介護保険に係る事務や利用者への対応事例、介護保険法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

ヘルパーによって異なる訪問介護内容

  • ドレミ
  • 2017年12月7日(木) 15:56
  • 削除する

訪問介護のヘルパーです。
ケアプランには食事提供、入浴見守り、買い物、掃除などの記載があります。
ヘルパーにより提供内容が異なっており疑問に思います。
ヘルパーにより食事が作れない、入浴は利用者が嫌がるなどで掃除のみだったりしております。
上記のような内容でq不正請求にはならないのでしょうか。


コメントを書く
  • [1]
  • めじなシライ
  • 2017年12月8日(金) 9:14
  • 削除する

現行の情報で思ったことを書き込みいたします。

利用者等の心身機能や生活実態等を勘案して

ケアプランには
食事提供~頻度が記載されていると思います

援助計画には
ケアプランを基本として利用者等の心身機能や生活実態等を勘案して
方法や日時、所要時間等が記載されていると思います

記載されている内容がとりあえず行われている様子ですが、計画的に行われてはいないと思います~介護保険のケアマネジメントに到達してないような気がします。

>ヘルパーにより食事が作れない、入浴は利用者が嫌がるなどで掃除のみだったりしております。
の例示を例えるなら、食事が作れない?掃除のみだった
であれば、食事の提供は不要であると思います。であれば当初に段階で介護保険で対応する必要もないともいえるような気がします。

今一度、介護支援専門員を中心に利用者家族及び訪問介護提供事業者で話あいが必要と思います

不正請求の話の前に適正なアセスメントや計画を含め利用者、居宅、訪問介護でサービス提供に関する共通認識が行われてないと思います。

書き込みの内容のみではわかりませんが、個人の感想として介護保険で対応する必要があるのかなと思いました。

  • [2]
  • めじなシライ
  • 2017年12月8日(金) 9:16
  • 削除する

某行政の事務連絡では
●やむを得ず、当日の利用者の状態変化により、居宅サービス計画通りに訪問介護サービスを提供できない場合には、介護支援専門員とサービス提供責任者が連携を図り、介護支援専門員が必要と認める(事後に介護支援専門員が必要であったと判断した場合を含む。)範囲において、所要時間の変更は可能である。なお、この場合、訪問介護計画及び居宅サービス計画は、必要な変更を行うこと。

基本的に内容が変更されることは想定されていないと思いますが
食事提供が掃除に代わることは好ましくないと思います
でも入浴が清拭に変更することはあり得ると思います

サービス内容を変更した場合は所定の手続きが必要であると思います

  • [3]
  • ん?
  • 2017年12月8日(金) 17:20
  • 削除する

>ヘルパーにより食事が作れない
とはどういう状況でしょうか?
1.ヘルパーに食事を作る能力がない。
2.利用者からヘルパーが食事を作ることを拒否されている。

まぁ、常識的に考えて1は無いと思いますが・・・・


そもそも不正請求とは提供内容と実績の内容が違っている事です。
なので、入浴が出来ずに掃除のみの提供であれば、そのように実績を上げていれば不正ではないと思います。


(ドレミさんが責任者で無いという前提で)
サービス提供責任者の方とよく相談すべきかと思います。
本当はヘルパーが一用者のこと、困っている事や甘えているだけかも、とかが一番分かる人だという実感があります。

そういう立場から(否定をするのではなく)質問するのが良いかと思います。

  • [4]
  • ドレミ
  • 2017年12月8日(金) 20:51
  • 削除する

コメントありがとうございます。
利用者さんは料理もある程度できる方です。
そのため男性ヘルパーが訪問の場合は料理は拒否、入浴も拒否します。
その代わりに掃除など行っています。
独居のため訪問に来てもらい何かしてほしいのだと思います。
頂いたコメントにあるようにケアプランとご本人の現状が合っていないと思います。
登録ヘルパーのため、中々サ責や管理者に質問しにくいため相談いたしました。

  • [5]
  • pa
  • 2017年12月10日(日) 10:27
  • 削除する

>そのため男性ヘルパーが訪問の場合は料理は拒否、入浴も拒否します。

論点から外れて申し訳ありませんが・・・

僕は、介護に携わる職員が拒否という言葉を安易に使うことに対し、常々疑問を感じています。
拒否という言葉の裏には、利用者は職員の言うことを聞くものだ、という思い上がった意識が見え隠れするのです。

提案に対し、YES、NO の意思表示をするのは、正当な権利の行使であり、そのことに対して拒否という、関係の断絶性を連想されるような冷たい言葉は使うべきではないと思います。

  • [6]
  • いまそう
  • 2017年12月11日(月) 7:59
  • 削除する

不正請求ではないと思いますが、
プランと利用者の問題と言うより、ヘルパーと利用者の
相性の問題なのではないでしょうか?

プランに位置づけられた必要なサービスが提供できない状況が
続いているのであれば、通常であれば実績確認の時点で、
管理者、サ責が見直しをする必要があると思いますが。

  • [7]
  • ん?
  • 2017年12月11日(月) 9:32
  • 削除する

>男性ヘルパーが訪問の場合は料理は拒否、入浴も拒否します。

他のヘルパーなら拒否がないのであれば、ヘルパーとの相性の問題でもあると思うので、ヘルパー交代が望ましいのでは?と思います。

この情報では単純にケアプランが間違っているという判断は出来ないので、やはりサービス担当責任者の方との相談が必要です。
相談自体に登録ヘルパーだから・・・とかはあまり関係ないと個人的には思います。

もちろん事業所の雰囲気等よるところは大きいでしょうけど。

最新ウェル特集
介護保険制度の見直しに関する意見について(その2) 3月15日 (平成30年度介護保険制度改正)
介護保険制度の見直しに関する意見について(その1) 2月13日 (平成30年度介護保険制度改正)

コメントを書く

ハンドルネーム*
コメント*
削除パスワード* (6文字以上10文字以内)
※削除パスワードを紛失した場合、コメントの削除を行うことが出来なくなります。ご注意下さい。