域の行事や活動へ参加させていただくことが多いです。顔見知り、活動体験の共有、お互いの業務や現況についての情報交換など、を得る良い機会となっています。

裸の王様 井の中の蛙 的な活動かもしれません。
そうであってもチャレンジを続けていきたいと思っています。

DARAさんの近隣で生息しています。
私も寒暖の差に体が悲鳴を上げています。
風邪が早く治るといいですね。
お大事にされて下さい。

  • [8]
  • とおりすがり
  • 2017年12月13日(水) 10:31
  • 削除する

以前めじなシライさんに
>ただわからないことは、とおりすがりさんは単なる批評家なのか?物事をよくしたい派なのか?です
と聞かれ、
>物事を良くするために動いています。
と答えた「とおりすがり」です。

ちょっと気になるのが、
>昔は、もう少し連携できていたように思う

と言われますが、昔は全然連携しなくても良かっただけです。
お互いが自分の事をやっていればそれでなんとかなっていました。

それが現在はあらゆるものが高度に細分化し、専門性も上がってきたけど、介護がその高度化についていけなくなっただけだと思います。

そんな中で
>そういった連携の組織に参加したいし、色々と取り組みを行いたいと思っているのですが、お声はかからずじまいで。

と書かれていますが、声がかかるのを待っていても何も変わりません。


多職種連携・・・・
その言葉を吐く方の中には

連携 ”して欲しい”

という方が少なからずいます。
多職種連携を謳うのであれば

連携 ”しに行く”

という姿勢が必要です。
自らが相手のフィールドに入っていき相手の仕事を理解しなくては連携はできません。
相手から来てもらうのを待つなんて上から目線のようなことはできません。

そして多職種というのであれば福祉医療はもちろん ”それ以外” のシンポジウム・懇親会等にも積極的に参加するべきです。

  • [9]
  • とおりすがり
  • 2017年12月13日(水) 10:34
  • 削除する

具体的に自分が行ったこと中で、TI関係の懇親会に参加したことがあります。
本来、福祉の中の人は呼ばない方針だったようですが、何かの間違いで参加させていただきました。

そこで聞いたお話の中で共通するのが「福祉、特に介護職の人はITに拒否反応を示し、理解はおろか、話を聞こうともしない」ということでした。

多職種連携・・・・・
相手のフィールドに立ち仕事の内容を理解する。
別にイベント参加でなくても本を読んだりといったレベルの情報収集は簡単に出来るでしょう。

初めから、対等の立場で・・・・と考えると逆に相手には上から目線に見えてしまいます。
連携させていただくという謙虚な気持ちが一番大事だと思います。

  • [10]
  • めじなシライ
  • 2017年12月13日(水) 12:15
  • 削除する

他職種連携、これすなわち人間関係を築くことだと思います
方法はさまざまと思いますが
前出の通り
変えようと思うなら、ものの見方、考え方を変えなければならないと私は思います

相手を変えるのではなく自分が変わること
自分の考え方や相手との関係性など、相手を変えるための習慣を変えることだと思います

心が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる
運命が変われば人生が変わる
この類様がインデアンの格言、心理学者の言葉などとして使われていると思います

まずはできることから始めてみてはいかがでしょうか?よい習慣あたりは変えて損はないと思います
・挨拶(これ結構できない人多いです、あいさつは、言葉を音にするにあらず、あいさつは気を向けるから「気づく」のだと思います)
以下同じ事が言えるのですが
・相手を気にかけて=ほめる
・お礼とお詫び
・共通点を知る=相手の話をよく聞く などなど

実際に話をしてみたら全然違う印象の人だったなど相手のことを知ると同時に相手もあなたのことを知る機会になると思います。

いっぺんに解決は難しいと思います、悩んでいるより、日々できることから始めませんか?
人間関係をできる限り良いものにしていく努力をしませんか?

