障がい者自立支援法に係る事務や利用者への対応事例、法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

処遇改善加算

  • 2018年2月12日(月) 18:33
  • 削除する

児童発達支援事業所と放課後等デイサービスの多機能型事業所と今年度から就労継続支援B型の事業所を運営しています。

処遇改善加算額に差がある為、同一法人で合算して分配していますが、これは大丈夫でしょうか?

B型は開所して間もない為、利用者が少なく、処遇改善加算の%が低い為、事業所単位で分けると配属先によって収入の格差が出てしまいます。
報告書に金額を記載すると児発・放デイの分配額が処遇改善加算額を下回ってしまいます。


コメントを書く
  • [1]
  • とおりすがり
  • 2018年2月13日(火) 8:16
  • 削除する

配属先によって収入の格差があるのは事業所が何とかする問題
他事業所の処遇改善費を流用なんてありえない

  • [2]
  • 請求担当H
  • 2018年2月13日(火) 9:20
  • 削除する

私達の法人は合算して分配しています。

計画書にも「複数の障害福祉サービス事業所について一括して計画する場合」や「県内他市町にまたがる場合」、「他府県にまたがる場合」などといった複数の様式がありますし、問題ないと判断しています。

  • [3]
  • papaiya
  • 2018年2月16日(金) 19:19
  • 削除する

うちも合算して分配です。
報告書自体、法人で合算して出すので問題ないと思います。

最新ウェル特集
介護保険制度の見直しに関する意見について(その2) 2017年3月15日 (平成30年度介護保険制度改正)
介護保険制度の見直しに関する意見について(その1) 2017年2月13日 (平成30年度介護保険制度改正)

コメントを書く

ハンドルネーム*
コメント*
削除パスワード* (6文字以上10文字以内)
※削除パスワードを紛失した場合、コメントの削除を行うことが出来なくなります。ご注意下さい。