成年後見制度

記事を削除する

* は必須入力項目です。
投稿者 エラエザ
コメント
日常生活自立支援事業の対象者の要件は「判断能力が不十分な人」ですので、歩行が不安定という理由のみで日常生活自立支援事業を利用して金銭管理の契約を行うのは不適切です。
というか、判断能力に問題がないのなら日常生活自立支援事業の支援の対象にはなりません。

通帳の記帳のみなら、介護保険の訪問介護で対応できる内容です。
削除パスワード*