他職種連携、人間関係を築くことが第一歩と私は思います。

  • [11]
  • めじなシライ
  • 2017年12月13日(水) 12:57
  • 削除する

DARAさんの書き込みと他の方の書き込み、決定的に違うのは、ポジティブとネガティブと思います。こんなところも努力できるような気がします
しかしながら疲れた時は休むことも大事です、山登りの途中休憩がごとく、会社には体調不良でいいのでは?

最終的には運命が変われば人生が良い方向に変わればいいのですが、私たちの言動や行動は、結果個々の解釈で変わって、相互作用を受けてまたまた変わると思います。であるならポジティブな解釈を持ち続け、同じ思いや志を持った人たちといることが他職種連携になりえると思います。(前出の習慣がそのように導いてくれると私は思います)

すれ違いの軽トラックの荷台に日本一良い習慣というキャッチがプリントされていました。ミルクの配達のトラックでした。

  • [12]
  • とおりすがり
  • 2017年12月13日(水) 17:51
  • 削除する

[9]について
>TI関係の懇親会

”IT” 関係の懇親会です。
どうしてこうなった・・・?

申し訳ないです。訂正します。

  • [13]
  • DARA
  • 2017年12月13日(水) 22:10
  • 削除する

たくさんのコメントありがとうござます。

月初めから超多忙で、持病も悪化して、体調を崩している中、思ったことを書いておきたいと思って書きました。

あえて、介護保険板ではなく、ばおばぶ板を選んで、息抜きがてら(ストレス発散がてら)に書いたつもりです。

熱い叱咤激励は、今の自分には、ちょっと消化できないようです。

せっかくのご指導にお返事できず、申し訳ない限りです。

もう、ウェルの掲示板からは消えようと思います、ありがとうございました。

  • 新着
  • [14]
  • 白樺
  • 2017年12月14日(木) 6:16
  • 削除する

DARAさん
私もこれまで何度も消えたくなった時がありました。
何年も同じHN(ハンドルネーム)を使っていると投稿者の個性として受け止められて、投稿内容ではなくHNに反応したコメントを頂くことが多くなりますね。

様々な投稿とコメントに支えられながら続いてきたこの掲示板。これまでの投稿履歴を確認することもしばしばで私の自分史の記録の一つとなっています。

私自身もHNを固定しない投稿も考えます。ですが、懐かしいお名前を拝見するととても嬉しくなるのです。年月を経て再度訪問した時に覚えていてくれる人がいる嬉しさはやはりHNがあってこそと感じるのです。老舗の掲示板ならではの感覚なのでしょうが…。
とは言え、時代の流れには逆らえませんね。

童話の『赤鬼と青鬼(泣いた赤鬼)』が頭をよぎりました。この童話も捉え方ひとつで大きく変わってきます。これまでのDARAさんが発してきた投稿が今後もこの掲示板の中で活き続け引き継がれていきます。
『ばおばぶの木』の特長は、投稿者のライフステージやカテゴリーの枠を超えた交流と思っています。

ぼちぼちとつながっていきませんか?

どうか体調が回復されましたらまた訪れて下さいね!

