介護予防・地域包括支援

記事を削除する

* は必須入力項目です。
投稿者 ガロン
コメント
ゴミ屋敷問題、アルコール依存症など近隣トラブルを起こし、近隣住民や民生委員から相談が来るようなケースへの介入は、介護保険を利用する前段の支援が重要だと考えています。介護保険で介入するのは、その準備ができてからでないと困難です。

ただ、本質的な解決は、おそらく簡単にはできないでしょう。そして、その解決には、長期的な視点での支援が必要です。根気よく聞き役に回り、何をどうすることが本人にとって良い事なのかを誰かが、関わり支援していかなければなりません。いつ介入できるようになるかは、わかりませんが、信頼関係の構築ができれば話も進むことがあります。

現状では、認知症がありサービス利用を拒否をするようなケースも含め、すぐにサービス利用に繋がらないようなケースは、やはり包括センターや自治体が、長期的に支援しなければならないのではないでしょうか。
削除パスワード*