介護予防・地域包括支援

記事を削除する

* は必須入力項目です。
投稿者 めじな
コメント
事前の計画の時間が算定可能な時間です

原則的に、上記が短くなっても長くなっても算定時間は事前の計画です
※契約の時説明と思いますが

あまりにも短くなる場合は短縮時間で算定も可能
超過する場合は利用者への同意やケアマネジャー等への説明報告で算定が可能、ただし利用票や提供表等の差し替えが必要(サービス計画の変更が必要)また、時間変更が今後も頻回に起こるのであればサービス計画書等の変更が必要

>60分で支援に入っているヘルパーから、利用者様に頼まれて、断れ切れず20分超過しました、どうしたらいいですか?と報告がありました。

事後なのでどうのこうのしようがないと思いますが?原則算定できないただそれだけと思います

>断れ切れず20分超過
何をしていたかにもよると思いますが

ケアプラン外の内容であれば(法定代理受領サービス外)であれば

指定介護保険訪問介護サービスが介護保険事業所として指定介護保険とは異なる保険外の訪問介護サービスを実施する場合には、
・利用者と事業者との間の契約に基づいていること
・保険給付対象サービス(指定訪問介護)と明確に区分されていること
・指定訪問介護の事業とは別事業で、介護保険給付の対象とならないサービスであることを説明、理解を得ること
・指定訪問介護事業所の運営規程とは別に定める(当該事業の目的、運営方針、利用料金等)
・保険利用契約とは別契約 (指定訪問介護利用契約書とは別に 契約書を作成)
・自由設定(保険の報酬額とは別な料金設定可能)
・保険給付の範囲外のサービス(保険で行われないサービス内容)であること
・会計が指定訪問介護の事業とは区分されていること(営利法人では消費税の対象)
・保険利用者の場合は居宅介護支援事業者と連携
が必要になります…介護保険制度のQ&Aや事務連絡より
削除パスワード*