介護保険

記事を削除する

* は必須入力項目です。
投稿者 めじな
コメント
(1)貸与事業者は離島についてサービス提供地域なのか(貸与特別地域加算等)?以外(交通費実費)なのか?で対応が異なる

(2)貸与事業者の対応が書き込みの内容なら、介護保険指定サービスに該当せず、請求もできない、介護保険請求しているとしたら不正と判断される恐れがある

(3)僻地地域であれば保険者が基準該当サービス等と認めれば、それ相当の介護費の請求が可能になる(書き込みの内容も整備次第で十分可能)

さてきれいごとですが介護保険は全国一律のサービス水準をうたい文句に社会保険方式の介護サービスです。介護保険料を納めているのであれば被保険者の責務を果たしているので保険事故が発生したときに保険者の責務として全国一律のサービスが受けられないことは不公平です。

介護保険作成計画等において不足するサービスについて貴保険者はどう考えているのでしょうか?
また、介護保険関係者はどのように不足するサービスに対する投げかけを保険者等にしているのでしょうか?
どちらも制度上アクションを起こすことになっています、でないと地域の住民がかわいそうです

人口等の関係で保険料が思うように集まらない、僻地で企業等の誘致が難しいなど、社会資源などの実情は現実問題あると思います、保険者は中央行政府と密になり、地域で不足するサービスについて構築する必要があると思います

例えば特殊寝台であれば町直営の独自のサービス事業を展開するなど考え方はいろいろと思いますが…
削除パスワード*