介護保険に係る事務や利用者への対応事例、介護保険法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

ケアマネージャーへの単位数の報告について

  • まる
  • 2018年7月12日(木) 13:51
  • 削除する

福祉用具貸与で事務をやっている者です。
月末の実績報告とは別で、新しくレンタルが決定した時など、
FAXで月の単位数を報告しているのですが利用者様が2割負担の場合、単位数は倍にして報告するのは正しいのでしょうか?

例えば、月々のレンタル料金が10,000円(単位数は1,000単位)の場合は2,000と報告しなければなりませんか?

最近入社した福祉用具の専門相談員(50代のベテラン)から「2割負担の人なんだから、負担金をケアマネに報告するのが普通だ」と言われました。

単位数はあくまで物の単位数であって利用者の負担額とは違うと言っても理解してもらえず、もしかして私が間違っているのかと疑問に思い、こちらで質問させて頂きました。

  • [1]
  • とおりすがり
  • 2018年7月12日(木) 15:08
  • 削除する

単位数が1,000単位で料金が10,000円なら単位数単価は10円ですよね?

その場合の2割負担は2,000(円)ですよね?
だったら2,000(円)でいいのでは?

まるさんとベテランさんとで単位がごちゃごちゃになっているだけではありませんか?

  • [2]
  • まる
  • 2018年7月12日(木) 15:18
  • 削除する

とおりすがりさん早速のお返事ありがとうございます。

そうです。1単位=10円です。

ケアマネさんに報告しないといけないのは
負担金額ではなく、物の単位数ではないのでしょうか?
利用者さんが払う金額はもちろん2,000円です。

ですが、1割負担の人も2割負担の人も、限度の単位数は同じなので、ケアマネさんとしてはどちらの数字が聞きたいのか…という所なんです。

  • [3]
  • とおりすがり
  • 2018年7月12日(木) 16:02
  • 削除する

ケアマネとして聞きたいのはモノの単位数ですよ。

  • [4]
  • ケアマネです。
  • 2018年7月12日(木) 16:08
  • 削除する

僭越ながら書き込みさせてもらいます。

まず、基本的なこととしまして、1000単位のものをレンタルした場合、負担割合が1割でも2割でも、請求単位数は1000単位です。
そのうえで、利用者の負担割合が変化するだけです。

月の途中や月末にサービス提供事業所様より実績を頂きますが、請求単位数、利用者負担額が両方記載された様式でいただくことが多いような気がします。
また、請求単位数か利用者負担額のどちらが知りたいかと言われれば、利用者負担額も当然知っておくべきですが、請求単位数だと思われます。
(ケアプランを作成する際に、利用者負担割合は当然知っているうえで、自己負担がいくらになるかを考えるのが通常だと思われます。)

  • [5]
  • ブルー
  • 2018年7月12日(木) 16:16
  • 削除する

ケアマネからの提供表の単位で実績報告されたらいいと思います。
とおりすがり様のおっしゃられている通り、必要なのは単位数です。

負担割合が1割の方であっても、2割の方であっても単位数に変更はありません。200単位の商品であれば200単位です。

  • [6]
  • ななしー
  • 2018年7月12日(木) 18:03
  • 削除する

福祉用具の専門相談員(50代のベテラン)?
全くベテランでもなんでもないです。
提供票を見たこともないんじゃないかと思います。

 介護保険の区分支給限度基準額は単位数で記載されている。
 ケアマネから受け取る提供票(別表)にはサービス 単位/金額 が記載され、区分支給限度基準内単位数が記載される。
 利用者負担額は右端に記載されることからも、ケアマネが必要なのは単位数である。
 はい、論破。

実際に、利用者負担額で報告されると給付管理に支障が出るのでクレームを入れ、最悪事業所変更を考えるレベルです。
いままでその方はクレームを入れられたことは無いのでしょうか?
それとも、クレームが多くなって転職したクチなのでしょうかね。

  • [8]
  • ななし
  • 2018年7月12日(木) 22:36
  • 削除する

>「2割負担の人なんだから、負担金をケアマネに報告するのが普通だ」

この言葉だけとれば、間違いではないんだけどね。
ほとんどの業者の実績報告書には単位数と自己負担額は記載されている。


>利用者様が2割負担の場合、単位数は倍にして報告する

本当に、こう言ったのなら完全に誤りで無知にもほどがあるんだけどね。

論破とか言ってる上の人の言うことはよくわからん理屈だねw
分かってないのにまた沸いてきたか。
そして先入観からの決めつけがすごいな。

  • [9]
  • 看護師
  • 2018年7月13日(金) 7:49
  • 削除する

名前を変えても頭の中身は変えられないからねー

多くを語るとすぐボロが出るね。

そして短文での罵りが始まる。

悔しくて寂しいんだろうね。

  • [10]
  • まる
  • 2018年7月13日(金) 9:09
  • 削除する

みなさま、お返事ありがとうございます。

相談員さんには提供票を見せた上で説明したのですが、何せ
年齢も経験年数もかなり上の方だからなのか理解してもらえず…。

「単位数」の欄に倍の単位数を記入していた為、「今まではそうかも知れませんがうちのやり方でやってください」と無理やり直してもらいました。

こちらは間違っていないと分かって一安心です。
ありがとうございました。

  • [11]
  • めじなシライ
  • 2018年7月13日(金) 9:36
  • 削除する

居宅介護支援事業所で請求事務をしています。

基本や利用者負担、割合を考慮した報告、やり方はいろいろと思いますが(誤りではないとは思いますが、個人的には改善をお願いしたいと考えます)…


(1)サービス利用(提供)には特殊な場合を除き、サービス計画(ケアプラン及び各月利用票)において同意、承認をいただきサービス提供すると思います(支援事業所、利用者、提供事業者)

(2)従前に(完全確定事項とは限らない)サービス単位数、利用者負担を把握しての承認と思います(支援事業所、利用者、提供事業者)

(3)給付管理を行うのは居宅介護支援事業所であり、利用者の承認のもと利用者負担を計算し同意を得るものと思います~月末で保険給付、利用者負担は変化します

ゆえに
居宅サービスにおいてはどの種類のサービスであっても原則的には実績をいただければよいと思います。
実績=最終確定の利用表を根拠としたもの。または配布提供表への印字計上報告

計画者はCMで利用者の承認を受け給付管理をします(これがないと利用者負担は決定できません)~

基本単位数1000点、ゆえに利用者請求分20000円は事業所の論理と思います。
実績報告って数字合わせでないと思います。

個人的には配布利用票や提供表を活用した実績報告が適当と考えます(利用者、提供事業者、支援事業者共通ツールが好ましいと思います)…介護保険発足当時はそのように指導されていたと記憶しますが(略)最終的にはどのような形態であっても適切に実績管理するならということになった流れがあったと記憶しています(利用提供表の予定、実績は発足当時の遺物と思います)

最終的には三者でうまく協議したらと思います

最新ウェル特集
平成30年4月以降の要介護認定制度について 5月28日 (平成30年度介護保険制度改正)
平成30年度介護保険制度改正の概要について 3月7日 (平成30年度介護保険制度改正)