  • 新着
  • [16]
  • とおりすがり
  • 2017年12月14日(木) 10:08
  • 削除する

[6]>どうないしましょう。。。

に対して「どうすればいいか(うまくいくのか)」の自分の考えを書きました。
そして、自分の行っている事・体験談も書きました。

もちろん、それに対する、反論・考え方違い等はあり、人それぞれ、他のやり方もるでしょう。


にもかかわらず、
[13]>あえて、介護保険板ではなく、ばおばぶ板を選んで、息抜きがてら(ストレス発散がてら)に書いたつもりです。

>熱い叱咤激励は、今の自分には、ちょっと消化できないようです。


って・・・・
DARAさんはそもそも多職種連携をするつもりはなかったのですね。

息抜きの書き込みをしたいと思うのは普通の感覚です。
が、多職種連携が出来ていない現状に疑問を持ち、どうすればよいのかを投げかけているのに、その回答に対しては

>ちょっと消化できないようです。

・・・解決に向けて書かれたコメントはいらないのですか。
皆様の熱い思いは要らないのですか。
正直、怒りがわいてきます。


多職種連携は
「お手て繋いで仲良しこよし」
ではありません。
耳触りの良い、甘い言葉で解決できるようなモノでもありません。


色々な方の色々な意見を聞き、その意見を尊重したうえでまとめあげることが、多職種連携の本質です。


なお、私がDARAさんの立場なら
「消化するのに時間がかかりそうです。」
と書き、いただいたコメントをちゃんと受け止めるでしょう。

  • 新着
  • [17]
  • めじなシライ
  • 2017年12月14日(木) 10:12
  • 削除する

病様の状態でなくても、人間にはいい時と悪い時があるものだと思います
今は何もやる気が出ないかもしれませんが、何かをしたくなる時が必ず来ると思います

ストレス発散、消化できない、返事できない、板から消えようと思う
これら今、費やした時間を物事に対する取り組む姿勢や視点を変えるだけで、無駄だと思っていた時間が有意義な時間に変わっていくと思います
たとえ、その時に「無駄な時間だった」と後悔しても、「無駄な時間だった」とわかることが重要だと思います
時間が経つにつれて、無駄と思えた経験が熟成されて、知識や知恵に変わると思います
熟成された経験や思いついたことをまた、ウェルに書き込めばいいのでは?
悪いことのない世界は存在しません、時間は限られています、悔いのない生き方がしたいです。自分の人生という道を歩むのは自分だけです。一生の中で何を学び、何を糧にして生きるか?

日常は何かが始まり何かが終わるんです、何でもいいから自分が幸せだと思える事を見つけることだと思います。

返信があるのは、あなたの人となりのなせる業です。自分に自信を持ちなさい
ありのままで、なるようになるんだから、未来はこれから
またお会いしましょう

タイTVのCM:Que sera, sera
↑上記ワードで検索して視聴してください

  • 新着
  • [18]
  • めじなシライ
  • 2017年12月14日(木) 13:18
  • 削除する

シックスセンスという映画があります(私は映画が好きなので引用します)

ラストのほうで主役の子供がブルースウィリスに問いかけます
Qes.
もう会えないの?
また会えるふりをして、お願い!
Ans.
もう行くよ、「明日会おう」…

DARAさん
いつでもストレス発散がてらにお寄りください

消えようと思います?

不要である言葉と思います、ふざけた言葉はいらないよ

では、また会おうでいいのでは?いつまでもまっているから

  • 新着
  • [20]
  • めじなシライ
  • 2017年12月15日(金) 11:25
  • 削除する

もう少し書き込ませてください

訪問介護として従事し、掲示板へのソーシャルアクション

あなたの残した功績、足跡と思います

少なからずあなたの人となりは私なりにわかるような気がします

いつでも愚痴、意見いえばいいと思います、覗いてください掲示板、それでもいいと思います。何かつながっていることが大切と思います

今は甘酒でもやりなよ

私はいつもお前を見ているぞ(仁星のシュウより)

