障がい者自立支援法に係る事務や利用者への対応事例、法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

日中支援加算

  • いちこ
  • 2018年3月7日(水) 22:12
  • 削除する

共同生活援助における、日中支援加算について質問なんですが、加算取得条件に世話人等の加配が要件にあるようですが、利用者数に対しての必要世話人配置数にどの程度の加配が必要となるのか調べてもわからず投稿致しました。

4:1の場合、仮に利用者数が8名であれば必要世話人数は2名になるかと思いますが、利用者さんが急遽日中活動を体調不良などの理由で休まれた場合に加算を取るとなれば必要世話人配置数は3となるのでしょうか?
それとも極端な話、2.1以上であれば加算の算定が可能となるのでしょうか?

ご教授頂ければ助かります、よろしくお願いします。

  • [1]
  • ポン
  • 2018年3月14日(水) 22:45
  • 削除する

当方も同じように疑問に思ったことがありますが、突き詰めちゃいけないような、たぶんグレーなんだと思います。

だからこそ加配の数字がのってないんだと思います。

役所に聞けばたぶん「体調不良で休まれた方の対応が十分にできる分いればいいです」とかなんとか、結局グレーです。

0.1でもそれで出来ると言い張ればいいんだと思います。

現場では、この仕事は0.2だとか0.5だとか考えてませんからね。

  • [2]
  • 請求担当H
  • 2018年3月17日(土) 14:08
  • 削除する

ハンドブックの重度障害者支援加算の取扱いでは、0.1人でも上回っていれば算定可能と記載がありますが、日中支援加算には記載されていません。また、必要な提供時間についても記載はありません。

単価は539単位ですので、重度訪問介護だと2時間30分ぐらいの単価かと思います。

仮に自分が実施するとすれば、1週間の総労働時間が2人×40時間+2.5時間を超えるようならば良しとしますね。

  • [3]
  • いちこ
  • 2018年3月23日(金) 1:56
  • 削除する

ぽんさん、請求担当Hさんありがとうございます。
私もその後行政に再度確認したところ、ぽんさんが言われるニアンスに近い感じでした。。

最新ウェル特集
平成30年4月以降の要介護認定制度について 5月28日 (平成30年度介護保険制度改正)
平成30年度介護保険制度改正の概要について 3月7日 (平成30年度介護保険制度改正)