ばおばぶの木

記事を削除する

* は必須入力項目です。
投稿者 ポイント
コメント
今朝の読売新聞に厚労省が2020年の人口動態統計の速報値を発表したとの記事がありますので、紹介します。

死亡数は前年から1,384,544人減り、マイナスは11年ぶり。
新型コロナウイルス感染拡大を受けた人々の行動の変化が影響した可能性がある。
手洗いやマスクの着用など新型コロナウイルスの予防対策が貢献した可能性がある。
2020年1月~9月はインフルエンザや肺炎などの呼吸器疾患の死亡者数が減っていた。

以上です。

読売新聞の書いてあることは、間違ってますか?


ところで蛇足ですが、脳血管疾患の専門のドクター達が、「どうもコロナが蔓延してきてから、脳血管疾患や心臓疾患で救急搬送される患者が減った気がする」として、一度、調査してみたいと、動き出そうとしたが、基幹病院が大変な時期にそんな調査をするなんて非常識だとやめたそうです。
削除パスワード*