介護保険に係る事務や利用者への対応事例、介護保険法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

地域包括支援センターと居宅ケアマネの関わり

  • masa
  • 2019年4月10日(水) 21:09
  • 削除する

いつも掲示板で勉強させてもらっています。特養施設ケアマネ歴4年、居宅ケアマネ1年目です。先日、包括からの新規案件で特養入所希望者の施設探しから対応お願いしますと案件がありました。家族が施設以外は考えておらず、在宅のサービスは特に利用希望なしです。との話。在宅のサービス希望がまったくないのなら担当できません。とやんわり断ると「他の事業者は対応してくれているのに。」とご立腹で電話を一方的に切られてしまいました。特養入所前に繋ぎとしてショートやデイを利用したいというのならまだしも、上記の様なケースで最初から施設入所希望なら、包括が対応すべきことだと自分は考えていました。居宅ケアマネとしてこの様なケースは無報酬ではありながらも、対応すべきなのでしょうか?
また、別なケースで、デイ、福祉用具を希望と包括から新規案件あり、初回訪問、アセスメントをすませ、次の日に入院となり、サービス利用がない旨、包括へ連絡しました。数ヵ月後、入院先の病院から「在宅復帰は難しいので、施設探しをお願いします。入院できる期間も決まっていますので、早めにお願いします。施設探しは病院ではやっておらず、すべてケアマネか包括にお願いしています。包括に連絡したらmasaさんが担当と聞きましたので。」と連絡がありました。ちなみに病院は医療相談室等、設置していない病院です。病院からの話を包括に連絡すると「masaさんに案件として引き継ぎましたので、施設探しはお願いします。」と言われました、入院前に在宅サービスを利用していたならまだしも、こういったケースも居宅ケアマネが対応しなければならないのでしょうか?ちなみに入院前、サービス利用がない為、保険者に担当ケアマネの届出も提出しておりません。


コメントを書く
  • [1]
  • 頭痛いケアマネ
  • 2019年4月10日(水) 22:40
  • 削除する

最初の件は、今後の包括との関わり、お付き合いの継続もあることを考えると、回答に困りますが、心中はお察しします。しいて言えば、完全に特養探しなのであれば、施設紹介から申し込み、入所待機、それまでの期間をどのように生活されるのかぐらいは、包括は聞いてなかったのでしょうか?また、そういうことを確認されましたか?確認後に、必要であれば短期入所等の話に自然となりそうですが…??
2つ目の件は、面談、アセスメントをしているのであれば、その前に契約もされていますよね?契約の内容はどのようになってますか?契約内容に沿った支援が必要かと思います。
2件とも、お疲れさまでした。

  • [2]
  • カロリー
  • 2019年4月11日(木) 12:35
  • 削除する

包括職員です。

実際のところ、様々なケースがありますので、担当してもプランを1度も立てる事なく終結するケースもそれなりにございます。

相談の結果、施設入居を考える方もいれば、逆に在宅を考える方もいます。施設を希望と相談を受けても、受け入れてくれる施設がみつからなければやはり在宅でとなる事もあります。

どのようなケースでも対応してくれる居宅事業所には、いつも頭が下がる思いでいますし、頼りにもしています。

  • [3]
  • とおりすがり
  • 2019年4月12日(金) 9:31
  • 削除する

まず最初のケース。特養にすぐ入れるわけがないので、しばらくは在宅サービスでつなぎながら支援することになるのが予想できます。
在宅サービスの希望はなくともニーズはあると予想できますよね。
>在宅のサービス希望がまったくないのなら担当できません。
このような理由で断るということは、サービスの必要性を理解していない処遇困難事例なども同様の理由で断れますね。
事情も聴かずに、いきなりシャッターを閉めてしまったのはまずかったと思いますよ。

二つ目のケースは本来なら病院が退院先の施設を調整するべきでしょうけど。関わってしまった以上、報酬が発生しなくても道義的責任は感じませんか?
自分から包括に振ったのはまずかったですね。関わるつもりがないのなら病院からの依頼を断るのみにするべきで、自分で包括に対して病院の代弁をした時点ですでに関わってしまっていますよ。包括に頼むとしても病院から頼んでもらうようにするべきでしたね。
私なら、家族から相談があればアドバイスはしますと返事をしますと答えますかね。後は家族に主体的に動いてもらうしかないでしょう。

ケアマネをやってると報酬が発生しない仕事がいろいろでてきます。「報酬が出ないからやらない」という姿勢をとるのは自由ですが、うまく立ち回れるようにしないと関係者からの信頼を失いますよ。
給付管理をしていればいいのではなく、相談業務もあるんですから、まず聴く姿勢が大切ですよ。

最新ウェル特集
平成30年4月以降の要介護認定制度について 2018年5月28日 (平成30年度介護保険制度改正)
平成30年度介護保険制度改正の概要について 2018年3月7日 (平成30年度介護保険制度改正)

コメントを書く

ハンドルネーム*
コメント*
削除パスワード* (6文字以上10文字以内)
※削除パスワードを紛失した場合、コメントの削除を行うことが出来なくなります。ご注意下さい。