介護予防・地域包括支援

記事を削除する

* は必須入力項目です。
投稿者 二上   浩
コメント
最近、介護保険の中身(特例)などについても勉強させて頂いています。
市発行の「介護保険べんり帳」に次の様に書いてあります。

3社会福祉法人のサービスを利用する場合には
 住民税非課税で特に生計が困難な人が、社会福祉法人等が提供する介護サービス(ホームヘルプ、デイサービス、ショートステイ、特別養護老人ホーム)を利用する場合に、利用者負担が5%以下に軽減されることがあります。
(市区町村の窓口で確認証の交付を申請する必要があります。)

という事です。(市区町村によっては行われないものあります、の但し書きがあります)
しかし、自立支援(介護保険外)の在宅福祉サービスには適用がない様子です。

>ある事業主さんが「1割を支払えない人の為に寄付で基金を作って、一定の条件に入る人には基金から1割の利用料を払えたらいいのに・・・。これって違法かな?」って質問されました。

気持ちは判りますが、一事業者で取り組む問題ではないと思います。
介護保険の悪用につながるかもしれませんね。
行政の責任で解決して頂きたい問題と思います。
削除パスワード*