ソーシャルワーカーとしての社会福祉士育成とソーシャルワークが展開できる社会システムづくりを語る掲示板

新しい記事を投稿する 記事検索

社会福祉士取得について

  • ca
  • 2018年7月21日(土) 17:35
  • 削除する

はじめまして。
私は高卒、20代中盤、現在妊娠中。
介護職を1年半勤めていましたが現在退職中です。
今年結婚した旦那は20代後半、介護職(児童指導員)です。

現在、10月入学で4年通信の大学に通いながら
パートで高齢者の介護の現場を学び、
社会福祉士を目指そうと思っているのですが、
どう思いますでしょうか。


長くなってしまいますので分割いたします。

  • [1]
  • ca
  • 2018年7月21日(土) 17:39
  • 削除する

なぜ社会福祉士を取ろうと思ったのか。

・一番はお腹の子の、
将来にかかる支出を見込んだためです。

旦那は児童指導員の仕事が大好きなのですが、
いい人過ぎて使われやすかったり、体が少し弱かったりするため、また、介護の現場という特性上、
旦那の収入はおそらく将来にわたり横ばいだと思います。
(ただ、何とかしようと保育士を取ることを勧めています)

このままお互い福祉の現場にいるようだと自分の子供を大学まで行かせてあげることができないと思い、
何とかして5年後、10年後には私の年収だけでも上がらないかと思い、資格を取ることを考えています。

(社会福祉士をとってもすぐには社会福祉士として採用していただけないことは承知の上です。ですが、機があればすかさず年収アップできるように考えています。)

  • [2]
  • ca
  • 2018年7月21日(土) 17:41
  • 削除する

・私が発達障害を持っており、現場で長く働くことが困難だと考えたためです。
福祉の現場は大好きなのですが、健常者よりかなり疲れやすく自分の体をうまく動かすことができない場面が多々あります。事務的な作業や相談員としての職務については、介護職員実務者研修の時にお世話になった先生から「現場よりケアマネージャーのほうが向いている」と言っていただけたことがあるため、まだ現場よりは向いているのではないか、と考えています。
また、発達障害の特性上、文字をつかった勉強は人より得意なほうです。

・将来旦那と事業所を立ち上げる際にいいかな、と思ったため。


節約は少し得意な方なので、通信大学の費用は貯めきっており、
現在は大学費用をすべて差し引いても貯蓄100は確保できている状態です。

それでも金銭的なリスクとリターンを考えてしまい、
社会福祉士を取ろうか悩んでいる状態です。
大学や旦那の職場などには相談してはいるのですが、
ひよっこの私たちより余程福祉の現場を知っていらっしゃる皆様に質問したかったので投稿させていただきました。
皆様の意見をお聞かせいただければ幸いです。

  • [3]
  • ほしのこ
  • 2018年7月24日(火) 17:07
  • 削除する

ケアマネジャーを目指すのなら、社会福祉士ではなく、介護福祉士ですよ。

  • [4]
  • ガラピコ
  • 2018年7月25日(水) 8:25
  • 削除する

相談職なら、自営しやすいと思いますよ。
施設を作らなくても事務所(自宅でも)さえあれば仕事ができますし。
ただし、ネットワークがなければ仕事は来ないだろうし、仕事が忙しくなってもさして収入は見込めないでしょうね。

>ケアマネジャーを目指すのなら、社会福祉士ではなく、介護福祉士ですよ。

ケアワーカーこぞって相談職を目指すのはおかしな話です。
受験資格の変化を見ても、ケアワーカーがケアマネジャーを目指すのは否定されつつありますよ。
介護職あがりのケアマネジャーの質の悪さが目立ちすぎますから。もちろんできる人もいるんですけどね。

全国的にケアマネの人数が飽和状態になれば、介護福祉士の受験資格もなくなると思ってます。なくすべきでしょうし。
ちなみに、ケアマネ試験の合格率を下げているのは介護系の受験者です。難しい試験でもないのに・・・

医師は専門医、看護師は認定看護師と専門性を高めていくのに、なぜ介護職は介護の専門家を目指さないのか、ケアマネを次のステップに考えているのは変な話ですよね。
結局は介護は看護の必要がない人のケアの下請け的存在だと感じて、自分の仕事にポリシーがない人が多いんでしょうね。

相談職を目指すなら、相談援助の勉強をされるのが筋でしょう。
社会福祉士を取得してもすぐ独立して相談業務ができるわけでもないし、相談のポストにつけず、介護で下積み?はあるかもしれませんが、それはそれでいい経験になります。
資格取得に向け頑張ってください。

最新ウェル特集
平成30年4月以降の要介護認定制度について 5月28日 (平成30年度介護保険制度改正)
平成30年度介護保険制度改正の概要について 3月7日 (平成30年度介護保険制度改正)