介護保険に係る事務や利用者への対応事例、介護保険法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

救急車への同乗

  • ワンカップ
  • 2019年3月14日(木) 20:56
  • 削除する

ヘルパーが訪問中に利用者の様態が急変しました。

ヘルパーからの連絡を受け、ケアマネとサ責が急行しました。

救急搬送することになりました。その時に救急車に同乗するのことが望ましいのは誰でしょうか?

(1)ケアマネジャー
(2)サ責
(3)ヘルパー
(4)誰も同乗しなくてもよい


コメントを書く
  • [1]
  • 通りすがり
  • 2019年3月15日(金) 12:37
  • 削除する

それだったら私が乗りますね。

  • [2]
  • 通りすがり2
  • 2019年3月15日(金) 12:46
  • 削除する

[1]が乗るんだったら私が乗りますよ。

  • [3]
  • オコナー
  • 2019年3月15日(金) 13:16
  • 削除する

サービス提供中に起きたことですから、ヘルパー事業所のどなたかでしょうね。

ケアマネージャーはサービスの調整であって、直接支援を提供するものではありません。もちろん、ケアマネだけが訪問中にそのような事態になれば必要かとは思いますが、何でもケアマネが対応ってのは違うと思います。

どうしても同乗できないのであれば、緊急連絡先の家族などに連絡し、現地で待ってもらうしかないでしょうね。

  • [4]
  • 竜兵
  • 2019年3月15日(金) 18:10
  • 削除する

じゃあわたしも乗ります。

  • [5]
  • ワンカップ
  • 2019年3月15日(金) 18:38
  • 削除する

私は訪問介護事業所で事務的な仕事を主にしております(サ責経験あり)。緊急時のヘルパーからの連絡の取次ぎなどを行うことが時々あります。

私見を申しますと私は基本は(3)だと思っており、一時期は会社の方針もそうだったのですが、今は何かあったらまずはケアマネさん(1)というサ責の風潮に違和感を感じています。

緊急対応に関して細かく言えば、まずはヘルパーが同乗して搬送先の病院で普段の様子や様態急変時の状況等を病院側に情報提供し、その後、サ責かケアマネがヘルパーと交代してご家族の状況や連絡先等についての情報提供を行う、という流れが良いのではないかと思っているのですがどうでしょうか?

  • [6]
  • お肉大好き
  • 2019年3月15日(金) 23:42
  • 削除する

私見で良いのなら、まずは家族の同乗が基本ですね。家族不在や独居であってもヘルパーは同乗させないです。現場にいないケアマネやサ責も同様です。
救急車が到着したら、まずヘルパーであることと同乗はしないということを伝えます。その後、出発するまでの間に必要な情報を全て提供します。ヘルパーに搬送先の病院を確認させたら家族やケアマネに連絡します。ケアマネが病院に行くかどうかはケアマネの判断になりますし、サ責も同様です。
仮に同乗して何らかの決定を迫られても判断できないし情報提供だけなら出発前や電話で十分可能だと思いますので同乗させる必要はないという考えです。


>[4]
どうぞ、どうぞ。

  • [7]
  • じんさん
  • 2019年3月16日(土) 19:46
  • 削除する

私も(4)の誰も乗らないに賛成です。
お肉大好きさんに同感です。

まずは家族に連絡すべきですね。
サービス提供事業者・ケアマネは、そもそも乗るべき立場でありません。

また、ケアマネが病院に行くのも本来は違うと思います。
なぜなら、同行して何をするのでしょう。大丈夫かと祈るだけでしょうか。
それなら、事務所に戻って、家族や親せきに連絡する方が先です。

ケアマネがやるべきことは、医師の診断結果を把握し、その後に何のサービスが必要になるか調整することです。

ただ、どうしてもその場にいた人が乗らなければ死んでしまう!
という状態なら乗りますけどね。

  • [8]
  • ワンカップ
  • 2019年3月16日(土) 22:58
  • 削除する

コメント、ありがとうございます。感謝です。

現場はヘルパーのみで救急車が出発ならヘルパーが同乗と思います。

ヘルパーが同乗して病院に行った場合はサ責が交代で行く場合もうちではあります。

後は、ご家族かケアマネか、という面倒な?順番かと。

ご家族がすぐに病院に駆け付けてくれたらベストなのですが、できないか、かなり遅れる場合は、病院側の要請等の兼ね合もあって、ケアマネが病院に行かないといけない場合もあるのでは、と思うのですが、ケアマネさんに実情を教えていただけたら嬉しいです。

  • [9]
  • よは
  • 2019年3月17日(日) 0:05
  • 削除する

なんだか視点が悲しいですね。

救急車に同乗する意味は、人命の救助が第一義。
その次が責任の所在でしょう。

既往歴、内服中の薬、日頃の状況、緊急連絡先、どういう状況で急変したのか。

これら救急救命医が必要とする情報を持っている人であれば、
まず緊急時には誰でもいいのです。

マジレスいらないか?w

  • [10]
  • ワンカップ
  • 2019年3月17日(日) 2:56
  • 削除する

よは 様 ご指摘、ありがとうございます。

様々なご意見をお聞きした後、このスレッドの締めくくりにしようと思っていたことを先に書かれてしまい、残念・・・。

書かれている通りなんです。人命第一、であり、治療等が迅速に・スムーズに行われるために必要な情報を持っている人間であれば、治療を行う病院にとっては誰だっていいんです。

だからヘルパーが乗って行って、その後でケアマネがフォローする、それがベストなのではないかと私は思っているんです。

普段の様子や急変時の状況・様子についてはヘルパーの方が詳しい、既往歴や緊急連絡先、主治医などの関係機関の情報などは、ケアマネの方が詳しい。それだけのことかもしれません。

※サ責は、中間的な存在なので、中継ぎ役かと。

ヘルパーやケアマネ等が行くか行かないかは、救急隊や救急病院の要請の有無などの要素が大きく、要請された場合には、変な縄張り意識や嫌な譲り合いではなくて、最善と思われる人物が乗って行けばいいし、必要ならば病院に駆け付ければいい、それが、人命第一の対応であると思います。

〆を書かれてしまったので、このスレッドも終わりですね、皆様、ありがとうございました。

最新ウェル特集
平成30年4月以降の要介護認定制度について 2018年5月28日 (平成30年度介護保険制度改正)
平成30年度介護保険制度改正の概要について 2018年3月7日 (平成30年度介護保険制度改正)

コメントを書く

ハンドルネーム*
コメント*
削除パスワード* (6文字以上10文字以内)
※削除パスワードを紛失した場合、コメントの削除を行うことが出来なくなります。ご注意下さい。