つながり

  • 白樺
  • 2017年11月28日(火) 7:23
  • 削除する

昭和から平成へ。
そして再来年には平成から次の元号へ。
次の時代はどんな社会になっていくのでしょう。

昭和から平成の時代は地域社会の崩壊が進みました。
家族や地域のしがらみから解放された時代といっても言い過ぎではないと思います。

体で感じる感覚。しがらみが地域を支える一端を担っていた現実。
肌で感じたりその地域にいなければ理解できない事象が沢山ありますね。

戦争体験世代から受け継ぐ事がまだまだたくさんありそうです。
避ける、排除するではなく、
違った価値観を受け入れられる柔軟な時代になってほしいと願うばかりです。

にんち・せいしん

  • くらげ
  • 2017年10月27日(金) 18:56
  • 削除する

訪問介護事業所に勤めています。

業界用語のつもりなのか、短縮して、事務所内では、認知症のことを「にんち」と言い、精神疾患の人を「せいしん」と略して言っていることが多い。

※ うちの事業所だけかもしれませんが・・・

認知症でも精神疾患でも原因疾患はたくさんある。

原因疾患によって、対応は変わってくる。

認知症の人、精神疾患の人も、それぞれ、性格や嗜好、生活歴、価値観などは違い、十人十色。

そのようのな多様性のなか、専門性に基づき、個別性を重視した対応・援助・支援が必要なはず。

「Aさんは、せいしんの人」で、Aさんに対しての専門性に基づいた個別の対応・援助・支援が可能なのだろうか。

にんち、や、せいしん、という表現自体も問題かもしれないけど、
それ以上に、認知症や精神疾患の人を十把一絡げにとらえて、すごく曖昧な表現をし、相手にいったい何が伝わるのだろうか。

以上、愚痴でした。すいません。。。

  • [1]
  • 通りすがり
  • 2017年10月28日(土) 10:04
  • 削除する

差別的な意図で利用していたら問題ですが「にんち」「せいしん」ただの略語じゃないですか。

家族や当事者の前で使用するのは配慮がないかもしれませんが、事業所内や関係者間での間で使用するなら特段問題はないと思いますが。

「自分は他の人より認知症や精神疾患の人をちゃんと理解しているのよ。」「同僚より先輩より私のほうが専門職として優れているのよ。」

というコメント主さんの劣等感を補完する心理が働いているようにも思えますね。

  • [2]
  • 白樺
  • 2017年10月28日(土) 11:27
  • 削除する

>認知症や精神疾患の人を十把一絡げにとらえて、すごく曖昧な表現をし…。

この状況について事業所内で違和感を抱かれる背景がおありなのでしょうね。
対人支援サービスの基本姿勢の形骸化とでもいいますか、型にはまった仕事(ルーティンワーク)が主流になってきた近年の状況がそうさせているのかもしれません。

みんなが当たり前と思っている日常生活の出来事に違和感を感じた時、立ち止まって考えて見ることも大切ですね。

自分が感じた違和感をきっかけに、具体的にそれが業務にどう影響しているのかを確かめてみる良い機会かもしれませんよ。

  • [3]
  • くらげ
  • 2017年10月28日(土) 14:04
  • 削除する

通りすがりさん

書いておられる通りだと思いました。リーダーなどになれない自分は、他のリーダーなどに劣等感を抱いている、それが正直なところなのかもしれませんね。

白樺さん

お返事にはならないかもしれませんんが・・・

今の事業所で、長年働いています。昔は良かった(と思うのは良くない発想かもしれませんが)、昔は、専門性が高かった事業所でした。

仕方ないことですが、介護保険制度が始まり、段々と、専門性よりも採算が重視されるようになり。より良い介護を目指すことも大事だけど、それ以上に、どの様にして身体介護で算定するかが、重視されるようになりました。

そのような中、どうやったら身体介護で算定できるかといったテクニックが重視され、専門性というテクニックは結果的に軽んじられるようになってきたように感じます。

事務所内を見渡すと、違和感ありありです。みんな一度立ち止まって考えてみようよと思うのですが、それができるような立場ではなく・・・。

でも、今まで書いてきたことも、劣等感、その影の優越感からなのかもしれません。

自分自身、立ち止まって、よく考えてみたいと思います。

  • [4]
  • オットン
  • 2017年10月28日(土) 15:25
  • 削除する

見当はずれな書き込みになるかも・・?と思いながら、ちょっとだけ! 

精神疾患と認知症を区別しようとするわけ方は、あって当然だと思います。
ただ、内部の用語として、ニンチとかセイシンとかいうのでしょうね。なんとなく、今は用いることがなくなった「痴呆」・「狂気」と言われていた昔を思い出しそうで、いやな言葉遣いだな徹います。

  • [5]
  • くらげ
  • 2017年10月28日(土) 18:44
  • 削除する

オットンさん

自分も嫌な言い方だなと思います。

例えば精神疾患を精神と純粋に略するのならいいのですが、「にんち」も「せいしん」も「変わった人・おかしな人」という意味合いで使われていることが少なからずあるので・・・。

  • [6]
  • とおりすがり
  • 2017年10月30日(月) 22:14
  • 削除する

「にんち」「せいしん」

ただの略語か?

