障がい者自立支援法に係る事務や利用者への対応事例、法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

医療連携体制加算について

  • 障害者GH管理者
  • 2019年3月13日(水) 20:06
  • 削除する

現在、内科での経過観察の必要な利用者が3名おります。
その3名を毎月1~2回の頻度(多い時には月6日)で、付き添いでの通院を実施させていただいております。

1回の付き添いで約2時間の時間外労働が発生していますので
、この度訪問看護ステーションと契約を取り交わし、訪問看護を導入致しました。

そこで、
医療連携体制加算の加算算定についてご質問します。
⓵ 訪問看護が無い日であっても、24時間体制での連絡体制を組んでいる場合は、医療連携体制加算Vの算定は可能でしょうか?(訪問看護事業所では24時間対応体制加算をすでに織り込んだ費用の請求書がきます)

⓶ その場合は契約を結んだ対象の3名が加算対象でしょうか?それともGHの定員全員が対象となるのでしょうか?

⓷ 体制整備にかかる加算のため、契約は医療が必要な利用者本人名義ではなく、事業所名義でする必要があるのでしょうか?

解釈通知を見ても、明確な判断が出来ないものでお聞きします。県の施設指導課等に問い合わせしろと言われるのも覚悟しておりますが、すでに訪問看護を導入されているGH様がおられましたら、ご回答をよろしくお願い致します。


コメントを書く
最新ウェル特集
平成30年4月以降の要介護認定制度について 2018年5月28日 (平成30年度介護保険制度改正)
平成30年度介護保険制度改正の概要について 2018年3月7日 (平成30年度介護保険制度改正)

コメントを書く

ハンドルネーム*
コメント*
削除パスワード* (6文字以上10文字以内)
※削除パスワードを紛失した場合、コメントの削除を行うことが出来なくなります。ご注意下さい。