介護予防・地域包括支援

記事を削除する

* は必須入力項目です。
投稿者 包括職員
コメント
みなさん、ご助言ありがとうございます。
御礼・返信が遅れて申し訳ありません。

その後の経過をご報告します。
介護サービスの導入はできないまま、外からの見守りを民生委員はじめ近所の方々がしてくださって、本人がSOSを出したところで救急搬送し入院されました。
この入院中に区分変更申請し要介護3となられました。

娘さんに連絡し、お会いできました。若いころから相当な苦労をしたようで昔は家族として関わろうと努力もされていましたが、本人からの暴言、地域の方々からの「家族のくせに何もしない」などといった????咤、救急搬送されるたびに病院から有無を言わせない呼び出し、入院費の請求などあり心が折れてしまい、数年前から一切関りを絶つことにした、と話されていました。

今後、本人が生きている間は顔を合わせることは無理だが、成年後見の申し立てなどの手続きはしてくださることになり一歩前進したとは思います。

ただ、本人は先日、入院先の病院で帰宅願望が炸裂し自宅に帰されてしまいました。引き受けて下さったケアマネさんと交代で訪問しヘルパーも導入。私の自宅から寝具一式もってきて準備しましたが3日後に玄関前で倒れ叫んでいたところ再度救急搬送しまた病院に戻りました。施設を探していますが、家族と不仲、後見申請中で未決定という理由からなかなか受け入れてもらえる施設が見つかりません。言われたように長期的なかかわりが必要そうです。
削除パスワード*