経験上、その人や、その疾患への理解に乏しい人が使っているのをよく聞く。

だから、ただの略語には聞こえず、嫌な響きを感じる。

くらげさん、劣等感を感じる必要はありませんよ。

  • [7]
  • くらげ
  • 2017年10月31日(火) 18:21
  • 削除する

とおりすがりさん

「にんち」もですが、特に「せいしん」と呼ぶときに、嫌な響きをしていることがあります。

話の流れを聞いていると、利用者さんを少し下に見ているように感じます。

  • [8]
  • ボチボチと
  • 2017年11月4日(土) 0:48
  • 削除する

 皆さん、真面目だ。言葉の響きのこと、職業柄の隠語ってことでありますかね。 関わってきた方のことは言えないので、話を変えてしまいます。

  • [9]
  • ボチボチと
  • 2017年11月4日(土) 0:51
  • 削除する

 満月が綺麗でありました。で一昨日担当でした方が逝去せり。やっぱ、満月の時に亡くなる方多い。何人目と考えるも、怖くも切なくなる私でありました。

  • [10]
  • くらげ
  • 2017年11月4日(土) 7:58
  • 削除する

ぼちぼちとさん

寒くなってくると月が綺麗に見えるような気がします。私だけ???

満月の日に亡くなる人が多い、そのようなこともあるんですね。

  • [11]
  • 閑話休題
  • 2017年11月5日(日) 16:24
  • 削除する

「ちてき」「はったつ」もよく聞きます。

「ちてき」の人(知的障がいのある方)
「ちてき」も入っている(知的障がいを伴う)
あの人多分「はったつ」(あの人は多分発達障がい者)
「はったつ」がある(発達障がいがある)

あと、普通の「知的」「発達」だとアクセントが後ろに来ますが(ち「てき」、はっ「たつ」)、
この略語はなぜか前にアクセントが来ます。

「ち」てき 「はっ」たつ

「にんち」「せいしん」には起こらない現象です。
ローカル現象かもしれませんが、不思議です。
慣れは怖いですね。

  • [12]
  • くらげ
  • 2017年11月5日(日) 17:11
  • 削除する

閑話休題さん

うちの事業所は知的障害や発達障害の利用者さんが少ないので聞こえてこないだけかもしれません。

アクセントが変わるのは不思議ですね。

認知症の話になるのですが、「にんちバリバリ」とか「にんちMAX」なんて表現をしている場合があります。

慣れは怖いですね・・・。

こなれるまで

  • 白樺
  • 2017年10月25日(水) 6:43
  • 削除する

最近「こなれる」にはまっています。「熟れる」と書くのですが、いろいろなプロセスを感じる言葉だなぁと思いを巡らせていました。

蝶がさなぎになる時間、麹が発酵する時間、馴染む時間、風雪に耐える時間、…。

♪時の過行くままにこの身をまかせ~♪

この曲が流行った頃からもう40年以上が過ぎているのですね。短気だった女子高生も気長に待てるお婆ちゃんになりました。

渋柿も 干されて熟れて 甘くなる 

(お粗末様でした^^;)

  • [1]
  • 白樺
  • 2017年11月8日(水) 7:32
  • 削除する

「そんなこともわかんないの?」
そう言われながら恥をかきながらひとつひとつ理解を深めていく“熟なれプロセス”とでも名付けましょうか。(←私の造語です^^;)

先日“こなれプロセス”がうまく表現されてるなぁ~と感じたテレビドラマがありました。
一から学んでいく新人議員が主人公。
目の前で起こる生活問題に主人公自身の体験や想いを重ねながら活動を始めるといった内容でした。

議員に立候補するんだから、セーフティネット、コミュニティ、児童相談所…。業界用語(苦笑)は理解できて当たり前。
「そんなこともわからないで議員が務まるの?」と感じながら見ていたのですが…。
仲間や家族のフォローを受けながら学んでいく主人公の姿に引き込まれていきました。

