成年後見制度

記事を削除する

* は必須入力項目です。
投稿者 とおりすがり
コメント
ついん21さんと同じ疑問は一般の方からもよく出る疑問です。確かに面会にも来ず、親身に相談もしない後見人に高額な報酬が発生している事例もあるようですので、財産管理に重きをおいた評価から、身上監護の事務を評価していこうという動きにはなっています。また、財産の少ない人がちゃんと成年後見制度を利用できるよう行政の報酬助成制度の充実も望まれます。
しかし、誰がどんな基準で評価するのか課題がありますよね。身上監護の懇切丁寧さは数字では測れませんから。今、それを試行錯誤しているところだと聞いたことがあります。
福祉サービスだって同じですよね。同じ利用料のサービスで(事業所を選ぶ自由はありますが)、一生懸命やってくれる担当者でも、不親切でいい加減な担当者でも、利用料は同じでしょう?適切な報酬体系になるように、いろんな加算ができたり消えたり試行錯誤が繰り返されています。

「なんかおかしい」という直感は大切だと思います。しかし、それを変えていくにはどこがおかしいのか考えて具体的な声を上げていかないといけませんよね。全ての人が納得いく制度は難しいと思いますが、より利用しやすい制度に変えていくことは大事なことだと思います。
削除パスワード*