介護保険に係る事務や利用者への対応事例、介護保険法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

通所介護における機能訓練加算1の人員基準

  • ころ
  • 2019年3月15日(金) 13:09
  • 削除する

これまで、通所介護で7年ほど働いてきたOT(パート)です。この3月から新しい職場で働く事になりました。定員20名の事業所です。

機能訓練指導員は、自分も含めOTが2名と、パートの看護師が2人です。機能訓練加算1と2を算定しています。

OTの内訳は、Aさん 1名常勤、
      Bさん(私)1日5時間、週3日勤務のパート

看護師は、Cさん 1日8時間の週4日のパート、
     Dさん 1日6時間の週3日パートです。

ちなみに、全てのスタッフにおいて、家庭で3歳以下の乳幼児はおりません。

これまでの職場では、加算1は必ず常勤(正社員)が行い、そのスタッフが全て休みの日は加算1を算定しませんでしたが、
今の職場では、Aさん(常勤OT)が休みの日は、Cさん(パート看護師)が加算1となります。(Dさんの出勤の有無に関わらず)。

これはおかしいのでは無いか?とたずねましたが、管理者からは
『サービス提供時間内には居るスタッフなので、常勤でなくとも良い。そのように加算を算定しているデイサービスがある』
『看護師が必ず常駐というしばりは無くなったので、看護師が1人の日でも、その看護師が加算1を算定できる』

との返事でした。

また、『Cさんは来月から正社員になり常勤になるので、来月からはさらに不安要素は無い』 との返答。

県に電話で問い合わせたのですが、施設から施設名を記入した質問専用の用紙を用いてファックスにて質問するように言われました。

多分、管理者は反対かなと思うのですが、自分としては心配です。
色々調べてみたのですが、今一つ分かりにくくて。良かったら教えて下さい。


コメントを書く
  • [1]
  • 三郎
  • 2019年3月15日(金) 17:47
  • 削除する

平成30年3月22日介護保険最新情報Vol628の別紙1の31頁に通所介護の個別機能訓練加算についての記載がありますが、肝心の(2)は略されています。 
 ttps://www.wam.go.jp/gyoseiShiryou-files/documents/2018/0326135358954/ksvol.628.pdf

 個別機能訓練加算のIが新設されたときの資料は下記で確認できます。この資料の65頁には次のように記載されています。

(2) 個別機能訓練加算(I)に係る機能訓練は、提供時間帯を通じて、専ら機能訓練指導員の職務に従事する常勤の理学療法士等を一名以上配置している指定通所介護の単位(指定居宅サービス基準第93条第5項に規定する指定通所介護の単位をいう の利用者に対して行うものであること。
 この場合において、例えば1週間のうち、月曜日から金曜日は常勤の理学療法士等が配置され、それ以外の曜日に非常勤の理学療法士等だけが配置されている場合は、非常勤の理学療法士等だけが配置されている曜日については、当該加算の対象とはならない。(個別機能訓練加算(II)の要件に該当している場合は、その算定対象となる

 ただし、個別機能訓練加算(I)の対象となる理学療法士等が配置される曜日はあらかじめ定められ、利用者や居宅介護支援事業者に周知されている必要がある。なお、通所介護事業所の看護職員が当該加算に係る機能訓練指導員の職務に従事する場合には、当該職務の時間は、通所介護事業所における看護職員としての人員基準の算定に含めない。


 ttps://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12300000-Roukenkyoku/0000080856.pdf

  • [2]
  • ころ
  • 2019年3月18日(月) 19:43
  • 削除する

ありがとうございますm(_ _)m 

やっぱり うちのやり方はダメなように思います。

あまり言い過ぎると、煩いやつ と思われるようで怖いのですが、
話してみます。ありがとうございます。

最新ウェル特集
平成30年4月以降の要介護認定制度について 2018年5月28日 (平成30年度介護保険制度改正)
平成30年度介護保険制度改正の概要について 2018年3月7日 (平成30年度介護保険制度改正)

コメントを書く

ハンドルネーム*
コメント*
削除パスワード* (6文字以上10文字以内)
※削除パスワードを紛失した場合、コメントの削除を行うことが出来なくなります。ご注意下さい。