そういえば、行政職員の人事異動時にも似たようなことが起こっているなぁ。
分かっていて当然。熟知が前提。配属部署の席に座った途端専門職としての対応を迫られる現状。
慢性的な人手不足の福祉業界。人材育成は現場で体験しながら学ぶ状態を余儀なくされている現状。

わかっていて当然にこだわると、
「こんなこともわからないの?」「前も教えたよね!」「自分で調べて!!」
と学ぶ側の姿勢や背景を考えないで叱咤激励してしまいがちになりますね。
何度も繰り返し教えて自立へ導く。能動的に動くための手助けしながら人材を育成する。障がい者福祉から学ぶこと多いですね。

もう一つ、このドラマから垣間見えたことがありました。俳優さんやスポーツ選手などが議員や自治体の首長に立候補した後の姿です。

職に就いてから学ぶ状況をいかにフォローできるか。
他職種からの人材確保につながるかも。
福祉職も他人事ではないぁ~
…などと。

このテレビドラマをみながら思いを巡らせておりました。

ほう、れん、そう、についての正しいみかた

  • 特養いちしょくいn
  • 2017年10月23日(月) 10:54
  • 削除する

引用
「ほうれんそう」を考えた人って去年亡くなったんですよね
その人の話を読んだんですけど、報告・連絡・相談が大事だ!というのではなく、報告・連絡・相談をしやすい環境を作る事が大事だって話でした
ほうれんそうは上司が部下に強要するものじゃないんですよ

  • [1]
  • 匿名
  • 2017年10月23日(月) 19:09
  • 削除する

あ~主任相談員が失敗するとすぐそれでした。『法蓮草がなってないからだよ』
実はちゃんと法蓮草しているんです。それでも問題はおこってしまうのです。具体的に言ってほしい。
それからそういう環境もほしい

  • [2]
  • 白樺
  • 2017年10月23日(月) 22:20
  • 削除する

素敵な話に巡り合えてよかったですね。

ほうれんそうは自分を守る手段の一つ。
一人で抱え込むよりずっと建設的、健康的です。
(例え小言や叱責を頂戴することになっても:苦笑)

外から戻って自分のデスクに戻った時にホッとした気持ちになれる。
ドアを開けて「おつかれさん!」「ご苦労様!」の一言がある環境は気持ちも癒されます。
一人一人が連帯意識や協働を心がけていると雰囲気がとっても明るくなりますよね。
ほうれん草はんな環境づくりのためのスパイスかな。

反面教師もある意味スパイスの一つですね。

  • [3]
  • 元ケアマネ
  • 2017年10月24日(火) 8:04
  • 削除する

最近は、報・連・相・に「確認」も加える事が多い様ですね。

報・連・相の結果どうなったのか「確認」がないと、
お互い言いっ放し。言った言わない、聞いてないの水掛け論になる場合がありますから。

お互いの確認作業は必要だと思いました。

  • [4]
  • めじなシライ
  • 2017年10月25日(水) 8:15
  • 削除する

そういう環境もほしいですよね
ある意味スパイスもほしいですよね
確認作業も重要ですよね 確かに!

受動的より能動的に

かごの中の小鳥より自然の中の小鳥に

与えられた食事を一生懸命食べる小鳥より自分で捕獲した食事を一生懸命食べる小鳥に

問題を吟味し、適切な課題(解決過程)を設けること

そんなほうれんそうも大切なような気がします

組織で共有、協働~良い環境が構築されると思います

  • [5]
  • 特養いちしょくいn
  • 2017年10月25日(水) 10:45
  • 削除する

ナニをかくそう、尻かくそう、相談員である私もホウレンソウを多様していたので、大いに恥ずかしく思いました。いままでのことはなかったことにしてくださいイイイイイ!とはいえない。
とりあえずしばらくこのフレーズは封印です。

  • [6]
  • おとこめし
  • 2017年10月26日(木) 19:11
  • 削除する

うーむ、説教だけで聞くとホウレンソウって言葉は寒い!
じゃけんど共有していこうよ!となると寒くはない。
むしろ暖かい。