障がい者自立支援法に係る事務や利用者への対応事例、法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

万引きを繰り返されるGH利用者様の対応について

  • くすくす
  • 2018年4月12日(木) 11:26
  • 削除する

お世話になります。同じような事例をご経験されているかたがおられましたら、お知恵をお借りしたく投稿いたします。
就労B&GHをご利用されておられる方の対応について苦慮しております。以前は障がい区分4だった方ですが、現在は区分2の判定を受けられている40歳代の利用者様です。

ご家族はおられますが、補佐人がついておられます。日中活動&GHを転々として、現在、当事業所をご利用されております。現GHからの無断外出が度々あり、数日間、飲水だけで過ごされたり、以前利用した他GH利用者様からお金を無心したりして過ごされ、結果的に警察に保護されてGHに戻られます。ご家族も非常に迷惑され回避的です。また、警察に保護される場合は、殆どの場合が万引きで、出入り禁止のお店も後を絶ちません。このような状態なので、GH利用者様の全てが地域からこのような見方をされ、今後、地域で孤立してしまうのではと心配しております。
本音から言えば、単独での外出が難しい入所支援などのご利用が妥当ではないかと思われますが、判定も足りず、本人も入所の意志がないため、それも難しい状況です。また、万引きに対する罪の意識もなく、同じことの繰り返しが今後も予測される状況です。
こういった利用者様の処遇としては、どのような取り組みをしていったらいいのか、どの関係機関とどのように連携していったらいいのか、非常に苦慮しております。

どなたかよきアドバイスがありましたら、よろしくお願いします。長文になり、申し訳ありません。

  • [1]
  • ピンフ
  • 2018年4月12日(木) 12:04
  • 削除する

その状況で区分が何故4から2になったのでしょう?
まずは区分の不服申し立てをして再判定するべきだと思います。
支援者としてまず考えられる必要なことは万引きなどの行動に陥るのか原因を明確にする必要があります。
経験的にはスリの常習の方がおられたのですが、その方には後見人がおられてて毎月1回お金を渡されていました。結局月に一回の受渡しのためすぐに使い切りお金が無くなるとまたスリに。。。
日割りでお金を渡すようになってからもう何年もスリは無くなりました。

ただ現場の支援者としてできることはここまでです。発達や障害の程度にもよるとは思いますがこのケースでは入所施設での支援により、いったん万引きなどの状態ができない環境で過ごされる方が良いと思います。

  • [2]
  • くすくす
  • 2018年4月15日(日) 23:35
  • 削除する

ピンフさん、コメントありがとうございます。
そういえば内容に少し誤りがありました。区分は2が出てたので意義を申し出ましたが、所詮事業所からなのでダメだったので、保佐人より意義を申し出ました。そこで区分変更を申立しましたが、判定を下した市町村は「サービス変更ではないなら変更申請は受け付けない」との回答でした。それなら主治医の意見書やら判定の材料が的確か見定める必要があると申し立て、主治医意見書を取り寄せたところ全く皆無に近い内容だったので、再度別のDrに主治医意見書を書いてもらい、再判定を行いました。結果、区分3が出ました。これで47歳のご本人が次の更新時期に入所を希望すれば入所可能なところまで行きました。が、まだ3年は入所支援のサービスが受けれない状態です。
B型の工賃は日払いにしています。毎日、日中活動に来たら工賃を払うことで満足はされていますが、それでも万引きが起こります。正直、行動を制限しないと無理だと思います。でも、判定は区分3。この人を軽犯罪とはいえ「万引き常習者」にしているのは一体誰なんだろう?入所支援を受けていたら、少なくとも「万引き常習者」にはならなくて済むのにと思ってしまいます。頭がいたいです。

最新ウェル特集
平成30年4月以降の要介護認定制度について 5月28日 (平成30年度介護保険制度改正)
平成30年度介護保険制度改正の概要について 3月7日 (平成30年度介護保険制度改正)