障がい者自立支援法に係る事務や利用者への対応事例、法改正や制度改正に関するニュース、最新情報を語る場

新しい記事を投稿する 記事検索

障が児の入所施設において生活介護と就労移行の制度併用について

  • ローズちゃん♪
  • 2012年7月18日(水) 17:19
  • 削除する

いつも参考にさせて頂いております。
下記についてお解りになる方がおられましたら、ご教示願います。

例) 障がい児入所施設の児童(19歳)が入所支援では市町村のやむを得ない措置(契約ではない)、就労移行は別事業所での契約で月曜日~金曜日まで通っています。

土日祝については、当施設の生活介護を利用しています。
その月内で就労移行は23日支給、生活介護7日としての併用は可能でしょうか?

よろしくお願い致します。

  • [1]
  • tuiteru
  • 2012年7月19日(木) 10:43
  • 削除する

就労移行支援事業利用の方が、生活介護を利用しているとは・・・理解しがたくないですか?
市町村が支給決定を出していれば問題は無いでしょうが

地域の資源が少ないのですかね?

  • [2]
  • ローズちゃん♪
  • 2012年7月19日(木) 12:41
  • 削除する

tuiteruさまお返事ありがとうございます。


解り辛い説明ですみません。具体的に申しますと、

障がい児入所施設において、今まで措置であった児童(今年19歳)が市町村のやむを得ない措置(契約ではなく措置)となりました。

生活の場は当施設で、日中活動として、就労移行の別事業所で契約し月曜日~金曜日の5日間通っております。

市町村からは、大人の施設入所支援の決定による、入所支援分のみ請求をするよう指示を受けました。

しかし、土日祝については、当施設で生活をしておりますので
この場合、当施設での生活介護の支給は可能でしょうか?

再度よろしくお願い致します。

  • [3]
  • 2012年7月19日(木) 13:04
  • 削除する

日中活動の支給決定の最大日数は月数―8日だと思うのですが。
仮に就労移行と生活介護の支給決定がもらえたとしても合計して月数―8日以上は利用できないでしょう。
入所施設の日中活動は生活介護で土日祝日も運営日となっているのでしょうか。
土日の日中の支援は入所支援の中に含まれると解釈しています。
土日も平日と同じ勤務体制を取っていて、運営日となっており、その方の日中活動の利用日が月数―8日以内であれば、土日でも生活介護の請求が出来るとは思いますが。
今年度から入所支援の休日加算も本体報酬に含まれましたから、土日の生活介護の支給は無理でしょう。
可能ならうれしい限りです。市町村が可能ですと言われたらお知らせください。こちらの市町村にも掛け合ってみたいものです。

  • [4]
  • 嫌職員
  • 2012年7月19日(木) 18:12
  • 削除する

どうも、市町村か県(児童相談所)がまずってる感じですね。
障害児入所施設で施設入所支援の基準のみなしによる指定をうけた事業所だと思われますが、旧盲児施設を前提に考えます。
(H24.1.11事務連絡により、措置の旧知的なら、生活介護のみなし支給決定を受けるはず(規定あり)ですし、措置の旧肢体入所なら満20歳になるまでは「障害児」として児童福祉法適用になるはず(規定はなし)なので。)
そもそも、福祉型障害児入所施設一体指定障害者施設の報酬は、福祉型障害児入所施設の報酬を前提に制度設計されてます。
(経過的施設入所支援=福祉型入所×32/100、経過的生活介護=福祉型入所×94/100(×22日/30日)で、あわせて福祉型入所の報酬の101/100)。
また、19歳で障害者のやむ措置を受けている人が契約で就労移行支援を受けるというのは意味不明ですね。措置の必要があるの?
自立支援法に移行したら、年金が出ないのに自己負担が発生するので、生活保護が必要ですよね。(保護者が面倒みれるならそもそも措置の必要が薄い)
普通の県なら20歳になるまで障害児として面倒見てくれるはずなんですが・・・
まあ、障害児支援係が機能してないので、考える気がしなくなるのもしょうがないことではありますが・・・

  • [5]
  • ローズちゃん♪
  • 2012年7月20日(金) 15:52
  • 削除する

鳥さま 嫌職員さま お返事ありがとうございました。

嫌職員さまのご指摘通り、本来20歳まで責任を持つべきなのですが、我が自治体では、契約ができない高校を卒業した者に対して
やむ措置=生活保護を受給し、契約(経過的施設入所支援+経過的生活介護)ですすめられている状況です。

我が自治体の×××市が独自にやむ措置(契約でない措置)をごり押ししてきました。その際の児相の対応は、『もう関係ないので役所に問い合わせてください』と。“関係ない”とはあまりに酷い言葉で愕然としました。

未だ生活保護も進んでいない状況でもあります。
実費補足給付費・日常生活費もかかり、就労先までの交通費も立替ています。施設入所支援のみの請求ですと、1日2,000円強の計算になります。これでは、措置とは名ばかりで措置児童との格差が大きくなり、キャンプや行事等にも連れて行くことも難しく、児童にとって必要な支援が制限されてしまいます。(もちろん全て参加していただきますが)

就労移行で別事業所で契約できているのであれば、当事業所とも契約が出来ると普通は判断しますよね。おっしゃる通り、本当に意味不明です。こういった独自制度を許してよいのか、納得いかず憤りを感じています。

 皆さま、コメント頂きありがとうございました。

最新ウェル特集
平成30年4月以降の要介護認定制度について 2018年5月28日 (平成30年度介護保険制度改正)
平成30年度介護保険制度改正の概要について 2018年3月7日 (平成30年度介護保険制度改正)