介護保険に係る事務や利用者への対応事例、介護保険法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

ケアマネ変更の引き継ぎ方法

  • みさと
  • 2019年2月6日(水) 0:34
  • 削除する

こんにちは。ケアマネ歴2年のみさとと申します。
この度、他居宅介護支援事業所の困難ケースを私の居宅介護支援事業所で引き継ぐこととなりました。
私としては、フェースシート、支援記録等の本人の情報をいただき、変更前のケアマネと私で同行訪問し、引き継ぎをしたかったのですが、変更前のケアマネに提案すると「うちの事業所では情報を渡すまではやるが、同行訪問はしていない。」と言われてしまいました。私自身他居宅からの引き継ぎは初めてで、ケースバイケースだとは思いますが、どのような引き継ぎ方法が一般的なのでしょうか?経験豊富な介護従事者の皆様にお聞きしたく質問しました。

  • [1]
  • めじなシライ
  • 2019年2月6日(水) 8:28
  • 削除する

>ケースバイケースだとは思いますが、どのような引き継ぎ方法が一般的なのでしょうか

私もケースバイケースと思います。例えば前任者事業所が引継ぎをお願いするのでしたら、前後任者で同行訪問挨拶や引継ぎがよろしいと思います。決まりはないと思いましが、マナー的なものはあると思います。

できないというなら資料を基に初めから(新規様)居宅介護支援を実施すると思うのも手かもしれませんね。

  • [3]
  • 大吉
  • 2019年2月6日(水) 12:01
  • 削除する

引継ぎを送る側に任せておくのが一般的でしょうか。
送る側がまともならいいですけど、そうとも限らないし。

受ける側は新規として受けるので、引継ぎがなくとも必要な業務を淡々とやればいいと思います。

送る側、受ける側の情報交換が円滑にできるならなおよいですが、本人やサービス事業所からも情報は得られますので。

  • [4]
  • じょぶ
  • 2019年2月6日(水) 13:35
  • 削除する

引継ぎがあったとしても新規の時と同じようにまっさらな状態から始めるようにしています。引継ぎされていても自分で確認しないと安心できないからです。引継ぎがあったからといって気が緩むと思わぬミスをしたりということもあります。ましてや困難事例なのですからより慎重にしなくてはと思います。

最新ウェル特集
平成30年4月以降の要介護認定制度について 2018年5月28日 (平成30年度介護保険制度改正)
平成30年度介護保険制度改正の概要について 2018年3月7日 (平成30年度介護保険制度改正)