障がい者自立支援

記事を削除する

* は必須入力項目です。
投稿者 二番星
コメント
 どるくすさん、根拠規定をお示しいただきありがとうございました。
 今回の案件では、障害者割引分が労基法上の「賃金の一部から控除」されているとは整理していませんでした。仮に、件のタクシー会社との労働契約の中に「メーターによる料金からメーター料金に0.7を乗じたもの(会社の取り分)を差し引いた額を歩合制による支払額とする」という決めがなされていて、「0.7の割合設定においては、長距離割引や障害者割引などメーター料金を基に再算定する必要がある割引があることを踏まえて設定している」と言われれば合理性があるのではないでしょうか。つまり、「本来は会社取り分を0.75にしたいところだけれど、現場での各種割引もあることを包括的に勘案しての0.7なのだよ。メーター料金というしくみを入れて、実際の水揚げ額とのズレを整理するのに、我が社ではそういう整理をして、実際にはないかもしれない割引分を0.05も考慮して運転手の利益を担保しているんですよ」と言われれば、問題ないとなってしまうのではないでしょうか。
削除パスワード*